Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
全体
spey fishing
Custom Spey Rod
私的北海道のスペイ考
私的FlyTyingの愉しみ
slow fishing
fishing goods
salmon fishing
fly fishing
movie
cicada fly
my lotus elise
picture/photo/image
liquor
belgian beer
music
film
雑記
Used Tackle
以前の記事
2017年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

その他のジャンル
<Vol.983> チャートリュース&オレンジ(コーンヘッド仕様のイントルーダー・本流アメマス編)
d0029241_19333753.jpg



早春と晩秋から初冬にかけての十勝川の本流アメマス釣り、本流の濁りが強い時はティペットの先にブラックを基調としたフライを結ぶこともあるけれど、僕が一番信頼しているカラーは、どうしてアメマスがこのカラーを好むのかはさっぱり分からないけれど、やはりチャートリュースなのかもしれない。オレンジやパープル、それにオリーブやコパー、ピンクだって悪くはないカラーだけれど、最近の僕のお気に入りは何といってもチャートリュースとオレンジの組み合わせ。先週末の十勝川釣行では、川底に沈んだストラクチャーにフライをいくつか引っ掛けてロストしてしまったものだから、時間を見つけてチープなプラスチック製のフライボックスに何本かは補充しておかないと・・・。


d0029241_19485569.jpg

フックはがまかつのS11S-4Lの#6番。コーンヘッド仕様のイントルーダーの場合、僕個人としてはストレートアイが好み。ブラス製のコーンヘッドなので、追加するウェイトとして0.025のリードワイヤをシャンクに10回転させ、コーンヘッド内にコーンヘッドがぐらつかないように強く押し込む。使用するコーンヘッドの大きさと重さによって、リードワイヤを巻きこむ回転数は好みで調整可。


d0029241_19551370.jpg

僕は8/0のスレッドを使っているけれど、スレッドの種類、太さ、それにカラーは個人の好みで。今のところ8/0の細いスレッドでも特に支障は出たことはない。リードワイヤーがずれないようにしっかりと留め、スレッドは写真の位置で止める。最後にこの部分でシャンクをニッパーでカットする予定。


d0029241_2001264.jpg

INTRUDER LOOP HARD #6を約8cmの長さで切り出し、HARIMITSU社の管付きチヌ針5号のアイに通す。スレッドを数往復させ、さらにINTRUDER LOOPの先端を折り返し、抜けないようにしっかりとスレッドで固定する。根掛かりすると、チヌ針が伸びたり折れたりすることもあるので、チヌ針が新しいものに交換出来るぐらいのギリギリの長さに留めるのがコツ。チヌ針が離れているとボディに絡むなどのトラブルの元だし、反対に近すぎるとフックが交換出来なくなってしまう。


d0029241_20233676.jpg

カット予定のシャンクの直前にSpirit River社のPALMER CHENILLE・オレンジを3回転巻く。別のシンセティック・シェニールでも代用は可。他のカラーバリエーションで巻く場合は、好みのカラーでもよい。以前はエッグカラーのダビング材でダビングボールを作ってからシェニールを巻いていたが、最近は省略していることが多いかな。


d0029241_2032095.jpg

Whiting Farms社のスペイハックル・サドルのオレンジから、好みのファイバーの長さの1枚を取り出し、先端を巻き留める。


d0029241_20374144.jpg

そしてファイバーを後ろに向けながらハックリングする。マラブーでも代用出来るけれど、ファイバーの長さとボリュームを考えることが必要。マラブーの場合は2~3回転ぐらいが理想だろうか。


d0029241_20391854.jpg

UV POLAR CHENILLE・シルバーを巻き留める。


d0029241_20413972.jpg

次にUV POLAR CHENILLE・チャートリュースを巻き留める。ちなみにカラーの組み合わせは自由だけれど、僕の場合はメタリック系と非メタリック系のカラーを組み合わせるとが多いかな。


d0029241_20435174.jpg

2つのカラーのシェニールを同時に平行を保ちながらアイ側へとグルグルと巻いていき、だいたいこの位置を目安すにしてスレッドで留める。シェニールをハックリングする際には、ファイバーを出来るだけ巻き込まないように注意が必要。


d0029241_20475692.jpg

この位置で少量のフラッシャブーやラバーレッグを巻き留めることもあるけれど、最近は省略することが多い。チャートリュースに染められたゴールデン・フェザント・ティペットを先端から巻き留める。今回はチャートリュースだけれども、オレンジでもアクセントになって面白い。


d0029241_20522589.jpg

ゴールデン・フェザント・ティペットをハックリング。ゴールデン・フェザント・ティペットのファイバーは意外と張りがあるので、これから巻き留めるマテリアルにフンワリとした柔らかさを与えてくれるような気がして、最近はよく使っている。


d0029241_2055136.jpg

さらに巻きとめたSpirit River社のPALMER CHENILLE・チャートリュースを3回転ハックリングする。これもフライのカラーバリエーションによっては、お好みのカラーで。


d0029241_2057675.jpg

スペイハックル・サドルのホワイトの持ち合わせがないので、白のマラブーを使う。ハックリングするマラブーのファイバーの長さを計算しながら、マラブーの先端部分を巻き留める。ハサミを使ってファイバーを寝かせる側に折っておくと、ファイバー同士が絡まずにハックリングしやすい。


d0029241_2105621.jpg

マラブーのハックリング回数は取り出したマラブーのファイバーの密度によっても異なるけれど、おおよそ3回転が僕の好み。それ以上になるとボリュームが強く出すぎてしまうようだ。ベースに白を使うと、まるで何も描かれていないキャンバスのように次に使うチャートリュースが映えるように思う。


d0029241_215187.jpg

ファイバーが好みの長さのチャートリュースのスペイハックル・サドルを取り出し、先端部分を巻き留める。スペイハックル・サドルはそれほどボリュームが出ないので、もう一枚別のカラーを組み合わせることもあるだろうか。


d0029241_2175381.jpg

スペイハックル・サドルをファイバーを後ろに向け、なるべくファイバー同士が絡まないようにハックリングし、スレッドで留める。スペースは窮屈だけれども、窮屈な方が仕上がりは綺麗になるような気がする。


d0029241_21104324.jpg

最後に片側のファイバーを取り除いたギニアのブルーを巻き留める。今回はブルーのギニアを使ったけれど、他のカラーや黒のコック・フェザント・ランプを使うのも面白い。


d0029241_21124718.jpg

ギニアをハックリングして、最後にフィニッシュ。あとはニッパーでフックのシャンクをカットする。ハイ、オツカレサマ(笑)。


d0029241_21154947.jpg


d0029241_2116222.jpg

前から見ると意外とボリュームがあるようだけれど、水に濡らすと結構スリムになるようだ。でも、実際に本流でフライを泳がせてみると、マテリアルがそれなりに広がってなかなか妖しい動きをしてくれると思っている。カラーバリエーションをブラック&オレンジにすると、きっと本流レインボーにも好かれるんじゃないかと思うのだが・・・。


d0029241_21183571.jpg



今日のBGM : E2 E4 / Manuel Göttsching


[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2013-11-27 21:31 | 私的FlyTyingの愉しみ