Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
全体
spey fishing
Custom Spey Rod
私的北海道のスペイ考
私的FlyTyingの愉しみ
slow fishing
fishing goods
salmon fishing
fly fishing
movie
cicada fly
my lotus elise
picture/photo/image
liquor
belgian beer
music
film
雑記
Used Tackle
以前の記事
2017年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

その他のジャンル
<   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
<Vol.881> Hardy Palakona the "Wye" 11' #7 2pcs
d0029241_2024533.jpg



d0029241_20242344.jpg



先日、4pcsのスペイロッドに見慣れている僕にとって、思わずオッとと呻き声が出てしまいそうなぐらい一際長い塩ビパイプの筒が宅配便で自宅に届いた。
届いたロッドはHardyのPalakona the "Wye" 11' #7 2pcs。
実はこの分野に関してはあまり詳しくはないので正確なことは分からないけれど、おそらく製作されたのは50~60年代だろうから、もしかしたら僕よりも少し年上のバンブーロッドになるのかもしれない。


d0029241_2184346.jpg



バンブーロッドを手に入れたのは、何を隠そう僕にとって初めてのことである。
興味がなかったと言えば嘘になるが、フィールドにおいては現代のカーボングラファイト製のロッドでなんら問題はないし、それにそれらのロッドをいくらフィールドでハードに酷使しようと特にメンテナンスなどに注意を払う必要もないという簡便さから、特にバンブーロッドでなければという必要性も僕の中で生まれてこなかったように思う。
でも、もしかしたら僕はフライフィッシングを始めた頃に雑誌で見たバンブーロッドへの憧れのようなものを、おそらくそれは竹竿(バンブーロッド)の持つゆったりとした穏やかな雰囲気であり、またある意味しなやかで柔らかなイメージなのかもしれないけれど、心のどこかで決して足を踏み入れてはいけない世界のようにとらえて、そこから目をそむけるというか、しっかりと封印をしていたのかもしれない。だから、今回初めてバンブーロッドを手に入れたということを機に、何かしらが僕の中で一気に堰を切ってオーバーフローしてしまうんじゃないかとちょっと心配なのでもあるが・・・。


d0029241_2192271.jpg



さて、今回手に入れたロッドは11フィート、#7番のセミダブルのバンブー・スペイロッドである。ロッドのスペックとしては最近流行のスイッチロッドに近いものがあるかもしれない。一番トラブルが発生しやすいと聞くフェルールはロックファストジョイントというもので、鍵状の爪がクルクルっと回ってしっかりとジョイントされる。それにしてもよくこんな機構というかジョイントシステムを考えつくものだと心底感心させられてしまう。
アクションはスローではないけれど、ロッド全体がバット付近からいい感じに曲がってくれて何となくマイザーのMKSのアクションに近いものを僕はロッドを手にしながら感じてしまった。取り敢えずフィールドではAirfloのSkagit Compact 420grからスタート予定。きっとあまり力を入れなくても、ロッドの柔らかさというかしなやかさがしっかりとラインの重さを受け止めて、心地良くラインをキャスト出来るんじゃないか思っている。

普段は決してスロー・フィッシングとはいえないような僕のフィッシングスタイルだけれども、もしかしたらこのバンブー・スペイロッドを手にしたことで、何かしらが僕の中でちょっぴり変化というかシフトしてくれることを期待するのだけれども、それはやっぱり淡い期待で終わってしまうのかもしれないね。

P.S. Spey BumのRyoさん、それにB.R.Brosの三男さん、今回はいろいろと大変お世話になりました。この場をお借りしてお礼申し上げます。


d0029241_21471084.jpg



今日のBGM : adrian sherwood / boogaloo


[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2012-05-30 21:54 | fishing goods
<Vol.880> 朱鞠内湖へ / elise soundを背中に聞きながら
d0029241_17462536.jpg



エリーゼのエンジンサウンドを硬くて薄いドライバーズシートを通して背中でジンジンと感じながら深夜のハイウェイを北上する。遊びのほとんどない小さなステアリングを僕は適度な力加減でホールドしているのだけれど、それでも路面の轍にタイヤがとられると相変わらずフラフラとハイウェイでの直進性はどうもよろしくはない。そんな訳で今週末東京から来られたやすこうさんの待つ朱鞠内湖にひとりで行くことになったものだから、久しぶりにエリーゼに乗ってロングドライブすることにした。助手席とリアの狭いカーゴルームにはタックルやウェーダーなどの荷物がぎっしりと積み込んである。どうやらフィールドの天気もまんざら悪くはないようだ。


d0029241_1894129.jpg



朱鞠内湖漁協の中野さんが操船する渡船の出航時刻は朝の4時。SIMMSのウェーダーを履いてスタンディング・ポジションで操船する中野さんを見ていると、これって、なんか以前に観た「SKAGIT MASTER」のDVDのワンシーンみたいだなあと思っていたら、あっという間に北大島に船は着いてしまった。


d0029241_18244329.jpg



あの向こうに見える水没した大きな木の幹から湖の水位が上がって水に浸かったブッシュにかけては結構ワカサギがいましたよというアドバイスを受けて岸際を歩く。確かにあの辺りは去年も、そしてその前の年も悪くはなかったから朱鞠内湖のイトウに出会えるチャンスはあるのかもしれない。岸際の浅瀬を泳ぐたくさんのワカサギの姿。釣り人という生き物は意外と楽観的なものだからそんな光景を目にすると期待感だけは大いに膨らむのだけれど、欲を言えばもう少し変化が欲しかった。というのも時折りそよ風が吹いて湖面が小さく小波立つ事があったけれど、ほとんど運動会か行楽日和にはうってつけとでも言うべき天気で、風はそよとも吹かず、湖面はまるで鏡のような状態。そして到底届きそうもない沖合いでは大きなライズリングが広がる。魚釣りのコンディションとしてはいまひとつだったけれども、湖の杭になったアングラーの目に映る風景の美しさだけは最高級だったかもしれない。背後の白樺林からはウグイスの囀りに名も知れぬ野鳥の囀りが耳に届く。


d0029241_19565077.jpg



5月の朱鞠内湖の空は思いのほか高かった。早朝から帰りの船が迎えに来る夕方の4時まで、心地の良いまるで別世界にトリップしたかのような意識消失のお昼寝タイムを挟んで黙々とキャストをしたけれど、#2番のストリーマーフックに巻いたUVシェニール・シルバーをハックリングしたオリーブゾンカーをリトリーブする僕の指先に訪れたテイクは2度。1度目は3M/SA社のAtlantic Salmon SH S1/S2を半分近くまでリトリーブした時に訪れたイトウのトルクフルなそれであり、2度目はキャスト後に数回目のリトリーブで訪れたシルバーがかったアメマスのそれだった。

久しぶりに長時間ロッドをキャストし続けて、心地よい疲労感に包まれる。
エリーゼの幌を外しエンジンをかけて幌加内町の「あじよし」というお蕎麦の美味しい食堂まではゆっくりとオープンエアーを感じながらドライブ。でも、車を走らせながら気になるのはR275脇の雨龍川の流れだったりと・・・。
そろそろお気に入りの本流も待ちに待ったシーズンインだろうか。
フィールドの選択に嬉しい迷いが伴うシーズンがいよいよスタートする。


d0029241_20412568.jpg









今日のBGM : DJ Krush and Toshinori Kondo / The Sun Is Shining


[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2012-05-20 20:44 | spey fishing