Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

<Vol.480> 迷い
d0029241_18562185.jpg



釣り師と迷い。
それは、いつも隣り合わせのようなものであり、切っても切り離せないものである。


釣り師は迷う。
スペイキャストの釣り師も迷う。
そして、僕も迷う。

足を運ぶフィールドに選択するエリア、そして佇むポイント。
もちろんロッドの選択にも迷うし、どのラインを巻き込んだリールにするかにも迷う。
そのうえ、ポイントによってシンクティップのシンクレートの選択にも迷う。
でも、一番迷うのはどのフライをティペットの先に結ぶかだろうか。

友人は言う、
「Yunさんは、フライの選択に迷いがなくって良いよね」、と。
確かにそうかもしれない。
なにせ、僕がフィールドに着いて真っ先にティペットの先に結ぶのは、8番フックに巻いたビースヘッドに金黒シェニールのウーリーだからね。

ヘビーウェイト仕様のこのフライ、本流や湖の鱒にはかなりウケが良いようで、僕の中ではある意味パイロット的な役割を果たすフライのような存在であったりする。
もちろん幾つかのバリエーションはあるのだけれども、やっぱり僕の中では一番信頼のおけるフライなのであり、だから、僕はフィールドを目の前にして少しでも不安を減らすというか迷いを払拭するために、このフライをまず手にとって真っ先にティペットの先に結ぶのかもしれない。

そんな訳で、僕のヨレヨレというか革の艶をほとんど失ったようなガサガサの手触りがちょっと物悲しさや哀愁を感じさせるホイットレーのフライワレットを開くと、半分はこのビーズヘッドの黒いウーリーがところ狭しと並んでいる。いや、このフライで埋め尽くされているといった方が正しい表現だろう。もちろん残りの半分のスペースには、あまり使われることがなく、いつ巻いたのさえ定かではないウェットフライが並んでいるのだが・・・。
でも、時々何かの拍子にふと思うことがあるんだ。本当にこれで良いのかって。
もしかしたら僕はフィールドを目の前にして、「さてどのフライにしようか」と、フライの選択を迷うという、いくつもあるフライフィッシングの愉しみの要素の中の大きな一つを、台無しにしているんじゃないかということをである。

そんな訳で、昨夜はスペイフックやウェットフック、それにアルミチューブを使い、幾つかの黒いウーリーじゃないフライを巻いてみて、フライワレットの残り半分の隙間を埋めてみた。
今度フィールドに立つ時は、ニヤニヤしながらフライの選択に迷う事にしよう。
そしてここぞという大きな鱒がいそうな流れの中で、その中のフライの一つをゆっくりとスイングさせるのだ。
でも、ひととおり流し終えた後で何も鱒からのコンタクトがなかったりすると、「やっぱり黒いウーリーにしておけば良かったのかなぁ」という後悔がついてくるのは目に見えているのだけれども。


d0029241_2038575.jpg
                   original photo by Mr.ABU

今日のBGM : Ministry / Lies Lies Lies
[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2007-07-20 20:38 | slow fishing | Comments(2)
Commented by hisuycast at 2007-07-21 11:28

 Yunさん、おはよう御座います。
 僕も、Yunさんのフライセレクトには迷いがなく、常に黒いウーリーなのかと思っておりました。
              大変失礼致しました。(笑)

 トラディショナルで、如何にも釣れそうなフライも沢山お持ちではないですか。
 これらを使って後悔するとは・・・。
 「 ゆったり、のんびり。」 を身上とするYunさんとはいえ、やはり一人の釣り人であったと一安心しました。(笑)
 
 ”迷い。” に関しては僕も常日頃です。
 出掛ける直前、川の状況、天候等で車を走らせながらも何処を選ぶか、迷っていたりするので優柔不断な自分に嫌気が差します。
 
 黒のウーリーとは、ウーリー・バガー(バッカー?)の事ですよね。
 これは、キールにしているのですか?。
 そんなに釣れるフライとは・・・、何か、興味が湧いて来ました。
 
Commented by d-yun5-fly-elise at 2007-07-21 21:37
トキさん、こんばんは。
仰るように、ほとんどビーズヘッドの黒いウーリーばかりです(笑)。だからフライセレクトには迷いがないのかもしれませんね。
尻別川のようにヒゲナガが多く棲息するような本流では、やはりこのフライをまず真っ先に結んでしまいます。あまり見栄えのしない、それに色気のないフライですが、大きな鱒たちには意外と好まれやすいようです。
以前、渚滑川のような中規模河川では、この時はシングルハンドでしたが、もっぱらビーズヘッドの黒いOSPでした。TMC102Y#9フックに黒のダビング材を巻きつけ、さらに黒のCDCをハックリングして、ワイヤーでカウンターリブした単純なフライでした。この時も迷いがありませんでしたね(笑)。
私も以前はトラディショナルなフライをよく巻いていましたよ。だからマテリアルだけは必要ないぐらい沢山あります。
黒のウーリーとは、ビーズヘッドのウーリー・バガーの事です。キールではなく、ハックルをサドルから毛足の長いスペイハックルに変えたり、フックアウトを少なくするために、ベンド以後をニッパーでカットして、バッキングラインでループを作り、トレーラーフックにしたバリエーションがあります。