Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

<Vol.598> Yellow flower
d0029241_21332970.jpg



黄色い花弁の美しい花。
そんな花がたった2輪だけ小雨が降る十勝川の川岸でひっそりと咲いていた。
今年になって訪れ始めた夏の十勝川。
広がる川原には赤紫や薄いピンク、それに藤色、白、黄色といった様々な色合いの名も知れぬ花が咲いているのだけれども、なぜかこの黄色い花弁の花を僕が見たのははじめてだったような気がする。
午後の小雨が降る十勝川の川原で、この花は周囲の中で一際目立つように咲いていた。
そんな黄色い花弁の花を見つめながら、僕は僕が巻くフライのことについて考えていた。
なぜそんなことを考えたのかは分からない、でも僕が頭の中でこれまでに巻いた無数のフライ達の事について考えていた事はまぎれもない事実だったりもする。


僕はたいていの場合フィールドに足を運ぶ前日の夜に何本かのフライを巻き足す事が多い。
プラスティックやアルミ製のフライボックスをおもむろに開けると、そこには明日の釣りにはまったく事欠かないぐらいのフライ達が並んでいるのだけれども、僕の心理的な強迫性というか、ある種の屈折した用心深さのようなものが災いして、ついつい同じ様なフライを巻き足してしまいがちなのである。でも、この行為はある意味僕の不安や過度の期待を鎮める効果もあるようだから、もちろんすべてを否定しているつもりもない。
そんな僕はフライボックスに並んだ、それぞれに気持ちを込めて巻いたフライ達を眺めながら、時々ふと思うことがある。
色といい、形といいほとんど同じで差異のないフライ達、でもそれぞれ一つ一つはすべて異なった運命を辿るのではないのだろうかって。
あるものはもしかしたら上手く大きな鱒を魅了して、僕のお気に入りの木製のフライボックスに記念として収まる事もあるだろうし、あるものは僕がフライボックスから取り出した後、たまたま不注意でアイにティペットを通される事もなく手の平からポロっと滑り落ちて、そのまま川底に沈んでいくものもあったりする。またあるものは対岸に向けてキャストした時にちょっと距離を出し過ぎて、そのまま対岸に木の枝にイヤリングのようにぶら下がったままになったりするのもあるし、それにあるものは一度も鱒に出会うこともなく対岸の沈み石にガッチリとくい込んで、そのまま川底のゴミと化す事もあるかもしれない。でも不思議と、それは僕が本流でいつも2.5号のフロロカーボンをティペットに使うからなのかもしれないが、記憶の中では一度たりとも大きな鱒と共にラインブレイクというものを経験していないと思う。
フックのゲイプが伸びて、何度もフォーセップでフックの曲がりを修正している内に、いつの間にかゲイプの途中でフックが折れてしまっていたり、根掛りを繰り返して曲がったポイントをシャープナーで砥いでいるうちに、どんどんとポイントが短くなったフライなど、本当にそれぞれのフライが辿る運命というものは様々なのである。

それにしてもどうしてこんなことを考えたのだろうか。
それは十勝の川原で見た黄色い花弁の花が僕にそうさせたのかもしれないし、もしかしたら湿度の高い十勝川の不快指数が僕にそうさせたのかもしれないのだけれども、結局のところ最後まで僕にはどうしてそんな心境になったのかわからなかったのだ。


d0029241_2228594.jpg

[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2008-08-04 22:37 | slow fishing | Comments(11)
Commented by Masaki_S at 2008-08-05 11:12 x
凄く気合を込めて巻いたフライでも、一度も使われていないものもあったりしますよね・・・
と言うかフライボックスの半分くらいはそんな気が(汗

僕の場合は、雑誌やタイイングの本を読んでいるとあれこれ巻きたくなるタイプです。
でも、いざバイスの前に座ると、
まずは巻き慣れた物、例えばアントやスティミレーターばかりを作ってしまって、一向にレパートリーが増えません。
そして現場で結ぶのも、実績のあるパターンばかりで、結局減るものが一緒 → 以下 繰り返し(笑

