Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
全体
spey fishing
Custom Spey Rod
私的北海道のスペイ考
私的FlyTyingの愉しみ
slow fishing
fishing goods
salmon fishing
fly fishing
movie
cicada fly
my lotus elise
picture/photo/image
liquor
belgian beer
music
film
雑記
Used Tackle
以前の記事
2017年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

<Vol.494> Broken memory
今日のBGM : Piano Magic / Love and music
d0029241_20162710.jpg



風化していく遺物。
それはまさしく知床の海岸に横たわっていた。
知床の夏ゼミの鳴く青空の下で。

きっと何か機械仕掛けの部品の一部なのだろう。
最初はオイルまみれの黒くて鈍い光沢を発するものだったはずだ。
でもそれは知床の波風にさらされ、時間の経過共に風化し、錆付き、朽ち果てていく。
もしかしたら僕らが去年まで泊っていた、かれこれ数年に渡る仲間達との様々な思い出が詰まった番屋も、いずれそうなる運命なのかもしれない。


d0029241_20302279.jpg



話には聞いていたけれど、実際にこの目でその光景を見ると正直ショックだった。というよりも何かしら物寂しいものがじんわりと僕の胸の内で湧き上がってきたのは確かな事だと思う。
もしかしたら子供の頃生まれ育った家が、久しぶりに訪れてみると、跡形もなく消え去っていたような気分に似ているのかもしれない。

去年の秋、知床を通過した低気圧による高波で、僕らがいつも利用していた小さな2階建ての番屋が壊れてしまっていた。番屋の主に尋ねてみると、どうやらもう利用する事は出来ないし、建て直す予定もないそうだ。

バタン、バタン、バタン。
僕が恐る恐る近づいてみると、崩れた屋根から垂れ下がったトタン板が風に吹かれて柱にぶつかりながら時を刻むかのように物悲しい音を立てていたんだ。

でも、たとえ使い慣れた番屋が自然の強大な力で脆く崩れ去ろうとも、これまでに友人達と過ごした幾年にも渡る番屋での記憶だけは、これからどんなに時間が経とうとも、色褪せたり朽ち果てて欲しくないものだと思う。


d0029241_20512100.jpg

[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2007-08-30 20:53 | slow fishing | Comments(8)
Commented by ツララ at 2007-08-30 23:33 x
始めまして!ツララと言います。
ボクも鼻に行ってました。
Yunさん達が着いてチョットしたら帰りましたが。
Yunさん達は本当にニヤニヤニコニコしてましたねー!
チョット怪しい感じがしてました(笑
思い切って話かければ良かったな!
Commented by d-yun5-fly-elise at 2007-08-31 19:28
ツララさん、こんばんは。こちらこそ、初めまして。
コメント、ありがとうございました。
ツララさんも、ペキンの鼻に行っておられたのですね。私たちは、ちょうど25日の朝に上陸しました。DOLLY VARDENの下山さん達のグループともちょうど入れ違いだったんですよ。もしかして一緒に番屋に泊まられていたのでしょうか?結構な大人数でしたね(笑)。
見られたしましましたか。本当にニヤついていたんだと思います。
これまでに悪天候で何度か渡れなかった事があったので、やはりあの独特の雰囲気のある辺境の地に立てるだけで、なぜか感無量なのですよ(笑)。渡船の最中に仲間内でニヤニヤしていたら罰金100円ということにしていたんですがね。
今度是非お会いしたときは遠慮なく声を掛けて下さい。楽しみにしております。
お互いに良い釣りが出来ますように。
Commented by ゆっきぃ at 2007-08-31 21:44 x
yunさん、ご無沙汰しております。
噂には聞いていましたが、『熊番屋』崩壊していたんですね。
画像で見るとショックでした。
僕も何度か泊まり、下山さんと一緒の時もあって思い入れのある
ポイントでした。来年こそは自分の目で確かめに行きたいのですが・・・。
Commented by shallow9 at 2007-09-01 02:05
ご無沙汰してます yunさん。
いつも、ブログは拝見させてもらってます。
違ったら大変失礼なのですが、今日の午後、植物園近くのショップもしくは界隈にいらっしゃいませんでした?
違っていたらすいませんm(_ _)m

ぜんぜん釣りい行けてません(泣
いつも、yunさんのブログで行った気になってます(笑
Commented by d-yun5-fly-elise at 2007-09-01 11:11
ゆっきぃさん、こんにちは。こちらこそ、ご無沙汰しておりました。
今年の春に下山さんのショップで熊番屋が壊れた話を聞いたときは、直ぐには信じられませんでしたが、漁師さんが携帯で撮った写真を見せてもらった時は、正直ショックでした。そして先週、実際にペキンの鼻で壊れた番屋を見た時には、大事にしていた秘密基地(子供の頃、作りませんでしたか?)が、壊れてしまっていたような気分でしたね。
今回は熊の穴には立ち寄りませんでしたが、熊の穴の御主人はお元気なのでしょうか?噂では、モイレウシまでの渡船はまだやっているとのことです。

そろそろ、今年もオホーツクのサーモンの季節ですね。
またオホーツクに地でお会い出来るのを楽しみにしております。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2007-09-01 11:16
shallow9さん、こんにちは。こちらこそ、ご無沙汰しておりました。
お元気でしたでしょうか。お仕事がお忙しいようですね。

見られてしまいましたか(笑)。仕事帰りにエリーゼでテムズに立ち寄っておりました。
今年のサーモンの季節には積丹界隈でお会い出来るといいですね。
Commented by ゆっきぃ at 2007-09-02 20:38 x
yunさん。 本日から東京の友人達が、ペキン入りしている筈です。
熊のご主人はペキンまで行きたがらないんですよね。
毎回頼み込んで、連れて行ってもらってました。
7〜8年程前になるでしょうか、ペキンのまだ先の「男滝」「女滝」の景観の素晴らしさは忘れられません。
『OSJ』の季節になりましたね。16日位にはオホーツク入りの予定です。また御一緒出来る事を楽しみにしています。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2007-09-02 22:51
ゆっきぃさん、こんばんは。
御友人の方達、今日はペキンの鼻でしたか。
私達は今日、オホーツクのプレ「OSJ」のフィールドに立っておりました(笑)。今年もOSJではお会い出来そうですね。御一緒出来るのを楽しみにしております。
熊の穴の御主人、船の操船があまり得意ではないようで、モイレウシから先が荒れると番屋から帰る予定に日にも迎えに来てくれません(笑)。まあ、日程的にも余裕を持ったスケジュールで番屋に泊まっているので何とかなるんですが、実は迎えが来なくて何度か延泊することになった経験があるんですよ。
私はペキンの鼻から先に渡船した事がないのですが、きっと素晴らしい景観なのでしょうね。