Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

<Vol.979> 秋の夜長のフライ・タイイング(本流アメマス・コーンヘッド編)
d0029241_1942611.jpg



フィールドで目にする紅葉もピークを過ぎ、お気に入りの本流にウェーディングしつつも、早朝やイブニングのプライムタイムともなると、いよいよくたびれたフリース地のグローブが手放せなくなる晩秋の季節がやってきたようだ。やはりそんな季節ともなると、どうしても僕は本流アメマスのことが気になり始めてしまうのかもしれない。
そんな僕はアメマスだけでなく、フィールドに足を運ぶ前には、時間の許す限り何本かの新しいフライを巻くようにしている。1本の時もあればいくつかのカラーバリエーションを加えた複数本の時だってあるけれど、なぜかその方が長い距離をドライブするモチベーションがキープ出来るような気がするし、何よりフィールドでの楽しみがまたひとつ増えるような気がするからだろうか。
北の本流への釣行の合間に、本流アメマス用のフライをいくつか巻いてみた。基本はブラス製のコーンヘッド仕様のイントルーダー・パターンで、特に新しいアイデアは加えてはいないけれど、ホットオレンジとチャートリュースに塗られたコーンヘッドを試しに使ってみることにした。ボトムに当たるとコーンヘッドの塗装が剥げ落ちることがあるから、そんな時は赤いバーニッシュで塗り直してみようと考えている。ちなみにシャンクには、がまかつのS11S-4L、#6を使用。個人的にこの手のパターンではストレートアイが好みだからね。
水中でのアピールはもちろんだけれど、水の中では出来るだけ細身になるように心掛けた。マラブーのハックリングは少なめで、色違いのスペイハックルをハックリングしてメインに使ってみる。ボディには色違いのUVポーラーシェニールをシャンクにそのままパラレルに巻いてみた。ちなみにこのアイデアは時々北の本流でお会いする旭川のSさんのフライを見せてもらって、そこから拝借したもの。
ここ最近、ちらほらと十勝川のアメマスの話が僕の耳にも聞こえるようになってきたけれど、今シーズンはどうなりますものやら・・・笑。


d0029241_20162177.jpg

白のマラブーを使ったパターン。白をベースに使うと、なぜか色合いが美しく感じられてしまうような気がするのだが・・・。

d0029241_2018525.jpg

同じく白のマラブーを使ったパターン。ホットオレンジとイエローのスペイハックルの組み合わせで、イメージはミッキーフィンのカラー。

d0029241_2021581.jpg

メインのチャートリュース。やはりこの色は外せないように思う。

d0029241_2023275.jpg

少し濁りの入った本流では黒も外せないカラーだろうか。あとはパープルとピンクさえあれば申し分ないのだけれどもね。


先日、動画サイトを観ていたらVISIONの面白そうな動画を見つけた。
北欧といえばアンダーハンドキャストのイメージが強いけれど、意外とスカジットキャストも広がり始めているのだろうか。そんな動画の中で気になったのがVISIONのTANKというちょっとクラシックなイメージが漂うリール。ディスクブレーキ搭載で正回転時はサイレントだけれど、逆回転時にはかなり素敵な音色がするように僕には聞こえたのだけれども。VISIONのリールはフライリールにあって意外とリーズナブルなプライスだから、いぜれショップで目にする日がやってくるのだろうね。

P.S.偶然Dec Hogan氏がシンクティップラインを使用した際のスカジットキャストのコツを紹介している動画を見つけたので、もしかしたら参考になるかもしれないと思う。そうそう。ヘビーなシンクティップを使っている場合、リフトはゆっくりと。そして沈んでいたシンクティップが視界に入ったらスイープへ移行。シュート時のロッドティップは高い位置に保持。







今日のBGM : Smokin Beats / Jazz House


[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2013-11-06 20:44 | 私的FlyTyingの愉しみ | Comments(10)
Commented by mooly at 2013-11-06 22:42
Yunさん、こんばんは。ご無沙汰しています。
いい感じのフライ達ですね。Yunさんテイストがふんだんに盛り込まれて、Yunさんが巻いたフライだとすぐわかる感じです。あまりにも特徴的なので、たぶんアメマス達にもYunさんのフライだと、そろそろ気づかれるころだと思いますよ。でも魅力的なので思わず食べちゃうんだと思いますけど。(笑)
VISIONのTANK 私もチェックしておりました。鏡面仕上の感じがいいですよね。構造はGTというのとたぶん同じだと思います。ただ正回転時に音が鳴れば最高なんですが。あと、Renforsというのも気になります。こちらのほうがドラグの性能がいいらしく値段もちょっと高めです。気になったので、テムズ店長に取り寄せれるか確認してもらったら、どちらも日本に入ってくる予定はないとのことでした。残念です。
今年も残すところの終盤の釣り、どうぞいい釣りができよう楽しんでください。いい魚が釣れるようお祈りしています。・・・って、ほんとはちょっとストレスが溜まっていますけど・・・
Commented by andieloop at 2013-11-07 19:06
Yunさん、こんばんは。
色使いといい、シェイプといい、また、赤い葉の上に乗せての撮影など本当に素敵ですね。とても、参考になります。
実は、先週は、Yunさんの『鮭稚魚イントルーダー』を大いに参考にさせてもらったフライ(普通のフックですが)が、道東のアメマスを大いに誘惑してくれましたので、気をよくして、現在補充中です。
また、スカジットキャストの動画についても、見たことはあったのですが、内容の要諦を解説して頂き、ルーキーの私としては、とても参考になりました。
では、タイミングは雨次第と思いますが、お気に入りのフライを結んで、大河の釣りを楽しんでください。
Commented by fishordie at 2013-11-07 21:04 x
Yunさん、ご無沙汰しています。今年もずっと相模湾オフショアで忙しくしていました。水温が20度くらいまで下がってきて、そろそろシーズン終わりかなぁ~、と、少しテンション下がり気味です。

