Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
全体
spey fishing
Custom Spey Rod
私的北海道のスペイ考
私的FlyTyingの愉しみ
slow fishing
fishing goods
salmon fishing
fly fishing
movie
cicada fly
my lotus elise
picture/photo/image
liquor
belgian beer
music
film
雑記
Used Tackle
以前の記事
2017年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

<Vol.24>彼が釣りをやめた理由
 先週末は、何故かあまり釣りに行く気になれなかった。いつもの休日なら、風が吹こうが、雨が降ろうが、釣り場に行って自分の目で確かめないと気がすまないタイプの僕なんだけれども。

 僕が釣りを始めてどれくらいになるだろうか。子供の頃から数えると正確には分からないが、北海道に来てかれこれ20数年、北海道で釣りを始めて12,3年というとこだろうか。

 一つの事にのめりこみやすい僕の釣熱は、始めてすぐにエスカレートし、ヒートアップしていった。そんな僕の釣熱は、今も衰えずに続いているが、時々ちょっと下降する事もある。でも、1年間に釣りに行った回数なんかを、連れ合いの前で話そうものなら、彼女の顔がみるみる曇る事は目に見えているから、そんな事は決して口が裂けても話さないことにしている。

 そんな僕も、何時か釣熱が冷めて、釣をやめる日が来るのだろうか?今までに、いろいろな理由から釣りをやめようと思ったことがあると話す釣師には何人か会った事があるが、本当に竿(ロッド)を置いてしまった釣師には一度だけ会ったことがある。
 
 彼の名前はタミノさん。僕が知り合った頃は、3条通りの西側の古いビルの地下1階でシャパニー(スペルは忘れた)という8畳一間ぐらいの間取りの小さなスタンドBarを開いていた。シャパニーには、タミノさんの人柄もあってか音楽、美術、映画等が好きな趣味人間が多く集まっていて、若い頃の僕にはある意味とてもお洒落で粋な店に映った。そんなシャパニーに、僕も時には客として訪れたり、時にはアルバイトとして働かせてもらったことがあった。

 タミノさんは、とても多趣味な人だった。僕が知り合った頃は、ビデオ映像に凝っていて、いろいろな機材を揃えては、ギャラリーで作品を発表していた。また、ある時は自転車競技に凝って、ツール・ド・北海道に出るとか出ないとか。

 そんな彼が、ある時Fly Fishingに夢中になった。釣りに行くからと、お店を閉めることもあったぐらいだから、相当な熱の入れようだった。お客さんの影響かどうかはわからない。シャパニーに行くと彼は、眼を輝かせながら、自然の美しさや、支笏湖で何日もキャンプしながら大きな鱒を狙い、何度もいい思いや悔しい思いをしたことなどを身振り手振りを交えながら、Fly Fishingの魅力について熱く語り、僕にもやってみなよと誘ってくれた。その頃の僕は、釣りには全く興味がなく、もっぱらUndergroundの世界に夢中だったから、彼の熱い言葉が僕の心を動かすことはなかった。

 そんな釣熱にヤラレていたタミノさんが、ある日突然Fly Fishingはやめたといい、ロッドを置いた。多分、僕も彼があれだけ熱く語っていたのに、どうしてやめたのか不思議で理由を聞いたと思う。確か、鱒のことを考えると・・・、釣りという行為が・・・などと語っていたと思うが正確には思い出せない。

