Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
全体
spey fishing
Custom Spey Rod
私的北海道のスペイ考
私的FlyTyingの愉しみ
slow fishing
fishing goods
salmon fishing
fly fishing
movie
cicada fly
my lotus elise
picture/photo/image
liquor
belgian beer
music
film
雑記
Used Tackle
以前の記事
2019年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)
<Vol.561> 極東の本流アメマスに出会いに行く
今日のBGM : Jack Johnson / Sleep Through The Static
d0029241_21542253.jpg



季節の針がいつもの年よりも少しばかし早く進んでいるなと肌で感じる4月も後半に入った週末だった。僕らは以前から春に是非とも出会ってみたいと思っていた極東の沼のアメマス達に出会いに行く。
でも、残念ながらそこはアメマス達の悲しみで包まれていた。
水深の浅い濃い黄土色の沼の底に横たわる沢山のアメマス達の白いお腹。
大きいものから小さいものまで。
それはとにかく何の飾りっ気のない、あるがままの姿で佇むそのフィールドに不釣合いなものに思えたし、本当に悲しみと悲哀に満ちた光景だったように思う。
あと味が悪かった。まるで知らずにジャリっと砂を奥歯で噛み潰したような気分である。


d0029241_22123153.jpg



もうひとつ、是非ともこの時期に訪れてみたいフィールドがあった。
それは極東の本流、別寒辺牛川。
ここにも見事なぐらいに茫洋とした景色が佇んでいる。
僕らはそんな極東の本流のアメマスに出会いに行くとことにした。
ローカル列車がその存在を忘れかけた頃に甲高い警笛を吹き鳴らしながら通り過ぎていく線路沿いをお気に入りのスペイロッドを担いでトボトボと歩く。
気分はまるで初夏の心地良い日差しを浴びながら歩く旅人の気分。
背中のあたりがジワーっと汗ばむのを感じながら、
それにしても、ずいぶんと遠くまで来たものだと僕はつくづく思う。


d0029241_22335417.jpg



もしかしたら、僕らは早朝の釣りとしては絶好のタイミングを逃したのかもしれなかった。
潮の満ち引きの影響をダイレクトに受けるこの河口域での釣りに僕は少し戸惑う。
それでも時々本流筋ではドキっとするような本流アメマスの鮭稚魚へのボイルが見られた。
ぬかるんだ泥炭状の川底に足を滑らさないように注意を払いながら、STS(SI)をモディファイしたボディにType3のティップを繋げたシューティング・スペイのラインでペリーポークやスネークロールを繰り返す。
これが実に難しかった。つまり早春の十勝川でのアメマス釣りを彷彿させるようには上手くいかず、なかなか僕がイメージする通りに極東の本流アメマスには出会えないのである。


d0029241_2258987.jpg



友人達のロッドが極東の本流アメマスの持つ力強さで美しいカーブを描くのを横目で見ながら、ティップをクリアーのType1にチェンジしてみる。
そしてオリーブ色のフライが着水して少し沈んだあたりでリトリーブを開始してみた。
どうやらこれが功を奏したようで、それからは遠路はるばるこの極東の本流を訪れて良かったと思えるぐらいに春を迎えた本流アメマスの持つ力強さを存分にロッドを通じて感じさせてもらったと思う。
道路脇にはところどころに残雪が見えるこの東の果ての地でも、この日の風は心地良いぐらいに春を感じさせるものだった。


d0029241_231049.jpg



極東の地での2日目。
別寒辺牛川は風が吹き止み、この地方独特の濃い霧に包まれていた。
グレートーンの霧の世界にぼんやりと浮かび上がる沢山の釣り人のシルエット。
それはまるで自分の周りを取り囲む世界をギュッと押し狭くしたように感じられ、不思議な感覚を僕に呼び起こす。
ソフトにくるまれた静寂さの中で本流がその存在を消し去るかのように静かに流れる水音、水鳥達の羽根音、ルアーの着水音、フライラインの音色、アメマスの立てるボイル音、それに姿の見えない釣り人の笑い声が複雑に反響しながら絡み合ったのだった。


d0029241_23225668.jpg



不意にオレンジ色のフラットビームを小刻みにリトリーブする指先に感じる強靭な野生の力強さ。オリーブ色のフライを咥えたアメマスは一気に下流へと疾走する。
霧が晴れ始めた本流にセント・アイダンの悲鳴にも似た逆回転音が響き渡った。
甲高い美しいリールの音色と本流アメマスの立てる水飛沫音。
僕にとっては充分過ぎるぐらい長いひと時、グッドサイズのアメマスとのやり取りを楽しんだ。
精悍な表情のアメマス下顎からフォーセップでフライを外し、そっと極東の本流へとリリースする。ゆっくりとその姿が薄っすらと黄土色に染まる本流の水の色の中に同化していった。

