Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

<Vol.233>desk top flyfishing
d0029241_19373225.jpg
"desk top flyfishing"

そういう言葉があるかどうかは別として、釣りをする同僚との昼休みの会話の中で彼の口から何気なく出てきた言葉である。
バーチャルな世界とまではいかないにしても、釣りに行けない日にインターネットを通じて様々な釣りの世界を楽しむ。これもまた一つの釣りの愉しみなのかもしれない。
以前は書物や雑誌の中の活字であったり、写真などからイマジネーションをありったけに膨らませていたような気がする。それも、何度も何度も読み返して。だから、雑誌のどの辺りにどんな記事や写真が載っていたかも大体覚えていたような気がする。今思うと、そんな頃がちょっとだけアナログチックで懐かしい。
でも、やっぱり僕としてはアクチュアルな釣りの世界の方が好きかなぁ。

そう言えば、あと1ヶ月もすればこのblogをはじめて1年が経とうとしている。本当に早いものだ。それにしても、このblogを通じていろんな出会いがあったと思うし、それについてはどんな言葉を並べ連ねても、表現できないものだと思う。素直にありがとうという言葉しか見当たらない。
でも、時々blogを続けていて不安に思う事がある。それは、ネットの中にはいろんなサイト、つまりHPやblogがある訳だけれど、そのそれぞれから毎日膨大な量の文字や情報、写真が洪水のように湧き上がって来て、そして記憶から忘れ去られていく。もちろん僕のblogだってその一つな訳だけれど、これまでアップしてきた僕なりに思い入れのある文章や画像なんていうのも、それらと同じように膨大な情報の中に埋もれていってしまうのだろうかという不安。でも、もしかしたらそういうものなのかもしれない。なぜならそういう僕自身だって他のHPやblog、ましてや僕自身のblogでさえ、過去にまで遡って見る事なんて殆んど無いからね。これも、やはりネットの宿命というべきものなんだろうか。そんな事を考えていると、ちょっとだけ寂しい気分になってしまった。

今日のBGM:RESIDENTS/KAW-LIGA
[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2006-03-09 21:57 | slow fishing | Comments(12)
Commented by ABU at 2006-03-10 01:03 x
Yunさんこんばんは。
いろいろな感じ方があるのだろうけれど、Yunさんのblogを最初にみた時「こんな人がいるんだぁ」と、たしかに情報のひとつだたのかもしれません。
でも書き込みをしてからは、コミュニケーションの方法のひとつに変わりました。
実際に会って話したり、電話だったり、手紙だったり、いろいろな方法がある中のひとつ、と言う意味です。
どんな方法でも印象に残る事や、忘れてしまう事もあります。
でも、時間がたっても忘れられない事があるのも事実です。
僕にとっては、Yunさんのblogから刺激を受けたり感じさせられたりすることが多く、実際にあってお話しするのとはまた違った感覚でコミュニケートできるような気がします。
僕に限らず、多くの人が影響を受けたことと思います。
Commented by Kei at 2006-03-10 01:07 x
Yunさん、お晩です。Desk Top Fishing、今考えたら変な言葉ですね(笑)。その後にYunさんが言ったFishing on the chairの方がかっこいいです。あんなことを言ったのは、最近開高健の釣り番組を見ていて、思い出したエピソードがあったからです。開高健が海外を旅しているときに、生まれつき体の不自由な少年にあった話です。その少年は一度も釣りをしたことがないのに、美しいウエットフライを巻くことで有名だったそうです。手も不自由だったはずですが、バイスも使わず、魔法のように美しいフライを巻く少年。何故彼がフライを巻くようになったのかは忘れましたが、その少年にあった帰路、開高健は車の中で一言も口をきかず、目を閉じていたそうです。その話が僕の頭の片隅に潜んでいて、釣りをしていると、その少年がフライを巻いている姿が浮かんでくることがあります。何か感傷的な話になってしまいました(笑)。当直の夜は気分もウエット(?)になるようです。
Commented by daikyu at 2006-03-10 10:49 x
私も何十万人分のイチ、ブロガーのひとりです。僕ももうすぐ一年です。記録を辿ったら私も昨年の3月8日から一周年でした(YUNさんのお陰で一周年という事にも気づきました・・・記憶なんてこんなもんですね)

その何十万の中で出逢ってこうして古い友人の様に、懐かしい感じがあるというのも縁のなせる事。あざなえる縄の如しとは良く言ったものだと思います。

デスクトップフィッシングもバーチャルながら素晴らしい。でもやはり釣りでなくてもあって空気をともにするのが良いです。そしてそれが釣りならなお良しでしょうか・・・・新宿の夜も充分、ミッドナイトドリンクフィッシングでしょうか?

