Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
全体
spey fishing
Custom Spey Rod
私的北海道のスペイ考
私的FlyTyingの愉しみ
slow fishing
fishing goods
salmon fishing
fly fishing
movie
cicada fly
my lotus elise
picture/photo/image
liquor
belgian beer
music
film
雑記
Used Tackle
以前の記事
2017年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

<Vol.414>Separate hook chartreuse
d0029241_220870.jpg

新しくタイイングしたフライが、お気に入りの道東の本流で、それも出会いたかった鱒になぜか好かれたりなんかすると、やはり正直嬉しいものであったりする訳で・・・。
ギンギンにシバレた風の強い十勝川、しっかり沈んだフライがイメージ通りにスウィングし始めて、ここぞという場所で、かなり強烈に「ゴゴン」と衝撃。ロッドのティップと一緒に右手に持ったグリーンのランニングラインも同時に引き込まれた。
サイズこそ、そこそこなのだけれど、それ以上に新しくタイイングしたフライがアメマスに気に入られた事の方が嬉しかったのだ。
冬の冷たい太陽の日差しが本流の流れにキラキラと反射する中、アメマスの白い大きな斑点とチャートリュースのバックテイルが薄っすらと浮かび上がった。
d0029241_2217182.jpg

それにしても、このフックはかなりフッキング率が良いんじゃないかと思う。
それにアメマス特有のクネクネした野性味溢れる躍動感にも、ボディとフックが離れたタイプだから、きっと外れにくいんじゃないのだろうか。
おまけに僕はこのフックポイントが鋭いフックの方にも、シャンクの部分に赤いマラブーをほんの少量添えてみた。
冷たい流れの中でボディも、それにフックもユラユラ。まるで南国のフラ・ダンスのように・・・。
冷え切った身体のアメマスもきっとこの魅惑的なダンスには思わず誘われるんだろうね。
d0029241_22281914.jpg

                Separate hook chartreuse
Shank : Daiichi 2050 #5(ゲイプ以降をカットし、0.25のウェイトを少々)
Hook : Owner hook SSW #4 with marabou red
Joint : 30lb backing line
Body : Original blended dub orange
Rib : Round tinsel gold
Hackle : Body-wing-protector(L) white
Throat : Guinea fowl yellow
Wing : Backtail chartreuse, pearl flashabou
[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2007-02-28 22:49 | 私的FlyTyingの愉しみ | Comments(8)
Commented by Lt_cahill at 2007-03-01 14:50
yunさん、こんにちは。
ボディもフックもユラユラ!誘いも効きそうですね。
釣れた瞬間のyunさんのニヤケタ笑顔を想像しました。
赤のマラブーのアイディアも秀逸です。
今度まねして巻いてみます。
Commented by dadlife at 2007-03-01 20:38
Yunさん、こんばんわ。(^^)
ドライだとソフトプレゼンテーションとドラッグフリーって感じですが(あくまで自分の場合っすけど・笑)。
ウエットは別世界です(イメージ出来ず・汗)。
こんなキレイなフライがゆらゆら水中で乱舞してる姿って・・・きっと魚にも眩しく映ってるんでしょうね。
Commented by daikyu at 2007-03-02 09:11 x
yunさんおはようございます。フラダンスを踊っているフライを
想像してる僕が一番誘惑されてる感じです。このフライのボディ
付近の感じが水中での動きをよくしていそうです・・・・

引っ張りの釣りがすごくしたくなりました・・・どこか行って来ようか
なぁ・・釣れなくてもいいから。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2007-03-02 21:40
Lt_cahillさん、こんばんは。
フライに赤をアクセントで入れたかったのですが、なかなか良い場所に入れるアイデアが浮かばなくって、結局テイルのフックに巻き込んでみました。でも、かえってその方が結果的には良かったのかもしれません(見た目はあまり良くないのですが・・・笑)。
それにしても、新しく巻いたフライに鱒が応えてくれると、やはり嬉しいものですね。フライはユラユラ、アメマスはクネクネ、私は川の辺でフワフワしていました(笑)。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2007-03-02 21:45
dadlifeさん、こんばんは。
フライを浮かせた場合と沈めた場合、仰るようにイメージは別世界なのかもしれませんね。私は最初ルアー釣りから始めたものですから、ちょっとはイメージしやすいのでしょうか・・・笑。
かなり派手な色合いのフライですから、偏光レンズを掛けていると、かなり遠くから視認出来るんですよ。ユラユラと流れの中で妖しくダンスを踊っています(笑)。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2007-03-02 21:56
daikyuさん、こんばんは。
たまたま以前買って、使わずにほこりを被っていたボディ・ウィング・プロテクター(L)が有ったので使ってみました。水に濡れると、これがまた妖しく透けるのです(笑)。スペイハックルやマラブーでも良いのかもしれませんが・・・。
ボディ・シャンクとフックが離れているというところが、さらに動きを良くしているようです。
引っ張りの釣りがしてみたい、そのお気持ち良く分かりますよ。やはり島牧まで我慢ですか(笑)。
Commented by daisaku613 at 2007-03-02 22:10
こんばんわ。
ロングシャンクの欠点を補って余りあるシステムですね。
チューブフライだと以前から行われていましたが、最近ではウォディントンでも似たようなシステムが使われていますね。
どちらもフックが素針に近い形でフッキングするので、フッキングやファイト中の追随性もいいみたいですね。

僕の場合、なかなかあたりすらない日々なのでなんとも比較できないのですが・・・。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2007-03-02 22:29
daisakuさん、こんばんは。
ヘッド&テール、釣り人冥利に尽きる光景に遭遇されたようですね。
このシステム、確か最近のFly Fisher誌にも同じようなシステムが紹介されていたようです。そういえば、私がこのシステムを初めて目にしたのは、行きつけのショップでCNDの野寺さんが巻かれたというスティールヘッドのゾンカー・パターンでした。
このシステム、仰るようになかなかファイト中の追従性が良いようです。