僕の頭の中では、最近のお気に入りのJack Johnsonの気負いのないどこかのんびりとした歌声とそれに上手く調和したギターの音色とが響いている。
春らしい陽気の下で出会った沢山の極東の本流アメマス達。
来年の今頃、きっとあのどこか懐かしさを感じさせるゴッコ鍋が食べたくなったら、またこの地を旅する旅人になっているんだろうなと思った。


d0029241_23472263.jpg

                  original photo by Mr.としー
[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2008-04-21 23:48 | spey fishing | Comments(20)
Commented by B-R-Bros at 2008-04-22 00:35
yunさん、極東の沼、残念でしたね!
霧に霞むモノクロームの別寒辺牛川と金属質に仕上げたアメマスのカット、素敵な写真です!
ゴールデンウィークには行っていたかもしれないフィールドです。
この時期はここ数年道東で楽しんできましたが、今年は道南です。
yunさん達のフィールドへ踏み込ませていただきます(笑)
Commented by いつも見ています at 2008-04-22 00:46 x
私は今週末は屈斜路湖に挑戦予定です。写真が実にすばらしいです。北海道釧路らしい幻想的なシーンが伝わります。ワクワクしてきました。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2008-04-22 10:00
Ryoさん、おはようございます。
極東の沼の底に見た沢山のアメマス達の白いお腹、とても痛ましい光景でした。酸欠それとも農薬の流入、理由は皆目見当がつきませんが・・・。

別寒辺牛川は初めて訪れてみましたが、春を一気に飛び越えた陽気の下でこの地のアメマス釣りを存分に楽しませてもらいました。
フキノトウも道央圏より季節の針が少し遅れて進んでいるのか、まだまだ小さいく膨らみかけたばかりなのですが、やっぱりこの季節のアメマス釣りはどこかのんびりとしていて大好きなのかもしれません。
これからは毎年スケジュール帳にしっかりとこの東の本流への釣行予定が書き込まれそうです(笑)。
ゴールデンウィーク、今年は道南のフィールドに行かれるんでしたよね。
スケジュールが合えば、是非ともお会いしたいところですが、それが叶わなくても、Ryoさんが道南の地で良い釣りをされることを願っております。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2008-04-22 10:09
いつも見ていますさん、おはようございます。
屈斜路湖のライブカメラの映像を見ると、すっかり氷の姿が消えているようですね。実は私もそろそろかなぁと思っておりました(笑)。
もしかしたら私もお邪魔するかもしれません。フィールドでお会いしたら是非とも宜しくお願いいたします。
お褒めの言葉、ありがとうございます。
2日目の朝は釧路地方独特の霧がかかっていて、フィールドは柔らかい膜のようなもので包み込まれているような雰囲気でした。
またチャンスがあれば是非とも訪れてみたいフィールドのひとつです。
Commented by 1masamixff at 2008-04-22 14:25
yunさんこんにちは!
別寒辺牛川、行ってみたいです。屈斜路もそろそろ...考えるだけでワクワクしてきますね^^
先日の島牧、ブログを拝見してわかったのですが...川をはさんだ向こう側にいました。風強かったですね...
今年もどこかでお会いできるといいなぁ...と思っています。
実は恥ずかしながらブログを作ってみました。ご迷惑でなければリンクしていただけないでしょうか。宜しくお願いいします^^      雨女
Commented by こるとれーんtone at 2008-04-22 19:54 x
おばんです. 別寒辺は大好きな川です。 根む○の沼から風○のイトウ経由でかよっていた時期があります。 懐かしく見せていただきました。
しっかり探り当てる嗅覚がやはりeeアングラーならでは ..
yunさんは 素敵な旅人 ですね^^.   
Commented by abu-z4 at 2008-04-22 20:38
Yunさん、こんばんは。
極東遠征、お疲れ様でした。
期待以上に楽しむことができたようで、なによりです。
電話の声からも、普段冷静なYunさんにしては珍しく、ちょっと興奮した感じを受けるほど、楽しかったことを感じました。
来年は、是非ご一緒したいですね。
Commented by ryoQ at 2008-04-22 21:12 x
Yunさん こんばんわ
いつもながら 美しい写真です。
やはり道東の広大な景色は魅力的です。
たくさんのサカナに逢えておまけにこの景色。長距離駆けるだけの価値はありますね。

