人気ブログランキング |

<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 26日

<Vol.869> Saracione

d0029241_21382197.jpg



何の前触れもなくドアチャイムが鳴り、おそらく届くのは来週だろうと予想していたアメリカからの小さな荷物が自宅に届けられたのは土曜日の午後だった。

真新しいリールを手に入れたのは久しぶりのことになる。おそらく一番最後のリールは、今はもう僕の手元から離れていったけれど、LOOPのClassic だっただろうか。なにしろ、ここ最近の僕はというとUsedで古いHardyのリールの音色ばかりにすっかり魅了されていたものだから。もちろん今でも一番好きな音色に違いはないのだけれど。

Silver/Black、バーミンガムスタイル、S字ハンドルの組み合わせはSaracioneの3 3/4。
最後の最後までスプール幅がノーマルの1 5/32にするか、それともナローの15/16にするかで迷ったけれど、最終的には現行モデルのスプール幅で落ち着いた。
ディスクブレーキの効きは何ら問題はなく、肝心のクリック音もやや角が取れた官能的なサウンドを響かせてくれる。あえて難を言うならば、少々リールの重さがあることと、ルール幅が大きいということぐらいだろうか。
フィールドデビューは次の週末?もちろんそれはお天気次第ということで・・・。


d0029241_22273724.jpg



今日のBGM : Nina Kraviz / Colors


by d-yun5-fly-elise | 2012-02-26 22:33 | fishing goods | Comments(10)
2012年 02月 20日

<Vol.868> Colorful & Burred

2月21日、Used Tackle、更新しました。
d0029241_21285467.jpg



週末はフィールドにも足を運ばず、タイイングバイスの前に座ってコツコツとフライを巻いていた。
合計18本。特に18という数字に意味はないのだけれど、ふと気が付くとゆるりとコイル状の巻き癖がついていたMサイズのオレンジ色のチューブから18本も切り出していたからに他ならない。だからおのずと僕はフライの先端にCaps社のタングステン・コーンヘッド(Mサイズ)を留めるため、XSサイズの同色のチューブを18本切り出すことになる。

巻いたフライは僕がフィールドで一番信頼しているコーンヘッド仕様のチューブフライ。
もっぱら安価で手に入れやすいマラブーにコックフェザントランプやスペイコック、それに少量のシンセティックUVシェニールとフラッシャブーを使用している。泳ぎは申し分なくって、フワフワ、ユラユラと本流の鱒を魅了してくれるのだろう。何よりもフッキングした後にフックがフライ本体から分離してくれるのが、僕がこのフライを信頼している一番の要因だろうか。その点ではイントルーダーよりもこのフライの方が信頼性では一枚上なのかもしれない。

本流でのお気に入りはオーソドックスなカラーのブラックにブラック&オレンジ、それにオリーブだけれど、ここ最近足を運んだショップでは色鮮やかなキングフィシャーブルーのマラブーや新色のBurred(縞模様)colorのマラブーを見つけたものだから、僕もついつい色気を出してカラフルな配色でフライを巻いてみた。それにしてもフライのカラーの組み合わせは無限にあるのだろうけれど、いざタイイングバイスの前に座って頭に浮かんでくるイマジネーションの貧困さには、ちょっと悲しくなってしまうのだけれども。


d0029241_22103576.jpg






今日のBGM : Ketil Bjørnstad and Svante Henryson / Visitor



by d-yun5-fly-elise | 2012-02-20 22:13 | 私的FlyTyingの愉しみ | Comments(16)