Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

<   2005年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧
<Vol.133>語ること
 自分の思ったこと、感じたことを自分の言葉で語ることはとても大事なことだと思う。それはコミュニケーションの一部として外に向けられたメッセージあると同時に、自分自身へもフィードバックされるものである。つまり、語ることによって普段は混沌としている潜在意識が意識化され、時には、こんなことを考えていたんだとハッと気付くこともあるのだろう。

 語るということはとてもエネルギーの要ることである。それと同時に相手の話にじっくり耳を傾けるということにもエネルギーを要する。安心して語れる場、聞いてくれる相手があってこそ、初めて人は自分のことが語れるのではないのだろうか。

 アートスクールでの講義の後、僕はそんな事を考えていた。精神的には心地よい疲労を感じながら、なぜか気分は高揚していた。
d0029241_23275241.jpg

[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2005-09-29 23:29 | 雑記 | Comments(2)
<Vol.132>very slowly
d0029241_2335018.jpg
 ロッドを置いて、ゆっくりとフレンチ・ローストの豆でコーヒーを淹れる。
 オホーツクの心地よい潮風が頬を撫でていく。コーヒーの何とも言えない気持ちを穏やかにさせてくれる香りに包まれながら、僕は胸ポケットから煙草を1本取り出して火をつけた。
 ふと、前を見ると友人達が黙々と大海原めがけてロッドを振っている。離れたところから眺めていると、すべての動きがとてもスローなように感じられた。オホーツクの海では時間までもがスローに流れていた。


 明日は、今年2回目のアート・スクールでの講義の日。いったいどんなエネルギーを僕は貰うことが出来るだろうか。
[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2005-09-28 23:30 | slow fishing | Comments(4)
<Vol.131>salmon reel
d0029241_219213.jpg
 このリールを何年前に買ったのかは、はっきりと覚えていない。でも、アンチ・リバースであること、ソルトでも使えるということ以外に、"SALMON"という名前に惹かれて買ったのは確かなこと。

 サーモンを釣りすぎたからかどうかは分からないけれど、去年の今頃とうとうディスク・ブレーキのコルクパットがボロボロに壊れてしまった。修理には僕の思っていた以上の金額がかかってしまったけれど、今年の春にはやっと修理が終わってというかパーツと共に僕の手元に戻ってきた。海でのカラフトマスやサーモンでは、もっぱら15feetのダブルハンドを使うことが多いから最近はほとんど出番がなかったけれど、火曜日の午後の古宇川河口、久しぶりにセミダブル8番のロッドを取り出して、このリールを使ってみた。

 手元のラインを通じてグゥンという重い衝撃を感じると、サーモンはそこで何度か身をくねらせた後、一気に沖へと疾走した。リールから響くミュートされた逆回転音。久しぶりに聴くそのサウンドに、僕は少しの間だけ酔いしれる。

 夕暮れ時の古宇川河口、そこにはこれから遡上しようとするサーモンで溢れていた。来年もまた、ここでサーモンに出会えることを願って、僕は釣り場を後にした。
d0029241_2132264.jpg
今日のBGM:MILES DAVIS/MY FUNNY VALENTINE
[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2005-09-27 21:41 | salmon fishing | Comments(8)
<Vol.130>DUCHESSE DE BOURGOGNE
d0029241_2032549.jpg
 連れ合いが買って来てくれたベルギービール。そのルビー色をしたレッド・ビールは、どことなく懐かしくて子供の頃の記憶が蘇りそうな甘い味がした。

 世の中はちょっとしたベルギービールブームなのだろうか。連れ合いがたまたま立ち寄った東急ハンズでは、小さなベルギービールフェアみたいなものが開かれていて、僕のベルギービール好きを知ってか知らずか、嬉しい事に2本のベルギービールを買って来てくれた。

 "DUCHESSE DE BOURGOGNE ドゥシャス・デ・ブルゴーニュ"
 裏のラベルには「ヴェルハーゲ・ヴィヒド醸造所のフルーティーなレッドビール。甘さとオーク樽で熟成する時にに醸される酸味が効いた後味が特徴」と書いてある。表のラベルには、中世の少女のような女性と小鳥が描かれているけれど、いったいどういう意味があるのだろうか。

 グラスに注いだ美しいルビー色をしたレッドビール。期待しながら口に含んでみると、子供の頃の懐かしい甘い味。あまりビール酵母は強くなくて、どことなくライトなテイスト。不思議と炭酸の抜けたサイダーのような後味がした。でも、このフルーティーな味わいはどこか僕を病みつきにさせそうな予感がした。
d0029241_21103232.jpg

[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2005-09-26 21:12 | belgian beer | Comments(6)
<Vol.129>endless fishing
d0029241_1263721.jpg
 冷え込んだ肌寒い早朝の5時過ぎから夕日の眩しい夕方4時までひたすらロッドを振り続けた。まさしく、"endless fishing"。

 どうしても、サーモンの跳ねやモジリを見ると、簡単には釣れない事は分かってはいるけれど、釣りを休むタイミングを逸してしまう。本当に懲りない性格だとつくづく自分でも思ってしまう。それでもやっぱり、お昼には友人と僕の分を含めて3人分のコーヒーを、風が強い中、苦労しながらゆっくりと淹れた。スペイキャストは全くもって思い通りに上手くいかなかったけれど、コーヒーだけは僕の肉体と気持ちの疲れのせいかもしれないけれど、不思議と美味しく感じられた。
d0029241_1471411.jpg
 それでも、やっぱり帰りの駐車場までの堤防沿いの道程、これほど身体が重いと感じられた事は今までになかった。
[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2005-09-25 01:50 | slow fishing | Comments(10)
<Vol.128>Spey Cast in Hamamasu River
d0029241_2336128.jpg
 スペイでサーモンを釣りたくて1年ぶりに職場の仲間達と訪れた浜益川、そこでは綺麗な朝焼けが僕らを待っていた。

