Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

<Vol.399>No name flies ...... for early spring
d0029241_1427565.jpg

ここ最近、気になってしょうがない毛鉤のパターンがある。
それは行きつけの札幌のShopでもそうだし、仕事で訪れた東京のShopでも、手にとって眺める度に僕に強烈にアピールしてきた。
それも美しさという側面というよりも、機能性という側面をより強くアピールしてである。
ジョイント・フック、フリー・フック、セパレート・フック、・・・・・・とでも呼ぶのだろうか。

昨冬から、チューブ・フライに興味を持ち始めたけれど、このフライを見たときはちょっとというかかなり衝撃的だった。
毛鉤のシャンクの部分(ゲイプ以後はカット)とフックとがセパレート(分離)していて、PEラインやバッキングラインなどでつながったパターン。おそらく北米のスティールヘッド・パターンなんじゃないかと思う。
Shopで手にした毛鉤は、ヘッドにやや大きいサイズのビーズヘッドをつけたごく短いショートシャンクというかウォディントンのシャンクからさらにPEラインかバッキングラインかのラインをループ状に長く付け足して、そこにラビット・ストリップをグルグルと巻きつけたという、ちょっと長めのリーチ・パターンだったけれど、僕にはどうやってそのラビット・ストリップをショートシャンクから伸びたラインに巻きつけているのかが、さっぱり分からなかったし、実は今でも分からなかったりする(笑)。
でも、なぜかクネクネと泳いでメチャメチャ本流の鱒にアピールして好かれそうな気がしたんだ。

そんな訳で僕もいつか再利用しようと取って置いたロングシャンクのフックのゲイプ以後をニッパーでカット。ループ状にした30lbのバッキングラインをOwnerのSSW#2のシングルフックのアイに通し、カットしたシャンクの後半に巻き留める。フックはある程度自由に動くので、きっと鱒がヒットして水面下で暴れてもフックが鱒の顎から外れる事は少ないんじゃないかと思う。あとはいつものようにタイイング。今回はバットを少し目立つようにホットオレンジとチャートリュース、ボディにはピーコック・ブラックのアイス・ダブ、リブにはゴールド・オーバルティンセル、ボディ・ハックルには黒のスペイハックル、そして最後はギニアフォールでハックリングしてみた。

