Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

<Vol.643> Blue colors
d0029241_1865637.jpg

左の2本はサーモン・スティールヘッド・フックの#4
右上は同じくサーモン・スティールヘッド・フックの#6
右下はLOOPのブラス製のボトルチューブ1/2inchに巻いたもの


尻別川では黒にゴールド、それにオレンジ。
十勝川ではチャートリュースにオレンジ、それに黒。
止水域ではもっぱらオリーブに黒などのナチュラル系のカラー。

もちろんイエローや赤、グリーンにピンクも加えるのだが、なぜかパープルやブルーなどの色合いがほとんど見当たらないのが僕のフライボックス。
水中ではその印象が幾分変わるピーコック・ブルーネックは除外したとして、寒色系、中でもブルーという色合いは特にその傾向が強いように思う。

フライショップにところ狭しと陳列してある様々なマテリアルの中でも、やはりブルーという色合いはなかなか見つけることが出来ない色合いの1つなのかもしれない。最近でこそ、カシミアゴートやアークティックランナー、それにフォックステイルやスペイコックなどのマテリアルで見つけることが出来るようになり始めてはいるが・・・。

北米のサイトを見ていると、スティールヘッドのパターンとしてボディやウイング、それにハックルなどにパープルをもちいているフライを見かけることはあるが、イントルーダー・パターンを除いて、ウイングにブルーをもちいているウエット・パターンは僕が知る限り少ないように感じる。
でも、以前購入した「WETS」という雑誌には、ブルーのGPもイエローやチャートリュース、それにパープルのGPに混じって写真の中に出ていた事だから、案外スティールヘッドには好かれるカラーなのかもしれない。
最近は道北のイトウにブルーなどの色合いをブレンドしたカシミアゴートを使う友人もいるから、もしかしたら意外と本流でもレインボーに好かれるのかもと思ってしまう(ティペットの先に結ぶのには、かなり勇気がいるかもしれないが・・・)。

そんな訳で、最近テムズで店長さんからお借りした「ART OF ANGLING JOURNAL」という写真のひときわ美しいフライフィッシングの洋書をうっとりと眺めながら、アトランティック・サーモンのパターンを参考に、レシピのアークティックランナーよりも少しは安価なフォックステイルのブルーをメインにあしらってフライを何本か巻いてみた。

さて、いざフライは巻いてみたものの、フィールドで実際にティペットの先にこれらのブルーのフライを結ぶ勇気というか潔さが僕にあるかの方が、何よりの課題のような気がするが・・・。


今日のBGM : Melody Gardot / Goodnite


[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2009-01-17 19:11 | 私的FlyTyingの愉しみ | Comments(4)
Commented by キクちゃん at 2009-01-18 07:49 x
Yunさんおはようございます
自分も『WETS』を見てブルーのフライは巻いていました、海外ではスティ-ルによく効く色みたいですね、自分が巻いたのはGP風ですが、ウイングにアムハーストを青く染めて使いました、川で何回か使ってはいますが・・・です
ブル-のフライ、ティペットに結ぶ勇気の次は使い続ける勇気でしょうか・・・?釣れそうなんですけどね~


Commented by d-yun5-fly-elise at 2009-01-18 21:47
キクちゃんさん、こんばんは。
確かに使い続ける勇気も必要かもしれませんね。
私は数投して何も起こらなければ、やはり好かれなかったかと、フライを取り替えてしまうかもしれません。ブルーは好きな色なんですが、やはりなかなか自信が持てないようです。
今日は尻別川に行ってきました。
放水口エリアでは釣り人の踏み跡も見つけられませんでしたが、栄橋の下で、アベレージサイズのアメマスが顔を出してくれました。
目名川の合流付近にも行きましたが、なかなか良い雰囲気ですね。
チャンスがあれば、またゆっくりとフライを流してみたいところです。
Commented by daisaku613 at 2009-01-29 17:54
こんばんわ。
僕は意外とブルー系のフライ好きです。
ブルーとピーコックの組み合わせで幸運が訪れたこともあったので。
でも、ブルーのウィングをもったウェットフライは少ないですね。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2009-01-29 22:45
daisakuさん、こんばんは。お久しぶりです。
ブルーのウイングをあしらったウエットフライって、確かに少ないですよね。私の場合、ハックルは別として、ブルーのウイングでまず最初にイメージするのは、アクアマリンぐらいです。でも、ブルーとピーコックの組み合わせというのも、なかなか良いかもしれませんね。
以前ルアーフィッシングを楽しんでいた時、湖ではよくブルーとシルバーのチヌークを使いました。きっとウエットフライでも、このカラーは面白いと思うのですが・・・。でも、北海道の本流では、海からの遡上魚に好かれてしまうかもしれません。