それと 今日はYunさんにお礼を言わなくてはいけません。
Yunさんが凪ぎの中ブラウンと逢えたことで、「凪ぎの中でも可能性はある!」と信じてキャストを続けた結果 ボクもサカナに逢うことが出来ました。
ありがとうございました。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2008-04-22 21:42
雨女さん、こんばんは。
そうでしたか。2週間前の火曜日には千走川を挟んで向こう側におられたのですね。申し訳ありません、時折り目にする海アメのボイルに夢中で、全然気付きませんでした(笑)。申し訳ありません。
これから北の大地は少しずつ良い季節に向かいますね。私も行ってみたいフィールドが沢山あります。出来れば尻別川の雪代が早く落ち着いてくれればなぁと思っております(笑)。
今年もどこかのフィールドでお会い出来ると良いですね。楽しみにしております。
リンクの件、了解しました。こちらこそ宜しくお願いいたします。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2008-04-22 21:50
こるとさん、こんばんは。
素敵だなんて言われてしまうと、ちょっと照れてしまうのですが・・・笑。
実は去年のGWに屈斜路湖でakiranさんに初めてお会いした時に、この本流の話を聞いていたので、是非一度は訪れてみたいと思っていたところでした。
きっと、たまたまタイミングが良かったのでしょうね。
それにしてもこの地の風景はどこか釣り人の気持ちを和ませてくれるものがあります。
帰り際、春の陽気で背中が汗ばむのを感じながら、また訪れてみたいなぁと思った次第です。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2008-04-22 22:03
ABUさん、こんばんは。
ABUさんも週末は島牧で印象深い時間を過ごされたようですね。
北の大地の東の果てにも、少しずつですが春の気配が強くなってきておりました。そんな東の地で、週末は友人達とのんびりフィールドで本流のアメマスと戯れながら過ごせました。でも、ちょっと気持ちが昂ぶっていたかもしれませんが(笑)。
もちろん今回は本流でのアメマス釣りも存分に楽しめたのですが、それ以上に泊った宿で食べたゴッコ鍋(汁というのでしょうか?)が美味しかったのが印象的でした。私の連れ合いに言わせると、カジカ鍋(汁)とともに北海道の家庭の味だというのですが、関西出身の私にとっては、???です。でも、ゼラチン質の不思議な食感で、雑炊にすると殊更美味しかったということには違いはありません。
来年は是非チャンスがあれば訪れてみましょう。
Commented by akiranspey at 2008-04-22 22:06
YUNさん、こんばんは。
極東遠征、さまざまな思い出ができたようですね。
道東の懐の深さ、時間があればいろいろな場所を訪れてみたい気になりました。
別寒辺牛川、なんともいえない風情のある川でもう一度行ってみたいです。(笑)
Commented by d-yun5-fly-elise at 2008-04-22 22:16
ryoQさん、こんばんは。
初めて訪れるフィールドだったのですが、なぜか心の中でホッとするものを感じさせてくれるフィールドでした。
写真はもちろん今回も加工しておりますが、私がフィールドで感じた印象にちょっとでも近づけられればなぁと思っております。
支笏湖で、沢山の鱒達に出会われたようですね。きっと素敵な時間をフィールドで過ごされたんだと思います。
お礼の言葉なんてとんでもないですよ(笑)。ryoQさんのあの無駄のないスペイキャストなら、いずれ支笏湖の鱒に出会われるだろうなぁと思っておりましたから。
そうそう、今日もお昼近くから支笏湖でした(笑)。
鏡のような湖面と薄っすらと霞んだ風景が出迎えてくれました。
やっぱり私にとってはいつもの支笏湖です。でも、つい、うたた寝したくなるぐらい、穏やかで気持ちが良かったですよ。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2008-04-22 22:22
akiranさん、こんばんは。
お陰様で素敵な週末を過ごす事が出来ました。
いつかは訪れてみたいと思ってはいたのですが、まさかこういうタイミングになるとは思ってもいませんでした。
それにしても、仰るように何ともいえない風情が漂う本流ですよね。十勝川にも似たものを感じましたが、やはり訪れた季節がそうさせるのでしょうか、またちょっと違う雰囲気というか風情が漂っていたように感じました。
Commented by flymagic at 2008-04-22 22:31
Yunさん、こんばんは。
先日はお世話になりまして、ありがとうございました!
極東の止水は残念で悲しい思いをしましたが、きっと秋にはまた楽しい釣りが出来ると思いますよ。
それにしても、この本流のポテンシャルには驚かされましたね(笑)。
これだけ釣れたら、往復1000kmの走行距離も苦になりませんね!
次回は釣り大会を外して良いタイミングで入りたいものですね(笑)。
またご一緒にこの地でロッドを振りダブルヒットと行きましょう~!