一周年記念エントリーを考えようと思ったdaikyuでした・・・・
Commented by d-yun5-fly-elise at 2006-03-10 21:38
ABUさん、こんばんは。
単なる情報の発信から、徐々にコミュニケーションの手段の一つへとシフトしていっているのかもしれません。確かにその恩恵と言って良いのかどうかは分かりませんが、ABUさんを始め皆さんと知り合う事が出来た訳ですからね。
今回のエントリーは、ちょっとナルシスティックだったのかもしれません(笑)。もしかすると私はかなり自己顕示欲が強いのでしょうか・・・笑。

情報、いえいえ敢えてそれを作品と呼ばせてもらうならば、私がそれらを発信している側に立っている以上、発信された情報は、それをどう受け取るかは受け取る側に委ねられるのだと思います。でも、このblogというものの面白いところは、それが一方通行ではなく、互いに文字の上でコミュニケート出来るところだと思うのです。ですから私もまた刺激や影響を受けます。

長いので、2つに分けます。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2006-03-10 21:38
ただ、今回思ったことは毎日いろんな情報(私の場合、最近は更新スピードが遅いですが)が次から次へと凄い勢いで発信されていますが、そのあふれ出る表面のものにはコミュニケーションできますが、過去に発信されたものは、ほとんど目に触れないのではないか、つまりコミュニケートの手段にはなりえないのではないかと言う事です。こんな例が良いのかどうか、もしかしたら語弊があるのかもしれませんが、私自身も他のHPやblogの過去の記事に対して何かしら思ったり感じたりした事があっても、コメントする事ってほとんどありませんしね。
上手く表現できませんが、ちょっと感傷的になっているのかもしれません(笑)。
この先は、また車の中ででも話題に出来ると嬉しいです。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2006-03-10 21:50
keiさん、こんばんは。
お仕事、お疲れ様でした。そして今日は私が当直です(笑)。
そうでした。「DESK TOP FISHING」でした。てっきり、Flyfishingだと思っていました。それにしても、人の記憶って結構曖昧なんですね。
魔法のように美しいフライを巻く身体の不自由な少年の話。なかなか面白かったです。開高健氏は目を閉じながらいったいどんな事を考えていたんでしょうか。
これからもきっとkeiさんの頭の片隅に、いや記憶の片隅にその少年の姿が宿っていくんでしょうね。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2006-03-10 22:01
daikyuさん、こんばんは。
daikyuさんもblogを始めて1年になられるんですね。1周年記念エントリー、楽しみにしています。
そうですね、blogを始めていろんな方と知り合えましたが、実際にお会い出来ると、また違ったものに感じますね。私にとってはかなり濃厚な密度の高いblogを始めての1年でした。
最近思うのは、取り敢えず無理をしないで続ける事だけを考えています。マイ・ペースで。

ミッドナイト・ドリンク・フィシングですか。今度は新宿の夜ではなく、場所を変えてススキノの夜で開きましょうね(笑)。
Commented at 2006-03-11 15:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-03-11 15:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2006-03-11 23:20
トキサキさん、コメントありがとうございます。
読ませて頂きながら、フムフムと頷いておりました(笑)。
そうですね。仰る通り、何かを感じたり考えたりするきっかけになれば良いのかもしれませんね。少し、気持ちが楽になりました。
Commented by tokyo_terry at 2006-03-12 21:21
Yunさん、こんばんわ!
ボクは以前いただいたコメントを読み返す事がありますヨ。大体そんな時は落ち込んでいたり、ヘコんでいたり、何か思う事があったりした時です(笑)そんなとき、沢山の方からいただいたコメントで前向きになったり、勇気をもらったりします。
またABUさんと同じくボクも、Yunさんのblogからは刺激を受けたり、感じたりもします。やっぱりこれまでに顔を合わすことが出来たり、一緒にサカナ釣りをしたりした事があると、余計に気になるときがありますね。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2006-03-12 22:27
terryさん、こんばんは。
そうですね。私も以前戴いたコメントを読ませてもらったりする事があります。そういう時は、やっぱり気持ちがちょっとホッとしますよね。
私もterryさんをはじめ皆さんのblogやHP、それにコメントから刺激を受けたりします。こういうinteractiveな感じって良いのかもしれません。それに一度お会いするとrealityも増しますしね(笑)。
改めまして、今後とも宜しくお願いいたします。