Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
全体
spey fishing
Custom Spey Rod
私的北海道のスペイ考
私的FlyTyingの愉しみ
slow fishing
fishing goods
salmon fishing
fly fishing
movie
cicada fly
my lotus elise
picture/photo/image
liquor
belgian beer
music
film
雑記
Used Tackle
以前の記事
2017年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

<Vol.35>バーブレスとハンディ
 バシャ、バゴッ、グゥンなどの合図とともに鱒と僕とのスリリングな駆け引きが始まると、僕はいつも鱒にハンディをつけてもらっているなと思ってしまう。別に鱒から僕にハンディを付けてくれている訳ではなく、ただ単に僕がそう思っているだけなんだけれども。
 
 つまり、フライフックにバーブがついていること自体が、僕にはハンディをもらっている様に感じてしまう。

 僕は、基本的に管理釣場などでしかバーブレスのフライを使わない。多分、僕の中で、我慢の末にやっとフライに出た大きな鱒を逃がしたくないという気持ちが強いからだと思う。いくら釣り雑誌などで、バーブレスでも特に問題ないという記事や広告を見ても、どうしても信用する気になれないし、ましてや使う気になんて・・・。

 Fly fishingを始めて、まだキャスティングもままならなかった頃、支笏湖に練習がてら釣りに行った。10番ぐらいの大きめのカディスを結んでキャスティング。そろそろシュートという時、右腕にパシッと衝撃を感じた。エッと思って右腕を見ると、僕のカディスが腕まくりした右腕にとまっていた。痛いという感覚はなく、痺れしか感じなかった。フックは右腕に刺さりこみ、いくら引っ張っても抜けない。仕方がないのでリーダーを切った後、フライをつまんで、もう一度腕に刺し込んで、フックの先を皮膚の外に出し、フォーセップでバーブを潰して引き抜いた。
 昔ルアーをやっていた頃、友人と朱鞠内湖に行こうという事になった。友人が根掛りが多いからトリプルフックをシングルフックに変えたいというので見ていたら、交換しようとしていたシングルフックが友人の親指の爪の根元の辺りにグサッと刺さった。そのときもいくらやっても取れず、救急外来に直行することになった。おそらく、バーブレスにしていれば、それほど大きな事にはならなかったと思う。

 なんとかランディング出来た鱒からフライを外すとき、どうしてもバーブの部分が鱒の傷口の組織を傷めたり、広げているんじゃないかと思う。人だって、傷口が綺麗な方が傷が治りやすいし感染も起こしにくいからね。

 僕の釣り仲間の一人に、フライを巻くときバイスにフックを挟んだ時点でバーブを潰すというIさんがいる。最初にその話を聞いた時は、本当に、そんな人がいるんだと驚いた。彼はいつもの事だし、慣れみたいなものですよと言う。僕にはとうてい真似出来ない。時々、バーブを潰そうと思う時もあるが、僕のどうしても大きな鱒をキャッチしたいという欲望が強くて、なかなか行動に移せないでいる。
 でも、そろそろ本当に行動に移さなければいけない時に来ているように思う。僕の中での鱒に付けてもらったハンディを元に戻して、対等な駆け引きを始める時が。それに、ちょっとは鱒に与えるダメージも小さいだろうしね。