追伸、タリスカーご馳走様でした! 今でもあの味に酔っています(笑)。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2008-04-22 23:07
akaさん、こんばんは。
週末はお疲れ様でした。月曜日はのんびり出来ましたか(笑)。
本当に極東の沼では悲しい光景を目にしてしまいましたね。いつかこの地を訪れる時には、アメマス達で溢れる沼に回復していると良いですね。

そうそう、akaさんとふたりで同時にアメマスがヒットした事もありましたね。でも、実は二日目には密かにドロッパーとリードにと二つのフライを結んでおりまして、以前の十勝川の時のように、しっかりと二つのフライにアメマスが2尾もヒットした事もありました。どうりでやけに重たいなぁと思った次第です(笑)。
タリスカー、今回は楽しんでいただけたようで何よりです。以前ABUさんに教えてもらったのですが、本当に美味しいですよね。
また是非とも御一緒にこの地を訪れるチャンスに恵まれると良いですね。
Commented by としー at 2008-04-22 23:42 x
Yunさん、こんばんは。
先程、ショップではどうもです。
そして一昨日はお疲れ様でした。
極東へはそうそう行く事もありませんがその分何かと沢山楽しませてもらいました。
ありがとう御座います。
来年も是非行きましょうね。
ところでyam先輩は来週も行く気力があるらしいですよ。
どうやらクセになったようで御座います。。。
Commented by yamame at 2008-04-22 23:54 x
こんばんは。今回の遠征はyunさんのエレガントなフライフィッシングも拝見できたしゴッコ鍋も食べられたりと楽しい時を過ごせて満足です。
ちょと遠いですけどねw
また機会があれば同行お願いします。
↑のとしーさんのコメントですが今週は天候が悪いし朝が満潮と先日と
逆ですから思案中です(笑)
Commented by d-yun5-fly-elise at 2008-04-23 19:15
としーさん、こんばんは。
先週末は、お疲れ様でした。
知床に往復したぐらいの長い道のりでしたが、皆さんと御一緒させていただき、お陰様で楽しい旅となりました。
いつかは、車のカーゴルームに釣り道具と寝袋など寝泊りセット一式を積み込んで、のんびりと数日間ひとり道東の地を旅してみたいと思ったりもしました。まぁ、いつになるかは分かりませんが・・・笑。
今週末の件、yamameさんからも御連絡をいただきました。
屈斜路湖にも行ってみたいし、私も只今思案中です。
またいつか道東の地に御一緒出来るチャンスが巡ってくると良いですね。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2008-04-23 19:33
yamameさん、こんばんは。
先週末の極東から道東への遠征では、大変お世話になりました。
決してエレガントというものではないのですが、いつも肩に力が入らずマイペースであれればと思っております。
それにしてもゴッコ鍋は美味しかったですよね。初めての体験でしたが、残り汁に御飯を入れたおじやはとにかく最高でした(笑)。
どうやら今週末は潮回りがあまり良くなさそうですね。
チャンスがあれば、私ももう一度かの地の何とも言えない風情に触れてみたいのですが・・・笑。