Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

<Vol.666> olive colors
d0029241_2257811.jpg



東の果てに旅立つ前に、夜な夜な時間を見つけてはフライを巻いてみる。
何故かしら色はオリーブ・カラーかナチュラル系のカラーばかり。
きっと、鮭稚魚達が群になって海へと下る時期にも重なるし、もしもフライボックスの中で使われずに残ったりすれば、阿寒湖のようなワカサギの岸寄りする開幕シーズンにも使えるからなのかもしれない。

だから、僕が使っているダイナキング社製のタイイングバイスに付属したブルーのダストボックスには、オリーブのようなナチュラル系のカラーのマテリアルの切れ端が、ごっそりと山のように積み重なっている。見ていると、ちょっともったいないような気がするのだが・・・。

最近はテイルに柔らかいマラブーではなく、オーストリッチを使うことが多い。
これは、僕の連れ合いが家のほこり取りとして使っていた掃除用品から抜け落ちたものをもらったもの。
それにしてもオーストリッチというマテリアルは水に濡らすと、僕の予想に反して、思っていた以上に細身になる。それにユラユラと動きだっていいから、東の果てのフィールドのように、出来るだけフライを細身に仕上げたい場合には、うってつけのマテリアルなのかもしれない。

ハックルだって、まるでソフトハックルという万能フライのように、ナチュラル系の色合いに染められた、いろんな色のコックフェザント・ランプをパラっとフロントに巻いてみる。毛足の長いのと短いのとを色を変えて巻いてみたりなんかすると、アメマス以上に釣り人の方がついつい魅了されてしまうのかもしれない。

もちろんビーズヘッド仕様も忘れてはいない。

#6番や#8番といった小さめのストリーマーフックにオリーブカラーのフライを巻いていると、やはりどうしてもちょっと大きめのサイズのフライを巻いてみたくなる。まぁ、気分転換のようなものかも。
オリーブカラーをメインに仕上げたSwimming Intruderは、ワカサギの泳ぐ湖や稚鮎のシーズンの尻別川でも使えるだろう。今回もウイングにフォクス・テイルを使ったが、マテリアルが柔らかいのでドリフト中にウイングとボディとが離れてフライのシルエットが崩れるのを避けるために、フォックス・テイルをシャンクに3ヶ所に分けて巻きとめてみた。

それにしてもダストボックスの中のマテリアルの切れ端、見る度に何かに再利用できないものだろうかと思ってしまう。


d0029241_2340195.jpg

[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2009-04-16 23:46 | 私的FlyTyingの愉しみ | Comments(6)
Commented by 班長 at 2009-04-17 11:14 x
YUNさんこんにちは。
いよいよ東へと旅立つのですね。
準備のようすから、ワクワク感が私にも強く伝わってきます。
雪代が出るこの時期は多くのミネラル分が水に溶け出し、河を伝わり一年で一番美味しい時期になるそうです。
心もお腹も一杯にしてきてください。
Commented by B-R-Bros at 2009-04-17 17:29
こんにちは、
オーストリッチは確かによく動く魅力的なマテリアルですね。
イントゥルーダーにレアの代わりに使ったのが始まりですが、
オーストリッチを使ったフライの泳ぎに魅了されてしまいました。

ダストボックスに溜まった半端なマテリアルだけを使ってフライを捏造
するのも面白いです(笑)
ナチュラルな水生昆虫系のフライには十分使えますし、
ソフトハックルの小さめの派手なフライでカラフトマスも釣れました。
大きめのアトラクターフライも良いですが、時として小さめのナチュラルなフライに意外な大物が来る事もありますね。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2009-04-17 18:18
班長さん、こんばんは。
別寒辺牛川は、昨年初めて訪れたフィールドなのですが、友人達と過ごした、とても思い出に残る釣旅だったものですから、ついつい期待してしまいます。残念ながら、あまり潮周りが良くないタイミングようですが・・・。でも、旬のカキをいただくなど、今回も楽しんでこようと思っています。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2009-04-17 18:27
Ryoさん、こんばんは。
オーストリッチ、なかなか魅力的なマテリアルですよね。
私もオレンジやピンク、それにチャートリュースにパープルなどのカラーをチューブフライやイントルーダーに使ったりしますが、小さなサイズのフライのテイルに使い始めたのは、去年ぐらいからでしょうか。
ダストボックスの半端なマテリアル、特にハックルの根元の毛のフワフワした辺りなんかは、色合い的にもニンフなどのボディに使えそうですね。でも、使う時までストックしておくのが、なかなか面倒でして・・・。
カラフトマスに、小さめの派手なソフトハックルですか。ユラユラと海面下を漂わせたらカラフトマスに好かれそうですね。故西山さんのクリオネフライもなかなか小さかったですが、こちらもなかなか面白そうです。
Commented by 110-ken at 2009-04-17 21:47 x
Yunさん,こんばんわ

改めて毎週のように釣りに行けるYunさんやABUさん,SHUさんがうらやましい限りです(笑)
自分はというと19日の日曜日は久しぶりに休みなんですが,ここ最近の仕事の疲れを癒すこと&いろいろと雑務をこなさなければならないという状況です。釣りに行けるのは5月の9-10日となりそうです。阿寒当たりに遠征しようかと思っています。

さて,今日の夜から皆さんで道東遠征でしょうか。
本当に自分の分まで存分に楽しんでくださいね。道中お気を付けて!!!
Commented by yun-slowfishing at 2009-04-17 22:36
110-kenさん、こんばんは。
この時期は、お仕事の方が、お忙しいようですね。
でも、この忙しい時期を乗り切ると、110-kenさんにはきっと素敵なことが待ていると思いますよ。
5月の阿寒湖、なかなか魅力的ですね。スケジュールについては、検討してみますね。
今夜には出発の予定です。旬のカキを戴くなど、楽しい釣旅となることを期待しています。