Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

<Vol.363>an old sketch book
d0029241_22575073.jpg

机の奥からホコリまみれで出てきた小さなスケッチブック。
恐る恐る開いてみると、懐かしい悪戯描きのような毛鉤のイラストが出てきた。

まだ僕の家にパソコンが届く前の事だと思う。フライ関係の雑誌を眺めていて、「おお、これはイケるかも」という毛鉤が出ていると、僕はニヤッとしながらその小さなスケッチブックにまるで子供が描いた悪戯描きのようにそのフライの簡単な絵とレシピを描いていた。そしておもむろに自分のアレンジも書き加えたりなんかして。
そういえば、ベットに寝ながらふと思いついた毛鉤のイラストとレシピもあったかもしれない。

ずいぶん前の懐かしい頃の話だ。

パソコンやコンパクト・デジカメがいつの間にかこんなにも身近な存在になって、新しく考えた毛鉤や気になる毛鉤のイラストやレシピを僕はスケッチブックに書き残すという作業を殆んどしなくなってしまった。もしかしたら、人というものはどうしてもより便利なものの方に惹き寄せられてしまうものかもしれない。ちょっとさみしい事だけれど。

古いホコリまみれの小さなスケッチブックをパラパラとめくりながら、あの頃は時間の流れがのんびりとしていてスローだったなぁと思っている僕がいた。
d0029241_23213454.jpg

            (それにしても、スペルの間違いが多いなぁ・・・笑)
[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2006-11-16 23:25 | slow fishing | Comments(20)
Commented by Jun-Freestle at 2006-11-17 05:28
こんにちは。
なんとも味のあるイラストですね
周りに書かれた文字も含め好きな雰囲気です!

Commented by daikyu at 2006-11-17 08:57 x
yunさんおはようございます。絵には独特の思い入れなんかが
こもっていてその時の自分の心境などが描かれるんですよね。
ベッドで横になったらふと思いついたフライのレシピなんて素敵
です。

