Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)
その他のジャンル
<Vol.667> 東の果てに吹く風
d0029241_22571952.jpg



旅をしたのは北の大地の東の果てだった。
まるで時間が止まったような世界。
雪融け後の大地を彩る枯草色と空の青さのコントラスト。
そんな茫洋とした風景の中を走るローカル線に敷かれた枕木のひとつひとつを、まるで何かを確かめるかのように踏みしめながら、僕らはゆっくりとポイントを目指す。
4月の第3週の週末、僕らは2日間に渡り厚岸町を流れる別寒辺牛川本流の畔に佇み、その地を吹き抜ける、ほんの少し春に気配を含んだ強い風を感じたのだった。


d0029241_23125290.jpg



2日間とも早朝に吹く風は、ついその存在すら忘れてしまうぐらい穏やかだった。
しかし本流に映し出される長く延びた僕らの影が、ほんの少し短くなったかなと感じ始めると、突如何の前触れもなく、堰を切ったかのように、東の果てに吹く風がその存在感を強く増し始めたのだった。
土曜日は下流からの吹き上げの強風。
日曜日は、まったく逆に上流からの吹き降ろしの強風。
水鳥の羽音がどこまでも響き渡るような早朝の本流を包む静寂さは、やがて風の音とディープ・ウェーディングした僕の身体に打ち付ける周期的な波の音にとって代わっていった。
予報では、週末の天気は行楽日和だった筈なのに・・・。


d0029241_2336134.jpg



初日の土曜日は、少しロッドのアクションに張りのあるバーキーの14'1"#7のスペイロッドで一日を通した。ラインのボディはリオ社のAFSホバー7/8をカットし、チェンジャブルにカスタムしたもの。ティップはType1をメインに使用する。リーダーは12feetの1X、その先にはこの日の為にとコツコツ巻き貯めたオリーブカラーのフライを結んだ。
僕は鮭稚魚の姿を一度たりとも目にしなかったけれども、友人達は少しその姿を見かけたという。
アメマスなのか水鳥なのか、正確には分からないが、人の立ち入ることがほとんど不可能な対岸では時折波紋がひとつ、またひとつと広がっていった。


d0029241_23521550.jpg



週末の潮回りは、実はあまり良くはなかった。
微かに流れているかなぁと感じる程度の本流に胸下近くまでディープ・ウェーディングし、ショート丈のベストが濡れることなんかまったくお構いなしにペリーポークでキャストを繰り返す。
少し長めのストロークでリトリーブするランニングラインが初めてグゥンと引き込まれるまでに、それほどキャストの回数は必要としなかったと思う。
別寒辺牛川本流のアメマスは、ストリーマーにイントルーダー、それにチューブフライと、僕が巻いたフライをそれほど選り好みはしなかった。でも、やはり春を迎えた彼らの一番のお好みはビーズヘッド仕様のオリーブ・カラーだったかもしれない。


d0029241_072918.jpg



2日目の日曜日は、ロッドのバットセクションが幾分柔らか目だがしっかりとバットパワーを兼ね備えたマイザーのMKS14'#6/7で一日を通した。ラインシステムは土曜日と同じシステムのものを使用する。
やはり早朝はアメマスの活性が最も高い時間帯なのかもしれない。
初日よりも少し下流のポイントだったが、アメマスの躍動感は雨上がりのどこか清々しさの漂う早朝の日曜日に僕が投じた1投目から、手にするロッドに早々と伝わった。
これもまた、遥々この地を訪れて良かったと思える瞬間のひとつでもある。


d0029241_0244880.jpg



やがて時間が過ぎると共に、この日も風が強まり始めた。
ランニングラインをリトリーブしている時に不意に訪れる柔らかな衝撃。
コツ、コツ、コツと何かが触れる前触れの後、手にするロッドにジワーっと伝わるアメマスの重量感。
キャストしたラインがフライを遠くまで運び、沈み始めたフライがラインに引かれてゆっくりとスイングし始めた頃に、ランニングラインを摘む指先に突如訪れる生命感。
そんな釣り人としては至福の瞬間、瞬く間に過ぎ去る瞬間を何度も何度も、数え切れないぐらい味わった週末の釣旅だった。

きっと一年後の今頃、またこの北の大地の東の果てとも言えるこの地を友人達と再び訪れられることを、心の中でそっと願って・・・。


d0029241_0425635.jpg

[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2009-04-21 00:49 | spey fishing