 今では、お店も閉めて、画家をやっているというタミノさんだが、もし今度会える機会があれば、彼がどうして釣りをやめたのかゆっくり聞いてみたいと思っている。
[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2005-05-09 19:50 | slow fishing | Comments(6)
Commented by 札幌のイワナ at 2005-05-09 20:33 x
 FFも追求すれば思い悩み壁にぶち当たります、その時に声を掛けてくれる方が居れば苦悩は違ってきますよね、追求すれば必ず思うことでも有ります、小さな枠の中でFFを続ければ見つからない疑問や目標も枠を広げれば自然と見えてくる、フィールドもそうです、色々回れば色々と学べる、色々な釣り方を覚えれば色々と学べる、そして学ぶのは釣りだけでは無い、自然の事や魚の事、季節の変化や周辺の小動物、そこまで考えると自分は?って自問自答が始まります、何故釣りをやってるのか?鱒を傷付けて何が楽しいんだ?自分が楽しむ為に自分の欲望を正当化するのか?
 そこでその自分の欲望を捨てれば竿を置くことになるんですよね・・・、しかし自分の欲望を認めた上で自分の自身の行いと自分の行いの共存、そして最低限のマナーと命の尊さを学び一つ最長した自分の姿を見れることが一番の最善の策、彼はきっと優しさがそうさせたんだと思いますよ、YUNさんごめんなさい~ネットサーフィンしてて他のサイトで不愉快な記事が多すぎて結構荒れてます・・・理由は分かりますよね。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2005-05-09 21:38
札幌のイワナさん、コメント感謝します。実は、こういうことも書きたくてBlogを始めたんですよ。自分がどうして釣りをするのかという問いを自分に問いかけると、ただ単純に好きだからなのですが、それを解釈し始めると、いつもこの出口のない迷宮に陥ってしまいます。
時々、スポーツ・フィッシングという言葉に出会うことがあります。僕は何故か、どうしてもこの「スポーツ」という言葉に抵抗を感じてしまうんです。スポーツという言葉の語源については勉強不足でよく分かりませんが、おそらく、ルールを守る、マナーを守るという意味合いがあるのでしょう。そのことには賛成するのですが、でも何故か不快に感じてしまっている自分もいるのです。言葉足らずでしたら申し訳ありません。
釣りという行為や釣りに関わる事を通じて、僕は鱒、自分自身、さらには人、地域、社会と相互作用していると思っているのですが、こういう経験を通じて自分も絶えず移り変わっていくものだと思っています。
Commented by 札幌のイワナ at 2005-05-09 22:06 x
 最初にスポーツフィッシングの言葉を使ったのは実はSFCなのですが・・・反感を買うので詳しくは書きませんが最初は深くは考えてないと思いますよ、しかし小生はこう考えます、スポーツもきちっとしたルールやマナーを守っての競技や楽しみです、個人個人が健全な精神で望まなければならないのです、その中で釣り人としても欲望や勝負意識を持つのは自由です、故のこの精神にのっとって行う釣りそのものがスポーツフィッシングだと考えてますよ、常に何かを真剣に行い、思い悩んで試行錯誤を繰り返し自分の成長を遂げるのが健全な行いだと思いますよ。
 
 自分自身の自問自答は必ずしも良いとは言い切れません、思い悩んで自分自身が潰れてしまったり答えを見出せずに逃げたり、しかし自分で答えを導き出せればそれだけ自分自身の成長!一回り成長した自分に出会えるはずですそれが例えフライのパターンの変更や改良、システムの改良や変更、フライの流し方や食わせ方、何でも良いんです、待つのでは無く自分自身に課題を持つこと、自分に問い掛ける・・・凄く大事な気がしますよ。
Commented by 鋼頭鱒 at 2005-05-10 00:33 x
Yunさんこんばんわ、イワナさんこんばんわ。「出口のない迷宮」なかなか良い表現ですね(笑)趣味と言われるものの、根の部分には「出口のない迷宮」が沢山あるのでしょうね。
ちなみに私の本家サイトの趣旨はスポーツとしてのフライフィッシングとしています・・笑わないでね。一口に釣りと言葉にしても、書き連ねてもその種類や目的などと言うのは、精神的な意味合いも含めると語り尽くせない「得体の知れないもの」なのではないかと思います。ですから考えてゆくこと事態が無理だと決めました(笑)
Commented by 鋼頭鱒 at 2005-05-10 00:34 x
一度に送信できなかったので・・・続き

YunさんにはYunさんのイワナさんにはイワナさんの、私には私の釣があるように、釣人の数だけ釣があるとおもうのです。その人たちが皆揃って、同じ川や湖や海で釣をするわけです。個人に全てを委ねていたら、川や湖は海は、良くなるはずがありません。当然、そこに暮らす魚や木や花も空も同じように悪い影響を受けます。ですから我々には守らなくては行けない事柄があるのですね。それは自分側のルールやマナーではなくて自然側のルールやマナーなのだと思います。キャチアンドリリースとか、そういたことではなくてね。
それ以外にも釣には精神的、宗教的な考え方や諸説もあるとは思いますが、私は非日常の現実問題として考えることでマナーやルール作りが釣にも必要だと考えていますよ。私個人はスポーツと言う捕らえ方を「日常から離れて頭と体を使って何かをすること」と定義しております。言うなればキャンプでも、ドライブでも・・何でもスポーツですね(笑)
言葉足らずだけれど、こういう話って良いですよ、時々はしましょうね
Commented by d-yun5-fly-elise at 2005-05-10 01:38
イワナさん、鋼頭鱒さん、本当にコメントありがとうございます。
私なんて何時も自己矛盾を孕みながら生きているものですから、、時々こういう迷宮に迷い込んでしまうんですよ。でも、とても大事な作業だと思うのですが、迷い込んでしまうとなかなか前に進めなくなりますから、大体まぁ、いいかという具合になってしまいます(笑)。実は、意外と楽観的だったりなんかして。
自然側に立ったルールやマナー。う~ん、考えさせられます。私なりの考えもありますが、それはまたの機会ということで。
確かに、こういう話っていいですよね。私にはこういう話が出来る友人は数えるほどしかいませんが、まぁ私から投げかけることもあまりないのですが、何かの機会にまた出来たら嬉しいです。