 早朝の浜益川は、フリースが欲しくなるぐらい肌寒かった。ひと雨ごとに秋が近づいて来ているのが感じられる。

 しばらくオーバーヘッドで海のサーモン釣りばかりに出掛けていたものだから、久しぶりのスペイでタイミングが合うかどうか僕はちょっぴり不安だった。でも、そんな不安はやっぱり見事に的中。相変わらず僕のスペイ・キャストは目も当てられないぐらいボロボロだった。

 なんとかスペイでサーモンをキャッチしたくて、ひたすらキャスト、キャスト、キャスト。分かってはいるけれど、どうしても力ずくでキャストしようとするものだから、タイミングどころの問題ではない。お陰で今日は近年まれに見る筋肉痛でヘトヘトになってしまった。
d0029241_23582242.jpg

[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2005-09-24 23:57 | spey fishing | Comments(4)
<Vol.127>夕日の下で
d0029241_0113833.jpg
 秋の気配が少しずつ感じ始められた積丹の海。夏からFlyを始めた友人のロッドが夕日の下で綺麗な弧を描いていた。
  あと、何度ここに来れるのだろうか。彼のサーモンとのやり取りと美しい夕日を眺めながら、ただ僕はそんな事だけを考えていた。 
[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2005-09-23 23:55 | salmon fishing | Comments(2)
<Vol.126>のんびりとTying
d0029241_19561910.jpg
 僕が約300kmの道程を車で走って、やっと着いたオホーツクの海。そこでは友人のkurisu氏がのんびりと椅子に腰掛けながら(ビール片手に?)、午前中のサーモンとのファイトで足りなくなった真赤なフライを巻いていた。

 ある意味強迫的で、いつでも不安な気持ちをちょっとでも減らしたいと思っている僕の性格としては、どうしても前もってフライを巻き貯めておいてしまう。だから、どうしてもある程度のストックがフライ・ボックスを埋めていないと不安で不安で仕方がない。これでも随分と良くなった方なんだけれど、それでもフィールドに立つ前は、フライを巻く面倒臭さと、もし足りなくなったらどうしようという不安とが拮抗して、なかなかバランスを取るのが難しい。

 フィールドでゆっくりとフライを巻くのも好きだと言う彼の言葉を聞きながら、こういうのもいいもんだなぁと思っている僕がいた。でも、きっと僕ならTyingの道具やマテリアルを車に積む時に、あれも要るんじゃないか、これも要るんじゃないかと不安になるんだろうなぁ。きっと。
[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2005-09-21 20:25 | slow fishing | Comments(8)
<Vol.125>金色に輝く海
d0029241_227418.jpg
 午前中の仕事を終わらせて、エリーゼで向かった積丹の古宇川河口。そこには眩いばかりに金色に輝く海が僕を待っていた。

 フォームを巻き込んだピンク色のノー・ウェイトのゾンカーを河口の流れに沿って送り込む。恐らくフライは水面直下を漂っているはず。波にもまれながら、フライがゆっくりと右から左にターンするのが分かる。河口から沖合い数10m、そろそろかなと思っていると、突然ラインにグゥンと衝撃が走った。グゥン、グゥン、グゥンとサーモンの立てる波飛沫とともにサーモンが首を振っているのが分かる。一気にラインが出ていった。
d0029241_2229110.jpg
 ふと、見上げると、夕暮れの積丹の海が金色に輝いていた。そんな中、ラインの先でサーモンがそのシルバーに輝くボディを金色に染めながら一度だけ跳躍し、太陽の光を反射してキラキラと金色に輝く波飛沫を上げた。

 帰りの車の中、今日の積丹の海で出会った東京から来たというKさんの事を考えていると、また雨が降ってきた。そういえば、最近エリーゼで釣りに行くと必ずといってよいほど雨に当たってしまう。
d0029241_2243553.jpg


 
[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2005-09-20 22:46 | salmon fishing | Comments(2)
<Vol.124>moon and salmon
d0029241_20374330.jpg
 月を見ていると何故か不思議と気持ちが穏やかになる。月明かりで夜の暗闇に対する不安が少しだけ影を潜めるからだろうか。

 オホーツクのキャンプ場で見る月はとにかく美しかった。月と雲とのコントラスト。その上、オホーツクの海の1ヶ所だけがまるでステージのように月明かりで照らされていて、僕には、月明かりのスポットライトで照らされたそのステージで銀鱗の衣装を纏ったサーモンが跳躍する幻影が見えたような気がした。そんな幻影を想いながら、まるで観客になったような気分で僕は少しだけジンを身体に入れた。

 翌朝のオホーツクの海。2週間前と同じ光景がそこでは僕を待っていた。相変わらず、目の前ではあたかも釣師を挑発するかのようなサーモンの跳躍とその飛沫。2尾のサーモンが僕のフライをテイクしてくれたけれど、ファイトの最中とランディングの時に僕と彼女の唯一の接点の真赤なフライから離れてオホーツクの海に戻って行ってしまった。でも、なぜか楽しかった。友人達との再会はもちろんの事、あそこのロケーションと何とも言えないあの雰囲気の中でサーモン釣りが出来た事、ゆっくりと時間を過ごせた事、それだけで十分満足で幸せな気分になれた。

 オホーツクの海は、それだけ僕の中に強い印象を刻み込んだ。
d0029241_21204953.jpg

[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2005-09-19 21:24 | salmon fishing | Comments(8)