 こんな事を書きながらも、頭の中ではまだ迷っているというのが本音。
 分かっているけど、大きな鱒を逃したくないよねと囁くもう一人の素直な僕がいる。

今日のBGM:LAIBACH/NOVA AKROPOLA
[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2005-05-20 22:25 | fly fishing | Comments(10)
Commented by ムラ at 2005-05-21 17:45 x
Yunさん、こんにちは。
先日の釣り。前のめったおかげで、わたし第一投目から自分を釣りました。よりによってランディングネットです。そして、バーブがあってとれませんでした。Higeさんにとってもらった次第です(笑)
言い訳がましいですが、最近はバーブつぶしてたんですよ。本当に。
何でかというと、大きい鱒を「絶対に」逃したくないからです(笑)でも、ついてるじゃないかってね(笑)
バーブがないほうがフッキングがいいと思ってます。思い込んでます。
で、最近は徐々にSPポイントBLフックに移行中。でも、これ大きいフックはバーブつきなんですよね。
これって、やっぱり需要と供給の関係なんでしょうかね?
Commented by d-yun5-fly-elise at 2005-05-21 18:15
ムラさん、こんにちは。こんな時間にコメントくださるということは、今日は釣りに行かれなかったんですか?そういう僕は、現在仕事中で、今晩は泊まりです(笑)。
ランディングネット、釣ったんですか?それ、僕も時々やりますよ。本当にとれないですよね。
風に強い日、キャスティングがボロボロになって、時々ベストの後ろにフライがヒットすることがあります。あれって、なかなか取れなくて、ウェーディングなんかしてると、いちいち岸に上がらなくてはいけなくて、大変なことがありますよね。
バーブレスの方が、やっぱりフッキングが良いんですか?
僕も、バーブレスに本格的に移行しようかな?
もし、大きな鱒がファイト中にバレても、バーブレスだったからねと自分に言い訳できますものね(笑)。バレたらバレたで、その鱒との出会いは、そこまでなんだったと思えるようになりたいです。
SPポイントBLフックって、大きいフックにはバーブが付いているんですか?それは知りませんでした。
そういえば、サーモンフックのバーブレスって聞いた事がありませんよね。アトランティック・サーモンなど、向こうの釣りでは、キープすることが前提だからでしょうか。
Commented by 鋼頭鱒 at 2005-05-21 18:38 x
Yunさんこんにちは。これから書くことは、Yunさんを非常に不愉快な気分にさせるかも知れません(笑)その時は遠慮なく削除を。文が長くなったので二つにします(笑)
まずはプロローグ
私はフライを始めたのも初歩を教えてくれた師匠は別にして、殆ど独学でした。したがってキャスティングは今でもその名残があって独特かも知れません。周囲の木や草は当然としてもムラさん同様に、背中やネット、帽子、指、時には耳まで釣りました。バーブの存在を意識したことはなかったのですが、一人の釣行時これを取るためにはいちいち脱いで・・・これには怒りも含めて罵声を浴びせていました、自分に。
Commented by 鋼頭鱒 at 2005-05-21 18:39 x
エピローグ
大阪で別な尊敬できるショップのオーナーと知り合い、その話題のかなにバーブレスの話も出てきました。もちろん私の悩みとは別な問題としてですが。その時に気になったのは、店主が言った洒落た一言でした「ライズの真っ只中で、沢山釣りたいときに、バーブなんか付いていたら、釣にならへんで!」
私も冗談とは思っていたこの事実を阿寒湖や音別川など道東でしっかり味わいました。いちいちバーブが引っかかってフォーセップやなにやら使うも「もどかしさ」と、そのときの鱒の出血や、ダメージ。ようやくTMCでも主要なフライにはバーブレスBLが出来ています。今ではこれらを100本箱で買い求めている私です。ちなみに私のバーブレス度はソルト、フレッシュ全てバーブレス100%です。

1本を大事にするためにバーブがある、多くの鱒を釣るためにバーブレスがある・・・Yunさんもきっとバーブレスになるでしょう(笑)
Commented by ムラ at 2005-05-21 18:39 x
Yunさん、泊まりでお仕事ですか、ご苦労様です。
フックのこと、紛らわしく書きました。スイマセン。SPポイントのBLは型がおなじなら全部BLでした。ただし、ドライで6番、ニンフのフック10番まででした。それで、サーモンフックとか、ウエットのフックとかはSPなんだけどバーブ付いてんですね。
そう、イギリスなんかじゃサーモン釣りはキャッチアンドキルなんですってね。最近知りました。だから、バーブ付いてんですかね。トレブルフックも当たり前のようですし。
Commented by Masaki_S at 2005-05-21 18:52 x
キャッチアンドリリースにはバーブレスが確かに有効と言うか、
リリースされた魚の生存率は上がると言う実験結果を聞いた事があります。
そんな訳でその魚が次に、また、釣れてくれる事を期待してバーブレス派です。
← あわよくば根性とも言う・・・
あと僕も小学生の時に、海釣りをしていて友人を釣った経験があるので、バーブレス派かな(^^;

でもバーブレスが外れ易いのも事実で、これは人類の狩りの歴史を見れば明らかなわけで(笑

わざわざ生餌でなくFlyを付けて釣るのがFlyfisherなら、
バーブレスの外れ易さも腕でカバーするのが、Flyfisherでしょう~
とカッコ付けるのがFlyだ!と自分に言い聞かせています(笑

P.S.
でもバーブ有りのFlyも携帯しています(汁
Commented by Masaki_S at 2005-05-21 18:56 x
>鋼頭鱒さん
「ライズの真っ只中で、沢山釣りたいときに、バーブなんか付いていたら、釣にならへんで!」
カッコいい!
明日から使わせて頂きます(笑
Commented by d-yun5-fly-elise at 2005-05-21 19:35
鋼頭鱒さん、いい話聞かせてもらいました(笑)。それにしても、大阪のショップのオーナーさん、なかなか粋ですね。
こういうテーマで書くこと自体、僕の中でのバーブレスへの転向のターニングポイントなんでしょうね。明日からは、フライを結んだ後、バーブを潰してから、キャスティングを始めようと思います(笑)。
「1本を大事にするためにバーブがある、多くの鱒を釣るためにバーブレスがある」なかなかのフレーズですね。
僕は、やっぱり多くの鱒を釣りたい派ですね(笑)

Commented by d-yun5-fly-elise at 2005-05-21 19:40
ムラさん、説明有難う御座います。SPポイントのBLフックについては、今度ショップでじっくり、脇の下に汗をかきながら、チェックしてみますね(笑)。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2005-05-21 19:47
Masaki_Sさん、こんばんわ。
「わざわざ生餌でなくFlyを付けて釣るのがFlyfisherなら、
バーブレスの外れ易さも腕でカバーするのが、Flyfisherでしょう~
とカッコ付けるのがFlyだ!」なかなか、格好いいですよ。僕は、外れ易さをカバーする腕はありませんが、これからは、バーブレスでいってみますね(笑)。