Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

<Vol.484> バロメーター
d0029241_18233081.jpg
                  original photo by Mr.SHU
相変わらず悪い癖がなかなか直らなくって、キャスト後に右肘が伸びている。
右腕だけでラインをメンディングしようとする悪い癖もそうだけれど、どおりで最近ほんの少しだけれど右肘をグッと伸ばすと痛いわけだ。


  Rod : Winston Derek Brown Favorite 15ft 7/8
  Reel : Hardy Marquis Salmon No.2
  Line : Rio Windcutter 8/9/10

このタックルの組み合わせが、僕が尻別川を訪れた際のお気に入り。
そう、雪代による増水時期以外は、ほとんど毎回この組み合わせで尻別川の畔に佇む。

同じタックルでも、スペイキャストが不思議と上手くいく日もあれば、溜息が途切れる事がないぐらいに全然タイミングが合わない日もあって、まぁ、なんてことはない。スペイビギナーの僕にとっては当然のことかもしれないとも思ったりする。

でも、実は物理的に何も変わらないものがある。
それは、つまり僕のお気に入りのタックルを組み合わせた総重量だ。
これだけは、その日のスペイキャストの調子にかかわらず、相対的に何も変わらない。

ロッドソックスからロッドを慎重に取り出し1本ずつ丁寧に繋いでいく。そして透明のビニールテープでしっかりとテーピング。きちんとガイドが綺麗に一直線に並んでいるのを確認したら、リールシートにスペイラインを巻き込んだリールをセットする。
そんなお気に入りのタックルを両手に持って流れに佇み、しっかりと本流の様子を確認した後、その日のスペイキャストを開始する訳だけれど、第1投目からその日のタックルがずっしりと両腕を通して重いなぁ感じたりする日もあれば、意外とタックルの重さにそれほどとらわれずにキャストを続けられる日もある。
重さに対する感覚というものは、出会った鱒の目測の大きさもそうだけれど、案外自分が思っているよりも不確かなものであり、その日の体調や気分に随分と左右されるものだと思う。
僕の場合、タックルの重さがそれほど気にならない日には、意外とキャストのタイミングが上手く合うことが多くて、その分鱒釣りにも集中出来るのだけれど、タックルが重いと感じられる日においては、スペイキャストのタイミングもリズムもボロボロ、おまけに釣りの方にもなかなか集中すら出来ない始末なのである。

両腕を通じて感じるタックルの重さ、これってもしかしたらその日の体調や気分を占うバロメータのようなものなのかもしれない。
次回の本流釣行、それはいつの日になるか分からないけれど、タックルの準備を済ませたら、お気に入りのスペイロッドを両手で持って、その日の体調と気分にそっと耳を傾けてみようと思う。川のせせらぎが奏でる音色にそっと耳を近づけるように。


今日のBGM : OMD(Orchestral Manoeuvres in the Dark) / Statues
                                       / She's leaving
                                       / Tesla girls

[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2007-07-27 20:43 | slow fishing | Comments(8)
Commented by tommy at 2007-07-28 11:30 x
yunさん、おはようございます。

決して他人にアドバイス出来る様な技術は持ってないんですが・・・

シュートの際、上手が伸びきる・・・別な言い方をすれば、ロッドを
倒してシュートする、と考えるならば、一概に悪い癖とはいえないかも
知れません。
何故ならロッドのアクションも関係してくるからです。
または、合わせるラインによってもです。

ウインストンのこのモデルは振ったことは無いので、勿論断言は出来ませんが、自分の経験から思ったことがあります。

伝統的な、バットが曲がりやすい竿に重めのラインを乗せた時に、
シュート時高い位置でポジティブロッドストップをすると
オーバーヘッドで言う、テイリング気味になったりした経験があります。
ですからそれを避けるために、水平近くまで倒してシュートしていました。
その場合のライン軌道は、必然的にロールキャストのような、水面を低空飛行で飛んでいきます。


