Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

<Vol.653> Flies for White-spotted char / Pseudo Intruder
今日のBGM : Fatboy Slim / Rockafeller Skank
d0029241_1518169.jpg



僕が最近、十勝川本流用にタイイングするPseudo Intruderのチャートリュース・カラーは、まったくもってリサイクル・フライみたいなものなのかもしれない。
根掛かりでフックポイントが甘くなったり、ゲイプが折れ曲がったりしたフライを自宅に持ち帰えっては、せっせとニッパーや100円ショップで買ったハサミを使って、そんな壊れたフライ達をパーツごとに分解する。
そしてXLサイズのブラスビーズやストリーマー・フックのシャンク達は、しっかりと次のタイイングの際に再利用されていくのだ。
だから、新しく巻き上がったPseudo Intruderはシャンクの長さが微妙に違ったり、アイに関してはダウンであったりストレートであったりなど、まるでさまざまなのだが、基本的に僕が巻くPseudo Intruderはビーズヘッド仕様であるから、サーモンフックなどのアップアイは使わない事が多いかな。


d0029241_1542965.jpg



そんな僕が最近巻くPseudo Intruderに関しては、
(1)トレーラーフックはもっぱらオーナー針のSSW#4。そのシャンクにはテイルとして少量の好みのカラーのマラブーを巻いている。また、トレーラーフックは、ボディとなるシャンクから、それほど距離を離していない。
(2)ボディとなるゲイプ以降が折れ曲がったフックのシャンクには、0.025のリードワイヤーを5~7回転ほどビーズの後ろに巻きつけて、スレッドでしっかりと固定。
(3)シャンク後端から伸びるループには少し張りのあるIntruder LoopのHARDタイプの#6を使用。あらかじめトレーラーフックのアイにIntruder Loopを通したあと、シャンクと平行に
Intruder Loopをスレッドで巻き、余った先端を折り返して、さらにスレッドで巻きこむ。これまでのところこのやり方で、たとえ根掛かりをしてもIntruder Loopが抜けたことはない。
(4)ボディにはお手軽なエッグヤーンやクラフトファーなどを少量切り出し、スレッドに拠りつけダビング。アイスダブなどの少量の光り物のマテリアルをブレンドすると、さらに良いかもしれない。やはり十勝川用としてはチャートリュースが外せないが、オレンジやブラックにピンク、それにオリーブなどもお好みで・・・。いろんな配色を楽しむのも、面白いと思う。
(5)ハックルには片側のファイバーを取り除いたスペイコックを、ファイバーの長い根元側からハックルの裏面が前方を向くようにアイ方向にハックリングする事が多い(ちなみに最初の2,3回転は、後部のボリュームを出す為、巻き留めた同じ位置でハックルを巻いている)。また時にはシンセティックなマテリアルも使ったりする。あとはコパーワイヤーで補強の為にカウンター・リブ。
(6)カラーハックルにはコックフェザントランプや徳用パックのグレーマラードをパラっと巻くが、もしも水中で少しボリューム感を出したい時には、ビーズヘッドのすぐ後ろで、マラブーをほんの数回転ハックリングしたり、オーストリッチを足してみるのもgood。
(7)トッピングとしてアムハーストフェザントやパールのフラッシャブーを加えると、ちょっとしたアクセントになり、アメマスをもしかしたら魅了するかも。

リサイクルして出来上がったPseudo Intruderのサイズは、4XLの#4番のストリーマーフックにタイイングした場合と、おおよそサイズ的には同サイズ程度だろうか。
リサイクルしたドライフライ用のフックを使用すれば、もう少しサイズを小さくする事も可能なのだが、十勝川本流用と考えれば、大体このサイズで問題は無いように思う。

そんなリサイクルされたPseudo Intruder、僕は今週末の十勝川までにあと数本だけ巻いておこうと思っている。


d0029241_16152880.jpg

[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2009-03-03 16:17 | 私的FlyTyingの愉しみ | Comments(2)
Commented by smilly at 2009-03-03 21:39 x
本日のフライ「Pseudo Intruder」参考にさせていただきます。
なるほど、XLのビーズを付けるんですね。
ところで、毎エントリーごとのBGMが気になってしかたないです…
Commented by d-yun5-fly-elise at 2009-03-03 22:56
smillyさん、こんばんは。
あまりにもチープなフライで申し訳ありません。北米が本場のIntruderを、なんとかサイズダウンして、おまけに安価なマテリアルで代用できないかと、色々と試行錯誤しているうちに、このパターンに至った次第です。意外と鱒に好かれるので、なかなか重宝しています。
XLサイズのビーズはTIEMCOの物を使用しています。大きい方が目立つかなと、本流ではもっぱらこのサイズです。
今日のBGMは赤いところをクリックすると、My Spaceという音楽のサイトにリンクしています。いろんなミュージシャンや一般のユーザーが曲をアップロードしていて、無料で視聴出来るんですよ。最近はこのサイトの中でいろいろと検索し、いろんなジャンルのサウンドを楽しませてもらっています。