Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
全体
spey fishing
Custom Spey Rod
私的北海道のスペイ考
私的FlyTyingの愉しみ
slow fishing
fishing goods
salmon fishing
fly fishing
movie
cicada fly
my lotus elise
picture/photo/image
liquor
belgian beer
music
film
雑記
Used Tackle
以前の記事
2017年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

その他のジャンル
<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
<Vol.903> 9月最後のSalty Heaven River
d0029241_16215691.jpg



水位は幾分下がり気味だっただろうか。
秋の始まりを感じさせてくれる広大なロケーションの中、北の大河は流れていた。
流れの色といい、フィールドのコンディションはまったく問題なかったように思う。
9月の終わり、Salty Heaven Riverの畔に立つ。


d0029241_16412577.jpg


d0029241_16324680.jpg



フライをいくつか巻き足しておいた。
僕なりの今シーズンのエッグ・サッキング・リーチのバリエーション。
個人的にはコーンヘッド仕様のチューブ・パターンを最も信頼している。
10月の声を聞くとサーモンの遡上もいよいよピークを迎えるに違いないから。


d0029241_16451458.jpg


d0029241_1645291.jpg



9月最後のSalty Heaven Riverではいくつかの印象的なことがあった。

橋の下のランで釣りをしていると、背後からどこか聞き覚えのある声で呼びかけられた。
えっ?と振り返ると、そこには土手からこちらを見下ろすシェフ・ハマダ氏の姿が・・・。
どうしてここに?と、僕はまったく状況がつかめなかったけれど、どうやらオホーツクのショアからのサーモン釣りの帰り立ち寄ったとのこと。
流域の長いSalty Heaven Riverにもかかわらず、まさかこのタイミングで他に釣人の姿が見当たらないこのポイントで出会ってしまうとは。偶然も偶然、まさに奇遇としか言いようがないような・・・。


d0029241_17656100.jpg


d0029241_1773628.jpg



朝の偶然もあった事だから、もしかしたらLLサイズとの予期せぬ出会いがあるかもと期待はしたけれど、結局は何事も起こらないまま、イブニングの釣りを終えて黒のビロード調のロッドソックスにお気に入りのロッドを仕舞う。いつもならロッドをカーゴルームにさっさと仕舞うのだけれど、なぜかこの時はあとからルーフボックスに仕舞えばいいやと、ロッドの入ったロッドソックスをそのまま車の屋根のステイバーに横置きにしてしまった。
食堂で夕食を済ませてハンドルを握りながら僕があっと気付いた時、残念ながら時すでに遅し。ヘッドライトに照らされて国道の脇に落ちていた僕のお気に入りのロッドは、何事も起こっていないことを祈ったけれど、残念ながら何台もの車のタイヤに踏まれて無残な姿に。まさに意気消沈。事の始まりは僕の不注意なのだけれど、本当に心底ガックリなのである。


d0029241_17303122.jpg


d0029241_17305342.jpg



こんな意気消沈のアングラーにたとえ不意に幸運が訪れたとしても、きっとスルリと手のひらからこぼれ落ちていってしまうものなのだろう。
翌朝は最近お気に入りの岩盤ポイントに立った。ティペットの先にコーンヘッド仕様のエッグ・サッキング・リーチ(チューブ・パターン)を結びゆっくりと流れをスイングさせる。
スイングが終わりスカジットラインが下流へと一直線になって、僕の下流に続く岩盤の縁辺りをフライがユラユラとステイしている時にいきなり物凄いパワーでランニングラインがひったくられた。ロッドがバットの付け根からグゥワン、グゥワン、グゥワンとグンニャリ曲がるLLサイズのヘッドシェイク。久しぶりの強烈な躍動感だったけれど、このシチュエーションだとやはり予想通りそのままフックアウト。
意気消沈のアングラーの気分にこれでさらに拍車がかかるかなと思ったけれど、ごくごく短い時間の本流レインボーとのランデブーにも関わらず、なぜか不思議と嬉しくって僕はきっと口元がニヤッとしていたに違いない。


d0029241_17571346.jpg


今日のBGM : Renegade Soundwave /Renegade Soundwave


[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2012-09-30 18:01 | spey fishing
<Vol.902> Salty Heaven River の杭になる
d0029241_20422157.jpg



少し遅めにとった夏休みを北の本流、Salty Heaven Riverで過ごすことにした。
フィールドはちょうど夏から秋へと季節が移りゆくはざまをユラユラと揺れ動いているのかもしれない。晴れたかなと思ったら、やがて頭上の空には濃淡のはっきりとした雲が一面に広がり、そして雨までもが降った。ひと雨降るごとに近づきつつある秋の足音がしっかりと聞こえてくる感じがしたし、残暑が厳しかった9月の北の大地も、日を追うごとに気温が下がっているようだから、僕は本流に杭のように佇みながらも、フィールドに吹く風にはジンワリと冷たい秋の気配を感じたものだった。