便利になりすぎたものと引き換えになった代償は知恵を使わなく
なってしまうと言うことでしょうか。いかに家族に悟られない様に
釣具を増やしていくかと言うような知恵だけは未だに出て来ます(笑)
Commented by Hige at 2006-11-17 10:01 x
Yunさん、こんにちは。
釣師はみな同じことをするものです。私にも懐かしい思い出があります。気になったフライは巻けようが巻けましが、材料を買い求めるために、素材とレシピと作る本数まで書きとめては、店へと走ったものでした。今でもスケジュールに書かれている釣行日のサインはへたくそな釣れそうもないCaddisです。
Commented by いぬ太郎 at 2006-11-17 17:31 x
こんちにわ。
僕も一冊のバインダーに、色々落書きしたものがあります。そうして僕は英語なんかまるで駄目なくせに『雰囲気英語表記』です。勿論スペリングがどうとかは気にしません(笑)
デジタルデータとは対極をなす『絵』。やはり温かいですよね。実は僕、来年は渓に出るとき、鞄にスケッチブックを忍ばせる事にしてます。何枚かでも、味のある絵をかけたらいいなと考えてます。
Commented by abu-z4 at 2006-11-17 21:11
Yunさん、こんばんは。
Yunさんの写真はいつも素敵だけれど、正直なところ、このスケッチはそれ以上に好きです、僕は。
リアルに表すなら写真の方がいいけれど、イメージをより強調して残すならスケッチの方がいいと思います。
と言っても、僕のように絵や字が下手では無理ですが(笑)
Yunさんが写真を加工するのも、イメージをより強く表現するためにしているのじゃないのですか?
Yunさんの写真は、スケッチ的なものも少なくないと思うのですが。
Commented by akiranspey at 2006-11-17 21:38
YUNさん、こんばんは!
60年代のイングランドを彷彿させる素敵なイラストですね!!
まるで昔の偉人が考え何十年も眠っていたスペシャルフライパターン
が、ついにこの世に現れたかのような・・・
釣れそうなパターンばかりですね(笑)
Commented by ウーリー at 2006-11-17 21:52 x
○Yunさん、こんばんは。
Yunさんが描くと、ちょっとしたイラストもアートに見えますね。ダヴィンチが残したヘリコプターや戦車の想像図みたいです。
Commented by Toshi at 2006-11-18 17:39 x
こんばんは、YUNさん。
さりげないイラストが素敵で色々な想像(創造?)を掻き立てられますよ。
先ほどテムズに寄ったらYUNさんのPOST CARDが目に入ってきました。あまりにも印象に残ってしまったので、自分のブログにこの事をUPしてしまいました。事後処理ですみません。また楽しみにしています。
Commented by dadlife at 2006-11-19 07:18
Yunさん、おはようございます。(^^)
渋いっすねー。
この熱い気持ちが今に繋がっているんですね(見習わなければ・・って、サスガに絵は無理ですけど・笑)。
毛鉤の種類の多さにパニックってる自分ですが、このスケッチを見て「当りフライは記録に残そう」と思いました(あっ、絵じゃないですよ、写真で・・笑)。
Commented by tokyo_terry at 2006-11-19 14:01
Yunさん、こんちわ!!
ボクもウーリーさんが仰ってるように、ダ・ヴィンチのイメージが何故か重なります。人体解剖図とそのメモのイメージです。黒インクで書かれた雰囲気や画像の処理や色から、Yunさんのアーティスティックな雰囲気がダブってそう感じるのかなぁ。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2006-11-19 20:49
Junさん、こんばんは。
味があるなんて言われると恐縮してしまいます。なにせ、もともと人に見せようと思って描いたものではないので、ほとんど悪戯書きのようなものですから・・・笑。
でも、時々思うのですがこういったアナログチックな物も良いものですね。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2006-11-19 20:55
daikyuさん、こんばんは。
なかなかの知恵です。そういった知恵は私も大事にしたいところです(笑)。
本当に便利になり過ぎましたよね。でも、やはり知恵と工夫は大事なんでしょうね。こればかりはお金で買えません。
今でも時々、特にトイレで座りながらが多いのですが、ふとフライのレシピを思いついたりします。もちろんトイレットペーパーには描きませんよ。すぐに破けて記憶からも流れて行きそうですから(笑)。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2006-11-19 21:04
Higeさん、こんばんは。
皆さん、いろんな事をされているんですね。本数までもですか。
ちょっと話がずれるかもしれませんが、私は最近物忘れが多くて、マテリアルを買いにショップに行く時には、必ず買うもののメモを取るするようにしています(笑)。
Higeさんの釣行スケジュール帳には沢山のカディスマークがついていそうですね。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2006-11-19 21:11
いぬ太郎さん、こんばんは。
渓に出掛ける時にスケッチブックですか。素敵ですね。私の場合、なぜか絵心がないというか、ついつい見えるものは写実的に全部描かないといけないという強迫的心理が働いてしまい(笑)、フィールドで絵を描くのは憧れなのです。特に、コットマン・フィールド・ボックスなんて一度でいいから手にしたいものです。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2006-11-19 21:25
ABUさん、こんばんは。
お褒めの言葉ありがとうございます。
写真の加工は私にとっては確かにイメージを強調したいからなんでしょうね。というよりも、ただ単にそんな雰囲気が好きなだけなんですよ(笑)。
送る側が受け取る側のイメージを強要することは出来ませんが(タイトルはかなりイメージを狭くさせるかもしれませんね)、私はとにかく自分の好きなようにやるように心掛けています(結構影響も受けているんですよ)。でも、なかなか思い通りのイメージには仕上がらないのですが(笑)。
時々友人とフィールドやポイントの説明をする時、チラシの端切れや、紙がない時はテッシュ・ボックスの横に書いて説明したりします。時々忘れた頃にその書いたものを見て、なかなか面白いなぁなんて思ったりもするんですよ。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2006-11-19 21:29
akiranさん、こんばんは。
コメントを読みながら、ついつい照れてしまいました(笑)。
釣れないスペシャルフライパターンで申し訳ありません。
今度は鱒に好かれるスペシャルフライパターンのイラストを描けるように努力いたします(笑)。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2006-11-19 21:34
ウーリーさん、こんばんは。
急きょ、屈斜路湖に行く事になってしまいました(笑)。御連絡出来なくって申し訳ありません。
ダヴィンチという名が出てくると、さすがに恥ずかしくなってしまいます。もう少しちゃんと描いておけばとちょっぴり後悔なんかもしてしまいました(笑)。
今ではスケッチを描くことなんて殆んどしませんが、また気持ちにゆとりが出来れば描いてみようかなぁと思っております。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2006-11-19 21:41
Toshiさん、こんばんは。
テムズでもよく店内にちょっとしたところにフライのイラストが描かれて置いてありますよね。あれが素敵だなぁと思い、たしか始めたんだと思います。何となくフワ~ッとしたソフトな感じがしてああいうイラストって好きなんですよ。
時々気に入った写真をポストカードにプリントしてテムズに置いて来たりしています。Toshiさん、見られましたか。ちょっと恥ずかしいですね。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2006-11-19 21:48
dadlifeさん、こんばんは。
渋いだなんてとんでもないですよ。たまたまそんな事をしていただけですから。
そういえば、以前は新しく巻いたフライの内の一本は必ず別のところにストックしておりました。そうしないと、どういうレシピだったか忘れてしまうからです。まぁ、釣れたためしがありませんから、忘れてもまた別のものを考えればいいことなのですが・・・笑。だからタイイングを始めた頃巻いたカディスなんて目も当てられません(笑)。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2006-11-19 21:54
terryさん、こんばんは。
そうですね。ちょっとダ・ヴィンチのイメージと重なるかもしれませんね(内容は別として・・・笑)。きっと色合いがそうさせるのでしょう。
POPな感じも楽しいですが、こういうシンプルでノスタルジックな感じも悪くないものですよね。