Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

<Vol.281>好きな流れ・・・my favorite flow
d0029241_1824248.jpg
                    original photo by Mr.SHU

長かった雪代が収まりかけて、薄っすらと濁りが残った重たいトルクフルな流れ。

グッとラインを深く沈める釣り、伸びきったスペイ・ラインが瞬く間に下流に流されていく。

膝上ぐらいまで流れに立ち込んでいても、ちょっとでも気を抜くとズリッと身体が下流へ押し流される。ついついステップ・ダウンも慎重になってしまう。

そんな6月の渚滑川の流れが僕はたまらなく好きなのである。
d0029241_1815537.jpg
広い流れが急に狭まり、その太い流れの勢いは車のアクセルを命一杯踏み込んだ時のような力強さを帯び始める。きっとここには力強い鱒が潜んでいるのだろう。そして、一気に100mほどの程良い水深を伴ったストレートな瀬の流れへと続く。対岸は残念な事に何年か前に護岸されてしまって昔の面影は残していないけれど、なぜかいくつもの思い出があるから毎年この場所を訪れてしまう。やがて流れは、グッと左に鋭角的にカーブして視界から消える。まるでトップスピードでホームストレートを駆け抜けた車が第1コーナーをフルブレーキでハンドルを切るかのように。
d0029241_18413452.jpg
                   original photo by Mr.SHU

重いトルクフルな流れに立ち込んでいると、すべての音が川の流れの音にかき消される。ロッドを握った右手の人差し指に掛けたフライラインとロッドの先端に意識の9割を集中させて、残りの1割は流れの中の足の指先へ。時折早い流れの上をイワツバメが縦横無尽に飛び交うと、少しばかり張り詰めた緊張の糸が緩む。そんな時に、ググッと不意に魚信があったりするものだから、あまりにも突然の不意打ちに慌てている自分自身につい笑いがこみ上げてくるのだ。
d0029241_19421657.jpg
なぜ僕は6月のこの流れが好きなんだろうかと決して答えのない理由を探してしまう。特に鎮橋から始まるC&Rの下流域とそのさらに下流域が。おそらく僕が川のフライフィッシングを本格的に始めたのが、この渚滑川の下流域からなのが大きな要因の一つなのかもしれないけれど、それ以上にもしかしたら本流の流れの大きさとそこに佇む釣り人のちっぽけな存在との比率が一番僕の中でピッタリくるからなのかもしれない。だから、どうしても他の川を訪れてもこの川と比べてしまうのだ。
こんな事を書きながら、6月中にはもう一度あの流れの畔に佇みたいと思っている僕がいたりする。そして、あのたまらなく好きな流れの中でゆったりとスペイロッドを振りたいのだ。

今日のBGM:Soundtrack/WINGS OF DESIRE(a film by wim wenders)
[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2006-06-12 20:05 | slow fishing | Comments(5)
Commented by hisuycast at 2006-06-13 09:43

 Yunさん、おはよう御座います。
 僕もそういった川こそが、好きですね。
 豊かな橅林を抱えた沢山の水源には大量の積雪があって、その雪代に磨かれた魚は力強くて、野性味ある。
 ちょうど今頃の本流が最高です。遠くの山々には残雪が輝いて、晴天の青空の元、新緑からはエゾハルゼミの大合唱。これでスペイでそこそこの魚でも釣れてくれれば満足ですが・・・、今年は晴天にも見放されています。(悲!)
 渚滑川はどんな川なのでしょうか、行って見たいですが・・・・。
 仕方ないのでグーグル・マップで我慢です。(笑)

 GPSはチェンジティップになっているのですか、知りませんでした。
 あの竿もそういえばmark○○とかになったのでしたね、発信元のHPは全く更新されないので情報入手困難になっています。(汗!)
 緑竿、助言有難う御座います。
 僕も実は、どんな釣竿でも柔らかいものが好きなのですよ~。単にグラス・ロッドの時代を引きずっているだけかも知れませんが。(笑)
 
                      長文で失礼しました。
Commented by Lt_cahill at 2006-06-13 18:31
Yunさん、こんにちは。
favorite riverは渚滑川だったんですね。水量もありそうでトルクフルな流れのようですが、こんな川でこそスペイでゆったり釣り下るスタイルが似合いそうですね。ここ一ヶ月スペイの釣りをしていないので、記事を読んでてフィールドに行きたくなりました。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2006-06-13 21:49
トキサキさん、こんばんは。
トキサキさんの風景描写、とてもイメージしやすいです。そうそう、そういう今頃の本流が私も一番好きですね。雪代が終わりかけて渇水期までの力強い流れ。ううむ、今週末もまた何処かの本流に行きたくなってしまいました(笑)。渚滑川、なかなか景色のいいところですよ。機会がありましたら、是非一度遊びに来てみて下さい。
スミマセン。ロッドの件はちょっとおせっかいだったかもしれませんね。でも、あのロッドの8番はどれくらい柔らかいものなのか私もちょっと興味があります。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2006-06-13 22:00
Lt_cahillさん、こんばんは。
ABUさんやSHUさんと出会うまでは、渚滑川がfavorite riverでしたが、彼らと出会ってからは別の本流に通う事が多くなってしまいました。まぁ、そこの本流に出会ってからやむなくスペイも始める事になってしまったのですが・・・笑。
この時期の渚滑川の下流域は、流れか強くて川を渡れません。ですから岸際からバックを気にせずゆったりとスペイの釣りをすると、なぜかしら楽しいのです。
阿寒の後は本流ですね。Lt_cahillさんの釣行記、楽しみにしています。
Commented at 2006-07-04 07:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。