d0029241_20555656.jpg


d0029241_20561234.jpg



僕が手にしたロッドはいつものようにMeiserの"Salty Heaven River Special"。
なんていうことはない、スペイロッドのブランクは14フィート#7/8番のMKSなのだけれど、コスメだけを少しワガママなオーダーで特別なものに仕上げてもらったロッド。いつかは、このロッドのネーミングにふさわしいグラマーで筋肉質、なお且つスピード感溢れる美しい本流レインボーに出会いたいものだけれど・・・。
フライはタングステン製のコーンヘッド仕様のチューブフライにブラス製のコーンヘッド仕様のダーティフォーをメインに、シンクレートの高いフルシンクのスカンジヘッドの場合にはブラックやブラック&オレンジのイントルーダーを状況に応じてティペットの先に結んだりする。ダーティフォーには先割れがして、なかなか使い道が見当たらなかった大きいサイズのジャングルコックなんかを、もしかしたら何かしらのアクセントになるのではとあしらったりしてみた。


d0029241_2122571.jpg


d0029241_21221999.jpg



出会える時もあれば、期待に反してまったく出会えない時もあるのだろう。
つまり、いとも簡単に出会えてしまうこともあれば、何をやっても、持てる引き出しのどんな手を尽くしてもまったく出会えないこともあるということ。まあ、これが僕が好きになった本流でのツーハンドスペイロッドの釣りというものなのかもしれないのだけれど。
LLサイズの本流レインボーをキャッチしたよとか、LLサイズの本流レインボーにランディング寸前にフックアウトされちゃったよという友人達からの連絡が来るたびに、僕はソワソワと落ち着かなくなってしまうのだけれど、スカジット・コンパクト&Type6のティップの組み合わせで僕の流すブラック&オレンジのダーティーフォーを、本流に突き出た岩盤から流れ出す速い流れがちょうど収まりかけたところで何とか見つけてくれたのはMサイズの本流レインボー。サイズはともかく、ちょっと嬉しい出会いだったりする。


d0029241_21482194.jpg


d0029241_21484692.jpg



そんな何とも表現し難い焦燥感も、フィールドで過ごす日が経つにつれて徐々に麻痺していくというか薄皮を剥ぐように薄らいでいく。ただひたすらキャスト、キャスト、キャスト。ポイントを大きく移動して、ロッドを手にヨタヨタとふらつきながら刈り取られた牧草地を歩き、そしてキャスト、キャスト、キャスト。そんなことを幾度となく繰り返しながら、僕の遅い夏休みはゆっくりと過ぎていった。

ipodからFMトランスミッターを通して車のスピーカーから流れてくるのは、静かなJazzだった。確か、”Jazz Bar"とかいう企画もののCDで、曲名もミュージシャンの名前もさっぱり分からないけれど、Salty Heaven Riverで過ごした遅い夏休み、車のハンドルを握りながら、何とも言えないけだるさと心地よさにはピッタリのように僕には感じられたのだった。


d0029241_224124.jpg


d0029241_2242720.jpg



今日のBGM : Toshifumi Hinata / Soliloquy


[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2012-09-26 22:10 | spey fishing
<Vol.901> Hardy MLA
d0029241_22825100.jpg



懲りずに、また新しいリールを買ってしまった。新しいといっても、Hardy社から10年以上も前にリリースされたディスクブレーキ搭載のミッドアーバーのリールである。発売当時はそのモダンなデザインにかなり驚き、それにプライスの高さに僕はとうとう製造中止になるまで手が出なかったけれど、未使用のものがかなりプライスを下げて出ていたものだから、つい手が伸びてしまったという次第。


d0029241_2219774.jpg


d0029241_22192013.jpg



どこかフランス車をイメージさせるメタリック調のブルー・グレーの塗装がボディ全体に施された美しいリールだった。リミティッドエディションでシャンパンゴールドの塗装が施されたものもあったけれど、僕としてはこちらのブルー・グレーのカラーの方がこのリール独自のオリジナルカラーのような気がして好みかな。
その機能的な長所は別として、なぜかしらモダンなラージアーバーのリールのデザインにはまったく興味が持てないでいるので、僕のリールに対するデザイン的な許容範囲は今のところミッドアーバーまでということになるのだろう。
ちょっと古めかしいけれど、このHardy社のMLAというシリーズのリールははどこかインダストリアル的なデザインを僕に彷彿させてくれるし、特にスプールやボディに施された軽量化のために開けられた穴の大きさと配置のバランスがなかなかのもの。

話は変わるけれど、軽量化のために開けられた穴で連想するものになぜか僕は車のタイヤのホイールをつい連想してしまう。もちろん世の中にはいろんなホイールのデザインがあるのだろうけれど、どうしてアルファロメオのタイヤのホイールのデザインはあれほどまでに美しいんだといつも思ってしまう。あのいくつもの円の組み合わせは、本当に溜め息ものでしかない。

少し話が逸れてしまったけれど、このリールに甲高い逆回転音を奏でさせてくれるような鱒に出会えることを夢想しつつ、今週末からまた少し長い釣り旅に出かけてみようと思っている。


d0029241_22523612.jpg



今日のBGM : Liaisons Dangereuses / Los Ninos Del Parque


[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2012-09-21 22:58 | fishing goods
<Vol.900> まだ遠い秋の気配
d0029241_18135832.jpg



