Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)
<Vol.987> Hardy Bouglé 4" Heritage
d0029241_19385827.jpg



たっぷりと悩んだ末に、美しい音色を奏でてくれそうな新しいリールを買うことにした。
そのリールは、シンプルで控えめなデザインのHardy Bros. Bouglé 4" Heritage。
柔らかい黒革のリールケースから取り出すと、パールシルバーに輝く美しいリールだった。
もしかしたら、ディスクブレーキでもないこのリールに僕の気持ちが揺らいだのは、ハンドルフェイスに描かれたいかにもHardyらしいトレードマークのデザインとラウンドロゴが僕好みだったからなのかもしれない。

僕がフライフィッシングを始めて、それまで気にも留めなかったHardyのBougléというリールを初めて格好いいなあと思ったのは、確か2000年の頃だろうか。もちろん当時はよく知らなかったということもあるけれど、HardyのPerfectにもまったく興味すら沸かなかったし・・・。たまたま書店で購入した徳間書店発行の「Favorite Fly Tackle Vol.2、The Best RODS&REELS」という冊子の中で見つけた、SURFACE OUTFITTERSの梅村さんのツーハンドロッドに装着されていたのがBouglé MkⅣ 4"で、少しくすんだシルバーに輝くリールとアイボリーカラーのスペイラインとの色合いが、なんだかとっても大人っぽいというか渋い雰囲気をかもし出しているように僕の目に映った記憶がちょっと懐かしかったりする。


d0029241_19533462.jpg



その頃の僕はというと、スペイの事はまったくの別世界の話という感じだったけれど、ただただカッコイイという想いだけで15フィートのScott ARC #10番用にと同じリールを2001年に購入した。確か当時のイナガキさんの通販では定価が4"で31900円。さらにHARDY CLUB JAPANの会員だとそこから20%の割引と、今よりもかなり手に入れやすいプライスだった思う。
実際に手にとってみると確かに素敵なリールだった。でも、当時の僕はシングルハンドのオーバーヘッドキャストが主体でツーハンドロッドを使う機会は島牧の海アメやショアからのサーモンぐらいだったから、本流や湖でそれほどこのリールを使用する頻度はなく、何となく持て余し気味になり数年後にはとうとう手放してしまった。今思うとちょっともったいなかったように思うのだけれど・・・。
そういえば、これまでに一度手放して、もう一度手に入れたリールが他にもあり、そのひとつがSt.Aidan。今でもライトツーハンドを手にする時は現役でしっかりと活躍してくれている。
おそらくこのBouglé 4" Heritageはもう手放すことはないだろうけれど、実際に手にしてみると以前にMkⅣ 4"を所有していた時の印象よりも少しサイズが小さく感じられた。ちなみにハンドルフェイスの直径は3.5インチ(約9cm)だから、なるほどどうりで小さく感じられる訳である。さらにピラーを含めた直径は4インチ(約10cm)と、ハンドルフェイスに刻まれたSIZE 4"の表記どおり。でも、ワイドスプールなので600グレインのスカジットコンパクトも余裕を持って収納できるようだ。
このリールが美しい音色を奏でてくれるのは来シーズンの北の本流になってくれると僕としては嬉しいのだけれど、その前に赤い塗料で少しだけお化粧してみようかなと思っている。


d0029241_20512580.jpg



今日のBGM : Portishead / Glory Box Live


[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2013-12-11 20:55 | fishing goods | Comments(6)
Commented by matsu at 2013-12-12 00:30 x
こんにちは、Yunさん
美しいリールですね。私はハーディのリールは持ってませんが、手に入れるとすれば、やはりこのリールか、カスカペディアかと考えています。ディスクドラグ付きではないブーグレはキングサーモンなどの突進に対処できるのか、不安になるのですけど、どうなんでしょうね。もっともマーキスのサーモン用も同じですから大丈夫なんでしょうけど。さて、十勝の釣りは厳しかったようですね。あのフライが底掛かりで沢山ロストする心の痛みは自分も作ってみたのでよく理解できます。あのフライは卷くプロセスでつい、いろいろな思いが込められてしまうような気がします。
Commented by パジェミニ at 2013-12-12 17:50 x
いいですねぇ!今最もほいしリールです^_^カスカペディアよりも、軽くて良さそうな気がしています。それにしても、前はそんなに値段しなかったんですねf^_^;そのくらいの値段だと買いやすいのですが…
Commented by d-yun5-fly-elise at 2013-12-12 21:50
matsuさん、こんばんは。
シンプルですが、なかなか美しいリールだと思っています。昔はオーバーヘッドキャストだったので、このリールのラインキャパシティを持て余し気味でしたが、スカジットラインではちょうど良い感じのように思います。海外のスティールやキングサーモンの突進を経験したことがないのでなんとも言えませんが、キングではちょっと厳しいかもしれませんね。個人的にはサラシオーネのディスクブレーキがしっかりとしているので好きです。カスカペディアはMk2を持っていますが、廃盤のウルトラライトディスクと同じブレーキシステムのようで、ウルトラライトディスクは酷使していると、水に濡れた場合にワンウェイクラッチが滑って、ブレーキの効きがとても悪くなったことがあり、実はカスカペディアMk2もあまり信用していません(ワンウェイクラッチを交換してからはかなり改善しましたが・・・)。それに時々、ラチェット音がしなくなりますから・・・笑。
フライはいろいろ想像しながら丁寧に巻いているつもりですが、ロストするときはあっけないものですね(笑)。懲りずに、少しずつ巻き足そうと思っています。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2013-12-12 21:57
パジェミニさん、こんばんは。
確かに同サイズのカスカペディアよりも若干軽く感じます。きっとフィールドでロッドに装着した場合、それほど重さは感じないと思われます。きっとシンプルな構造なので、壊れにくいリールなのでしょうね。バッキングラインもたっぷりと巻けるので、北の本流でグッドサイズのレインボーに走られてもおそらく大丈夫ではないかと・・・笑。
ロッドの値段も当時と比べて上がっているので、単純に値段の比較は出来ませんが、もしも値段が同じであれば、確かに手に入れやすいかもしれませんね。
Commented by mr.hoo at 2013-12-18 19:40 x
yunさんこんばんは。久しぶりにハーディーのHPを拝見しましたら従来のブグレーシリーズは販売終了になってたんですね。heritegeはワイドスプールのタイプになるのでしょうか?
先月から十勝の下流域の水位とにらめっこしてましたが(笑)1度も足を運べず…。
先週はオホーツクに注ぐ川の○軽町へ出向き虹と遊ぶ事が出来ました。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2013-12-18 21:01
mr.hooさん、こんばんは。
この時期にオホーツクの本流でレインボーに出合えるとは、羨ましい限りです。十勝川の下流域はなかなか水位が下がりませんね。茂岩橋で2m以下になると、たくさんのポイントを探れるのですが・・・笑。
Bouglé Heritageのことはよく分かりませんが、これまでの同サイズのリールのスプールとの互換性はあるようですね。ちなみに4'はワイドスプールなのか、収納できるライン容量はたっぷりとありました。