Commented by tommy at 2007-07-28 11:40 x
続き・・・
そのようなフルパラボリックな竿を使い、
写真のような、流れの速い瀬をスペイで釣る際、自分は
ラインを軽くしています。
流れによって、充分竿がロードするからです。
具体的には、13.3ft#6/7/8のspeytrackerに普通のDT-7F+
シンキングリーダーです(笑)
この竿もバットが良く曲がるので、ミッドスペイ#8/9を通す際はチェンジティップを取っ払って、軽くしたりもします。
ライン重量はあくまでも参考程度で、鵜呑みにするのは危険だと考えています。(これはヘッドでも同じです)

長々とすいませんです。
Commented by tokyo_terry at 2007-07-29 20:29
Yunさん、こんばんわ!!
自分で組み上げたスペイロッドとスペイライン・・・全然使ってない・・・先月の初旬に岡田裕師さんからスペイの基本を教えていただいたのに、二ヵ月ほどスペイキャストをしていません。っていうか、ボクの場合はスペイとは呼べないほどのキャストなんですが(汗)渓流シーズン真っ盛りで、ついつい軽い番手のシングルハンドの釣りばかりしてます。
でも、シングルハンドでもあるんですよね。キャストのタイミングと自分自身のコンディションを計るバロメーターのようなものが。
最後の言葉・・・“川のせせらぎが奏でる音色”はどうでしたか?気持ちよいサウンドが響くとイイですね。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2007-07-31 21:06
tommyさん、こんばんは。
コメントへの返事が遅れて申し訳ありませんでした。
少々の間、ネット環境から離れておりました・・・夏期休暇を利用して、暑い関西に帰省していた次第です(笑)。
アドバイス、ありがとうございます。tommyさんの仰っている事、実践的にも良く分かりますよ(笑)。
このラインは、Rio社の古いスペイライン推奨表を参考に合わせたものですが、ちょっとこのロッドには重いかもしれません。もう1番手下げても良いかなぁとも思っております。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2007-07-31 21:07
続きです。

スペイ・ビギナーの私の場合、アンカーからフォワードキャストに移行する際、しっかりとロッドに負荷が掛けられない為なのでしょうか、どうしてバットを曲げるために腕を伸ばしきってロッドを下げてしまうというか倒してしまうようです(後半は力を抜いてはいるのですが・・・)。ラインは低空飛行するのですが、ちゃんとターンオーバーせずに水面に鋭角的にバシャっと突き刺さったりもします(笑)。ロッドを高い位置で急激にストップさせると、いわゆるテーリング気味になるのっていうのも実感的に良く分かります。でも、時々上手い具合に力が抜けてフォローキャストできると、良い感じに高い位置でターンオーバー出来て着水音も静かな時があるんですよ。
tommyさんの実践的なアドバイス、本当にありがとうございました。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2007-07-31 21:20
terryさん、こんばんは。
かなり返事が遅れてしまいました。申し訳ありません。
実家のある京都も北海道に比べると暑かったですが、きっとterryさんがお住まいの名古屋も暑いのでしょうね(笑)。
キャストのタイミングと自分自身のコンディション、きっと相関関係があるのでしょう。私の場合は調子が悪いと、キャストのタイミングというかリズムがついつい速くなってしまいます(笑)。
そうでしたか。terryさんが御自身で組み上げられたスペイロッド、あまりキャストする機会がありませんでしたか。確かにそちらは渓流シーズン真っ盛りですものね(笑)。やはり秋には北の大地で、練習かつ実釣といくしかないようですね。こちらに来られるのを首を長くして、お待ちしております。
Commented by daisaku613 at 2007-08-01 20:25
こんばんわ。
ご実家は京都ですか。京都の夏は特別暑いですね。
僕も京都で働いているので・・・。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2007-08-03 22:15
daisakuさん、こんばんは。
daisakuさんは、関西にお住まいでしたよね。
京都はほんまに暑いです(笑)。実は3年ぶりの帰省でした。
大学で北海道に来るまではずっと京都だったのですが、すっかり北海道の気候に身体が馴染んでいるせいか、夏に帰省すると暑さでさすがにグッタリです。おまけに実家のある洛北地区もすっかり開発が進んでしまったようで昔の面影も減り、ちょっと寂しくなってしまいました。