フィールドで感じる秋の気配、その存在はまだまだ薄くて遠いものだった。
でも、きっと雨が降るたびに少しずつその気配が濃厚なものへと変わっていくのだろう。
田んぼの稲穂はそのグリーンに少し黄色味を帯び始めていたし、ススキの穂は空に向かって少しずつ伸び始めていた。
土曜日に訪れた北のフィールドは、少しずつだけれども秋の訪れを受け入れる準備を整えつつあったように思う。


d0029241_18232294.jpg



フィールドの濁度計が示す数字は8~10まで下がっていた。でも、山の稜線から太陽がゆっくりと昇って、本流が容赦なくこれでもかといったくらいに明るく照らされると、アングラーの膨らんだ期待感はまるで空気の抜け始めた風船のようにいっきにしぼんでしまう。
それでも一度だけ水深のあるポイントだったけれど、ゆっくりとスイングする黒仕立てのダーティフォーが流れに馴染んだころにグゥーンと引き込まれた。一瞬ドキンと僕の心臓の鼓動が高鳴る。でも、残念ながらそれは長続きすることはなかった。


d0029241_1921177.jpg



20lbの黄色いランニングラインをリトリーブする手が、まるで根掛りでもしたかのように、グゥンと止まる。視界の片隅、それも僕がまったく予想もしないところでグッドサイズのレインボーが全身を顕にしながらドバーンと湖面を割ってジャンプした。1、2、3と、レインボーのジャンプは計3回。そして3回目のジャンプのあとにランニングラインから生命の躍動感が消えると、レインボーとのランデブーの間に僕が感じ続けていたハラハラ、ドキドキ感がよりいっそう強いものとなった。


d0029241_1930915.jpg



d0029241_19362278.jpg



ロングドライブのあとの次に訪れたフィールドでも、秋の気配はまだ薄かったのかもしれない。濃いフォレストグリーンに包まれたフィールド。時折りパラパラっと雨が混じったりもして、フィールドに吹く風はジメッとした湿気を伴う雨上がりの夏の印象が強かった。
3個ほどビーズヘッド仕様のフライを根掛かりでロストしてしまったから、少しフライボックスに補充をしておかないと。それにテーパーリーダーだってめったに使うことはないけれど、本格的な秋のシーズンに向けて少しは買い足しておく必要がありそうだ。


d0029241_19524184.jpg



今日のBGM : one day i'll fly away / Keith Jarrett & Charlie Haden


[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2012-09-16 19:55 | spey fishing
<Vol.899> 秋空とコスモスの花
d0029241_211081.jpg



秋空の下、街道沿いには薄いピンク色のコスモスの花が咲いていた。
週末を北の本流、Salty Heaven Riverで過ごす。
土曜日は夏の終わりのような暑い日ざしが降り注ぎ、本流の川面がギラギラと輝いていたけれど、日曜日は一変して、湿度の高いまつわりつくような空気感に包まれる。
週末は新しくアレンジしたフライをいくつか試してみることにした。


d0029241_21192250.jpg


d0029241_21193717.jpg



札幌の友人達に静岡からyanbaidesuさん、東京からtoritoriさんも加わりいつもよりも少し賑やかな週末となった。おかげで土曜日の夜は少しアルコールがすすんでしまい、日曜日の朝は目覚めてからすっかりジンジンと頭痛に悩まされてしまう。湿度の高い日の頭痛ほど辛いものはないのかもしれない。だからというか、僕の釣り気分もすっかりトーンダウン。そのせいかどうかは別として、日曜日はまったくのノーバイト。おまけに本流を覆ったグレーに染まる空からは雨までもが降り出してきた次第。
ズゥン、・・・、グゥワン、グゥワン、・・・、ギャーンは、次の機会ということで・・・。


d0029241_21353517.jpg


d0029241_21354758.jpg


d0029241_22383311.jpg


d0029241_22385070.jpg



今日のBGM : Morelenbaum2/Sakamoto / Amor Em Paz


[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2012-09-10 21:41 | spey fishing
<Vol.898> 夏から秋へのリズム
d0029241_1757370.jpg



フィールドに吹く風には秋の気配が微かに、そしてほんのりと含まれていた。

本流の上には秋を想わせる赤トンボが飛び交い、耳を澄ませると草むらからはコオロギ達の羽音が切なく響いてきた。

頭上には時折り雲のすき間から秋を感じさせる空高い青空が顔を出し、そうかと思うと今度はパラパラっと秋らしい通り雨が降ったりもした。

フィールドはゆっくりとリズムを変えながら夏から秋へとシフトしていっているのだろう。

土曜日に友人達とそんなことを感じさせてくれる北の本流へと足を運んだのだけれど、残念ながらアングラーをハラハラさせてくれるような美しいレッドバンドには出会えなかった。

どうやら僕のリズムと変わりゆくフィールドのリズムとがゆっくりとシンクロし始めるのは、もう少し先になるのかもしれないと思った9月最初の土曜日だった。


今日のBGM : Parov Stelar / Kiss Kiss


[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2012-09-02 18:21 | spey fishing