最近は色付きコーンヘッドが買えて便利になりましたが、一昔前はブラスのしか無かったので、自分で蛍光オレンジと蛍光ピンクを混ぜて何回も塗ってカラーコーンを作っていました。それでも石に擦れると剥げるので、乾いても透明な塗料を上塗りして補強していました。当時使っていたのは名前を忘れてしまったんですが、日本では見当たりません。でも、コニシが作っている「ウルトラ多用途ボンド SU クリヤー」はカラーコーン補強に使えると思いますよ。ソルトフライにも使っていますが、エポキシと違って乾いても無色透明だし、水にも強いしで、なかなかの優れ物です。少し弾力がある仕上がりなので、ロッドに当たってもダメージ少ないと思いますし。是非一度試してみてください。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2013-11-07 21:15
moriさん、こんばんは。なんだか少し釣りに行けないストレスが溜まっておられるようですね。こればかりは仕方がありませんから、来シーズン、またフィールドで御一緒出来る日を楽しみにしております。
ドライの状態では意外とボリュームがあるのですが、水に濡れると予想以上に細身になります。こちらはほんの少しウェイトを巻き込んでいるので、スカジット・コンパクト・インターとタイプ8の組み合わせで使ってみようかなと思っています。この他にもコーンヘッド無しのストリーマータイプのイントルーダーも巻いているのですが、こちらはタイプ3か4のスカンジSHで使ってみる予定です。
moriさんの巻かれたチューブフライもこれまでとはちょっと違った雰囲気ですね。タイイングには巻く人の好みがとても反映されているようです。今度はサカナに気付かれないように、少しカモフラージュでもしてみようかなと・・・笑。
シルバーのTANKは音色も含めてなかなか面白そうでしたが、これ以上リールが増えても・・・笑。でも、Renforsを含めてもう少しリールのサイズに関する情報があると嬉しいのですが。それにしても北欧のリールはなかなか個性的です。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2013-11-07 21:22
andieloopさん、こんばんは。
あまり参考にならないフライかもしれませんが、今年は色付きのコーンヘッドを使ったフライを十勝川でスイングさせてみようと思っています。これまでもメッキの落ちたタングステンコーンヘッドに赤いバーニッシュを塗ったりしていましたが、ホットオレンジやチャートリュースを使うのは初めてなので、アメマスさんたちに好かれるかどうかは・・・笑。
とてもチープな鮭稚魚イントルーダーでしたが、お役に立てたなら幸いです。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2013-11-07 21:27
fishordieさん、こんばんは。こちらこそご無沙汰しております。
先日来られていたyanbaidesuさんから相模湾オフショアの話は伺っておりましたよ。
これはとても素敵なアイデアをお聞きしました。塗装が剥げたコーンヘッドを再塗装して、何かでコーティング出来ればとは考えていましたが、ウルトラ多用途ボンドUVクリアーですか。実はこのボンド、手持ちであるので今度コーティングしてみようと思います。アドバイス、ありがとうございました。
Commented by yanbaidesu at 2013-11-07 22:10 x
こんばんは、綺麗なフライがいっぱいです、、、
ヤッパリ雨鱒にはチャートリュースが効きますか?コーンヘッドのイントルーダーを巻こうかなー?
fishordieさんが仰るようにウルトラ多用途ボンドUVクリアーはなかなかGOODです、、ソルト初心者の僕も愛用させて頂いています、、、、
すっかり朱鞠内での止水での釣りが体に染み込んでしまって、此方は本流が禁漁なので芦ノ湖あたりに行こうとラインを巻き替えて行くばっかりです、、、今度は釣れるといいなあ〜
Commented by d-yun5-fly-elise at 2013-11-07 23:46
yanbaidesuさん、こんばんは。
少し濁りの入った本流では、やはりチャートリュースや黒が効く印象です。少しオレンジが入ったものも悪くはないですよ。このタイプのフライのカラーは、ルアーの方が使われているミノーのカラーを参考にしています。そうなると意外とピンクを使われている方も多くて・・・。そんなことを考えていると、なかなかフライを巻くのも大変でして・・・笑。
ウルトラ多用途ボンドSUクリアーがあるので、今度試してみようと思っています。
そうですか。すっかり止水での釣りが体に染み込んでしまいましたか(笑)。確かに禁猟のそちらでは、しばらくスイングの釣りはお預けですものね。
Commented by どんまいアングラー at 2013-11-21 10:30 x
北の本流はまだ釣りが出来るなんて羨ましい限りです(^_^)

やはりチャートリュース良いのですね。

コーンヘッドの色剥げ防止方法ですがわたしは東邦産業から出てるケイムラ入りのUVグルー使ってます!
面倒な場合は同じく東邦産業から出ている一液性のポリウレタン樹脂ですね(^_^)
Commented by d-yun5-fly-elise at 2013-11-21 21:21
どんまいアングラーさん、こんばんは。
素敵な情報、ありがとうございます。ウルトラ多用途ボンドSUクリアーは、使ってみると衝撃には強そうなのですが、表面をつるっときれいに仕上げるのにはコツがあるようです。私の場合は、なかなか思ったようにきれいに仕上がりません(笑)。東邦産業のものは釣具量販店でも手に入れやすいので、今度試してみますね。
こちらの本流は、おそらく12月中旬ぐらいまでは楽しめるのではないかと思っています。アメマスとチャートリュース、切っても切り離せない関係のようです(笑)。