Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

<Vol.439> Cone Head Tube Fly
d0029241_1759834.jpg


 鱒は"ヒカリモノ"がお好き?

最初にビーズヘッドやコーンヘッドといった"ヒカリモノ"を載せたフライを巻いたのはいつだっただろうか。
きっと初めて渚滑川を訪れた前だと思う。少なくとも10年以上も前の話。

確か「北海道の釣り」というローカルな釣り雑誌で偶然目にした"OSP"を最初に巻いたのが初めてだと思う。とにかく”OSP"はこの上なくシンプルで良く出来たフライだった。
レシピでは、TMCの102Y#9フックにブラックかオリーブのダビングボディ、CDCをボディ全体にハックリングして、ワイヤーでカウンターリブ。もちろん最初にゴールドのビーズをフックに通す事を忘れてはいけない。あとはお好みでウェイトを少々。

シンプルなフライなのでタイイングが苦手な僕ですら、フライを量産する事がそれほど苦ではなかった。
シンクティップのラインの先に結んだこのフライを、流れの中をスイングというかスライドさせると、グゥグンというバイトと共に沢山のレインボーが顔を出してくれた。おまけに元気良くジャンプ。僕はこれ以来すっかり本流のレインボー釣りの虜になってしまった。
そんな訳で、僕のフライボックスからはシルバーマーチブラウンなどの古典的フライが少しずつ減り、代わりに金色のヒカリモノのフライが、毛鉤的美的感覚は何処へやらと思うのだが、どんどん増殖していってしまった。
悲しい事かな、その傾向は今でもしっかり衰える事はなく、僕の本流や湖用のフライボックスの中には金色の"ヒカリモノ"がズラ~リと肩を寄せ合って所狭しと並んでいる。

今年になって本格的にタイイングを始めたチューブフライ。もちろん使用するのは本流での大きなレインボーに出会うためなのだけれど、何とかこれにもビーズヘッドやコーンヘッドなどの"ヒカリモノ"が加えられないだろうかと思案していた。
最近はどこかのメーカーからもコーンヘッドのチューブフライのセットが市販され始めたようだけれど、手持ちのマテリアルで何とかならないかと頭をひねる。

そこでチューブフライの量産用にと東急ハンズで購入したアルミパイプ(外経2.1mm、内径1.5mm)と塩ビパイプ(外経1.5mm)、それにCapsのコーンヘッド(M)を使ってコーンヘッド・チューブフライの本体を作製してみる事にした。好みの長さに切り出したアルミパイプにそれよりも長い塩ビパイプを通し(上手く通らない場合はサンドペーパー等で塩ビパイプを削る)、塩ビパイプにコーンヘッドを通した後、塩ビパイプの両端をライターなどの熱源で溶かしアルミパイプやコーンヘッドが抜け落ちないようにする。今のところフィールドではまだ使っていないから耐久性ははっきりしないけれど、おそらく大丈夫じゃないかと思っている。

今回は最近流行の"Intruder"のようにボディの先端と後端にダビング材でコブを作り、ダイドしたオーストリッチをフワっと巻きつけてみた。
きっとお気に入りの本流でも流れの中でコーンヘッドが輝き、フライが上下に揺れる度にオーストリッチがフワっと膨らんだり、キュッとしぼんだりして、大きな鱒を魅了してくれるんじゃないかと密かに思っている。


今日のBGM : Bim Sherman / Too Much Workload
[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2007-04-19 18:58 | 私的FlyTyingの愉しみ | Comments(4)
Commented by osyou-sp at 2007-04-20 21:25
こんばんは♪
良い感じに巻き上がってますね!私も光物が大好きですよ!それに最近になって、ジグの動きのような上下の動きが、かなり気になってます。参考にさせていただきますね!
Commented by dadlife at 2007-04-21 09:33 x
Yunさん、おはようございます。(^^)
カッコイイーっすねー。
ヒカリモノ・・自分も大好きです(アクセサリーですけど・笑)。
子供達がYunさんのフライを見て、「スゲー」って言ってました。
「パパ、巻けるの?」って聞くので即、「無理」と・・・(笑)。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2007-04-22 22:04
和尚-SPさん、こんばんは。
土曜日に本流で少し結んでみましたが、泳ぎは悪くなかったですよ。
本当はタングステンあたりのコーンヘッドやビーズヘッドにしたいのですが、根掛りでロストするとかなり財布が痛いので、手持ちのヒカリモノで対応しております。でも、少しウェイトを巻く事で解消できるかなぁとも思っているのですが・・・笑。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2007-04-22 22:11
dadlifeさん、こんばんは。
dadlifeさんのお子さん達に誉められたのは、励みになります(笑)。
私の場合、なぜかビーズヘッドよりもコーンヘッドの描くシルエットの方が好きで、全体のバランスが良いような気がしております(まぁ、見た目ですが・・・笑)。それにどこかおもちゃというかプラモデルぽいですものね。
アクセサリーだけとは言わず、是非dadlifeさんも巻いてみてください。