待ち遠しい早春の本流。それまでにはもう少し時間があるから、あと何本か違ったバリエーションを巻いてみようと思っている。

Tail Hook Leech
String Leech
Loop Leech

今日のBGM:BAGDAD CAFE / Calling You
[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2007-01-27 15:33 | 私的FlyTyingの愉しみ | Comments(12)
Commented by osyou-sp at 2007-01-27 17:48
yunさん、こんにちは。私も昨年から使い始めましたが、中々良いですよ!バレル率が、確実に減った気がします!考えた人は、偉いです!!
Commented by d-yun5-fly-elise at 2007-01-27 18:05
和尚spさん、こんにちは。お久しぶりです。
かなり遅れましたが(笑)、今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
やはりフックアウトされる確率がかなり減りましたか。去年は本流でかなり悔しい記憶にありありと残る想いをしたので、今年はこのパターンとチューブ・フライを試してみるつもりです。
サンスイさんでも手にとってリーチ風のフライを見たのですが、短いウォディントンシャンクから伸びたバッキング(PE)ラインにラビットストリップをグルグルと巻き付けているのですが、どうやってラビットストリップをラインに接着しているのかさっぱり分かりませんでした(笑)。本当にこのパターンを考えた人は偉いですよね。
Commented by daisaku613 at 2007-01-27 22:34
何年か前にフリーフックを見たときは本当に衝撃でした。
でもものぐさな僕は、いつもどおりのシステムでやってしまうんですよね・・。
今年は挑戦してみるかなぁ。
Commented by Toshi at 2007-01-27 23:17 x
yunさん、こんばんは。私はあのフライを巻くときバイスを2本使っています。まず、シャンクとフックを下巻きして置きます。そしてアイに使い古しのリーダー結びます。次に1本のバイスにフックを普通に挟み、もう一本のバイスのボビンハンガーに結んでおいたリーダーを掛けて投げ釣り用の30号の錘をぶら下げます。あとはちょっとイライラしながら右手左手と持ち替えて巻いています。
発案者はどうやって巻いているのでしょうね?同じようにちょっとイライラしながら巻いているのでしょうか?
Commented by d-yun5-fly-elise at 2007-01-27 23:54
daisakuさん、こんばんは。
このパターンは、フリーフックというのですね。
確かに初めて見たときは私もビックリしました。
私が初めてこのパターンを見たのは去年です。行きつけのshopに確かCNDの野寺さんが巻いたというマドラーヘッドのゾンカーのビラビラしたパターンが置いてありました。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2007-01-28 00:01
Toshiさん、こんばんは。お久しぶりです。
遅れましたが今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
バイスが2本ですか。じつは先日テムズのアワサキ店長ともやっぱりバイスが2本ですかねぇとフライを目の前にして話しておりました(笑)。でも、やっぱりラビットストリップのラインへの貼り付け方が分からないのです。
仰るように発案者も右手、左手と持ち替えてイライラしながら巻いているんでしょうかね。つい想像してしまいました。
Commented by tokyo_terry at 2007-01-28 22:32
Yunさん、こんばんわ!!
オリジナリティ溢れる毛鉤なんですね、この毛鉤。どちらかといえば、先にYunさんが釣られちゃった感じでしょうか?(笑)
先日、NZ人のフィッシングガイドが巻いていたシケーダパターンを本人に巻き方を教えてもらいながら巻きましたが、オリジナリティ溢れる巻き方にとってもビックリしました。出来上がった毛鉤からは想像できませんでした。所変われば、毛鉤も、巻き方もかわるんだなぁ〜って。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2007-01-29 00:14
terryさん、こんばんは。
これまで、あまり見たことがない毛鉤でした。やっぱり私が釣られちゃったような気がします(笑)。
ピーターさんのシケーダ、実は気になっていました(笑)。それも、かなり・・・笑。今度北の大地でお会いして時にでも、是非見せて下さいね。
Commented by daisaku613 at 2007-01-31 03:39
フリーフックというのはチューブフライのボディとチューブとを接続せずに、ラインのテンションで押し付けているシステムのことなので、この方法はまた違う呼び名があるのかもしれません。
最近では北米のスティールヘッダーの間で結構人気のシステムだと聞いてますが、呼び名はよくわからないです。ごめんなさい。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2007-01-31 19:39
daisakuさん、こんばんは。
そうでしたか。また違った呼び名があるんでしょうね。
この接続方法、何か情報がありましたら是非また教えて下さい。
そういえば、行きつけのショップの店長さんが、どうやってラビットストリップをシャンクから伸びたラインに巻いているのか分からなかったフライを分解したようです。接着剤は使っていなかったようだと仰っていましたが・・・。今度はそちらも試しに巻いてみようと思っています。
Commented by Toshi at 2007-01-31 22:07 x
Yunさん、こんばんは。
YunさんがおっしゃっているのはTail Hook Leech、String Leech、Loop Leechとちょっと違うパターンなんですね。接続ラインにグルグルとラビットストリップ巻きつけているということですね。それも接着剤を使わずに!それは興味があります。是非テムズで見てみないといけませんね。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2007-01-31 22:40
Toshiさん、こんばんは。
貴重な情報、ありがとうございます。Tail Hook Leech、String Leech、Loop Leechについてちょっと検索してみました。
Tail Hook Leechは、http://www.fish2o.com/More%20info.htm
String Leechは、http://www.flyfishusa.com/flies/stl-wet-string-leech.htm
Loop Leechは、http://www.larimeroutfitters.com/LeechPatterns.html
です。このパターンは、テムズにも野寺さんが巻いたサンプルがありましたよ。なかなか鱒を惹き付けそうな良い感じのフライでした。
今回テムズの店長さん、わざわざ分解してくださったようなので、是非見てみてください。