Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

<Vol.198>折れたHARDY
d0029241_22213957.jpg
「バキッ」なんかではではなく、あれは絶対「バン」である。
何かが低音で炸裂するような音と共に嫌な鈍い衝撃が僕のロッドを支えている左腕と下腹部に響いた。

どれくらい前だったかはハッキリと覚えていないけれど、「お値打ち価格で」といううたい文句にメチャメチャ弱い僕は、イナガキの通販でHARDYのDXクラシックという#8番のロッドを衝動買いしてしまった。数日後に届いたロッドの洒落たラッピングに美しいワイン・カラー(本当はもっと別の呼び方があるんだろうけれども)のブランク、それに白いインクで書かれたサインを眺めながら、しばらく、お酒を片手にウットリとしたものだった。でも、実際にラインを通してロッドを振ってみると、それは僕の期待に反してビシビシではなく、どことなく重くてモッタリとしたアクションだった。これがトラディショナルなアクションというものなのだろうかと思いながら、ちょっとがっかりした気分でロッドをケースに仕舞ったのが思い出される。結局、それは殆んどフィールドで使われることはなく部屋の片隅に置かれたままだった。

何度か、このロッドを手放そうかと思ったことがある。行きつけのショップに委託販売で1年近く置いていたけれど、最後まで買い手が見つからず、また僕の手元に舞い戻ってきた。「もしかしたら、何かの縁があるのかもしれないね」などと自分に言い聞かせるしかなかった。

何年か前の元浦川。なぜか不思議とこのロッドでサーモンに出会いたくなった僕は、美しいこのロッドを片手に朝靄に包まれた早朝の元浦川のトルクのある流れの瀬の辺に佇んだ。何投目かに深く沈んだ真赤なフライをオスのサーモンがテイクした。強い流れを味方にしたサーモンの強引なファイトを何とか凌ぎ、浅瀬でランディングしようとしたまさにその時、あの忘れられない出来事が起こった。
「バン」。鈍くて重い衝撃と共に美しいHARDYのロッドがバットから無惨にも折れていた。最初、何が起こったのか全く分からなかったけれど、僕が事の全容をハッキリと受け止めるのにそれ程時間は掛からなかった。「アッ・・・」という声にもならない呻き声と共に、このロッドと僕とを結んでいた細い糸のような物がプツンと切れたような気がした。折れたロッドの端と端を合わせたところで何かの魔法のようにつながる筈はないんだけれど、僕の中で諦めがつくまで、川原でしばらくそんなことをしていた。折れたHARDY。殆んど使うことがなかったロッドだったけれど、無性に哀しかったのが今でも印象に残っている。

年末が近くなって、シーズン中に酷使したロッドをクリーニングしていると、部屋の奥の方から折れたHARDYのロッドが仕舞われたロッド・ケースが僕の視界にチラチラと入ってくる。その度に、僕の胸がチクッと痛むのはなぜだろうか。
d0029241_2344363.jpg

[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2005-12-28 23:48 | slow fishing | Comments(5)
Commented by SHU at 2005-12-29 01:00 x
Yunさんこんばんは。
ハディーのRodは美しいですよね!今なら多分お気に入りで一番稼働率が高かったのでは。。。なんとも勿体ないですね。
是非直して復活してあげてほしいな。美しいRodみたいな~。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2005-12-29 11:31
SHUさん、こんにちは。
実は密かに、何度か復活させようとして見積もりは出したのですが、あまりにもその修理費が高かったので、結局そのままになってしまっています(笑)。
このブランクは日にかざすと、まるでフル・ボディの赤ワインのような美しい色合いと輝きを見せてくれます。ウィンストン・グリーンも好きですが、こういう落ち着いた色もいいですよ。
でも、フル・ボディなだけあって、ちょっと重めです(笑)。
Commented by G.O.D at 2005-12-30 14:59 x
Yunさん、こんにちは。そしてはじめまして。
東京在住のG.O.Dと申します。フリーランスのデザイナーをしております。
(以前の日記の感想も含めたコメントなのですが、とりあえず最新の日記にコメントさせて戴きます)
Kissing the Pinkを検索して偶然このブログに辿り着きましたが、
読み進めながら、写真の美しさに驚き、文章の巧みさに感嘆致しました。
そして、あの2nd CommunicationのYunさんなのですね(ビックリ)
日記を読まさせて戴く限り、とても豊かな「自分」の時間を送っている方なのだなと、
羨ましくも思いました。(師走の今日も事務所に泊まり込みをしている自分とは違うなと…)

2nd Communicationは今でも聴かさせていただいています…まさに今もPCで(笑)
Kissing the Pinkの1stはCDでの入手がほぼ不可能なので私も時々アナログで聴いております。

Lotus Eliseに乗っておられるのですね。
私の20年来の親しい友人が東京で(ほぼElise専門)メンテナンスショップを
経営しております。機会があれば是非立ち寄ってやってください。(www.davidjapan.com)

北海道の冬の厳しさは相当なものと思いますが、お体に気を付けて。
良い年をお迎えください。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2005-12-31 01:26
G.O.Dさん、こんばんは。こちらこそ初めまして。
音楽を通じて訪問して頂き、さらにコメントまで戴けるのは、初めてだと思います。ちょっと驚きと共にとても嬉しく思いました。ありがとうございます。

Kissing the Pinkは、私にとってとても印象的なグループでした。偶然手にした1stアルバムなのですが、ある意味とてもショッキングだった記憶があります。また、2ndアルバムに収録されている"THE OTHER SIDE OF HEAVEN"という曲も個人的にはとても好きでした。
Kissing the Pinkは、初期の頃の2nd COMMUNICATIONの曲作りに、つまり私になるのですが、とても影響を及ぼしていたと思います。今でも、時々思い出したかのようにレコードに針を落とすのですが、やっぱり良いですよね。

長くなりそうなので、2つに分けます。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2005-12-31 01:33
2nd Communicationの作品をお持ちなのですね。ちょっと照れくさいような気もしますが、今でも聴いてもらえているかと思うととても嬉しいです。最後のアルバム以降、活動はしていないのですが、10年以上前のことですが、一時期"Autopoietic dub sound system"という変名で一度だけ札幌でLIVEをしたことがあります。この時の曲は、未発表でKK Recordsにも送っていません(笑)。何時かは、また活動を再開したいと思いながら、今日に至っております。

DAVIDのタカさんとお知り合いなのですね。実は今年の春、東京への出張の折に、立ち寄らせて頂きました。札幌から来たとお話すると、とても親切にして頂きました。是非とも、宜しくお伝え下さい。

今年は東京も寒い日が続いているとお聞きします。G.O.Dさんもお仕事がお忙しいと思いますが、くれぐれもお身体を御自愛されて、良い年をお迎えください。また、コメントを戴ければと思っております。