注文していたシマノの14ft #8が3日にやっと届いたので、これからはウェットやストリーマーにも挑戦しようかと、かなり上向き気分です♪
あとキャスティングの練習もしないと!
Commented by tokyo_terry at 2008-08-05 21:30
Yunさん、こんばんわ!!
ボクの毛鉤も一度も鱒の口元に掛かるコトもなくその生涯(?)を終える運命を持った毛鉤がいます。木々に掛かってしまったり、水中の岩と同化してしまったり・・・手の届く範囲のものは回収するようにしていますが、やはり全てを回収するコトはできません。このエントリーを拝読して、もっとキャスティングの精度と釣りをしている時の周りの状況の観察などもしっかりとしなくちゃ・・・と感じました。
ところで、何故なんでしょうね、釣りの前にボックスの中に充分用意されている毛鉤も巻きたくなってしまうのって(笑)きっと、何度かその毛鉤に助けられたコトがあったりするからなんでしょうかね(笑)
Commented at 2008-08-05 21:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by こるとれーんtone at 2008-08-05 21:51 x
おばんです. YUNさんの少しうつむきがちな部分はあたたかいですね。
私も多めに造った上に出かける前にもう少し造っています。
当たりフライじゃなかったりすると余ってしまうんですが^^。
支笏湖のトラップの件、さらに連絡入りそうですので分かり次第、追って
お伝えします.  2回にわけて長く書いてしまいました.
ごめんなさいね.
Commented by jock at 2008-08-05 22:28 x
YUNさんこんばんは。
ネットサーフィン中に、こんな記事見つけちゃいました。
ttp://plaza.rakuten.co.jp/yamabekai/diary/200807180000/#comment
千歳川で道南の悲劇が繰り返されようとしてるみたいです。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2008-08-05 23:52
Masaki_Sさん、こんばんは。
お久しぶりです。お元気だったでしょうか。
私もMasaki_Sさんのことは何も言えません。
私の場合、気合いはそこそこですが、きっとこのフライならと思いつつも、やはり一度もティペットに結ばれる事もなくフライボックスに鎮座しているフライが半数以上を占めているでしょうか。
時にはフックやビーズをビーズを再利用する事もありますが、ほとんどがそのままのような気がしています。
おまけに巻くフライはいつも同じ様なものばかり。バリエーションが一向に増えません。
おまけにイマジネーションは貧困で、いつも雑誌やネットの写真からインスピレーションを戴いております。
それにしてもオリジナルのフライを巻くのってなかなか難しいですよね。
とうとう新しいツーハンドロッドが届きましたか。
なかなか良いスペックですね。きっとオールマイティに使えるロッドなのでしょう。
当方、しばらくはロッドを新調出来ない予感がしております。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2008-08-06 00:00
terryさん、こんばんは。
私の釣りのスタイルの場合、根掛かりは避けられないのですが、出来ればサカナに関係がない所だけにはフライを吊り下げたくないと思っています。人にも鳥にも危険ですからね。
私のフライボックスにも同じ色のサイズ違いがたくさん並んでいます。きっとこんな状況ですから他のフライが減らないんでしょうね。でもフライが減るということはほとんどの場合根掛りで無くすというのを意味しているので、ちょっと考えものでもあるのですが・・・。
もしかしたら、きっととっておきの場所で一番信頼しているとっておきのフライが無いという状況に巡りあった事があるからなのかもしれませんよ。あくまでも想像ですが・・・。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2008-08-06 00:38
こるとさん、こんばんは。
支笏湖トラップのインフォメーション、ありがとうございます。
モニタリング生態調査という名目の上での、本当の目的はブラウンの駆除なのでしょうね。
様々な問題をはらんでいるので、なかなか方向性を見つけるのが難しい問題ですが、すべてが釣り人を含めた人間の営利性の側で方向付けられているように思います。生態系では難しい事なのかもしれませんが、共存する事が出来ないのかと常々思うことがあります。
(P.S.この件についてはコメントがなかなか難しいですが、非公開にされなくても結構ですよ。)
こるとさんの当たりフライじゃないフライ、是非ともおすそ分けしていただきたい次第です。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2008-08-06 00:41
jockさん、こんばんは。
教えて頂いたアドレス、最初にhが抜けていたようですよ。
そういえば最初に千歳川で出会った鱒が小さなブラウンでした。初めて見る朱点の美しさにドキッとしたのが思い出されました。
Commented by jock at 2008-08-06 01:24 x
直リンク貼るのも如何かと思いまして、h抜きで貼りました(笑

そのうち支笏湖にも飛び火しそうですね。
まあエリアが広くて完全駆除なんて無理な話でしょうが、人間の都合で害魚のレッテル貼られた魚が可哀相です。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2008-08-06 20:22
jockさん、御配慮ありがとうございました。
仰る通りですね。
害魚と呼ばれるのは、あくまでも人間側の都合ですからね。
私は害魚の話になると、いつもヨーロッパのの移民問題を連想してしまいます。