Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

<Vol.143>natural or synthetic
d0029241_19385363.jpg
 他の人に自分で巻いたフライを見せられるほど、タイイングが上手じゃないことは分かっているんだけれど、こればかりはフライを始めた頃から一向に変わらないというか、上達しないから仕方がない。そんな僕も、一時はタイイングの面白さに嵌ってスペイフライやウエットフライ、おまけにサーモンフライまで巻いてみたことだってある。でも、自分のテクニックのなさやショップで売っているマテリアルの高価さに閉口して、結局気が向いた時や必要に迫られない限りほとんど巻かなくなってしまった。おまけに、なるべく新しいマテリアルは買わずに、手持ちのマテリアルで何とかしようとするものだから、なおさら人にお見せするのには気が引けてしまう。
 最近は根っからの面倒臭がり屋が災いして、やっとのことで2、3本巻くのが精一杯だから、僕のアルミで出来たホィットレーのクリップタイプのフライボックスには、いつも昔巻いた代わりばえのしないフライ達が並んでいたりする。それにしても、いつになったら結ぶ機会に巡り合えるのだろうか。

 行きつけのテムズのレジの横には、いかにも釣れそうな凄腕のタイヤーが巻いたと思われるカメムシ・フライが並んでいた。そんなフライをマジマジと見てしっかりと頭にインプットしてから、家に帰って持ち合わせのオレンジとグリーンのディアヘアーでカメムシ・フライを2本だけ巻いてみた。グリズリーの長めのハックルを2、3回ヘッドにパラっと巻いて、おまけにオーバ-ボディにはピーコック・ハール数十本の飾り立て。
 こんなフライで大丈夫なんだろうか。こんなフライでは支笏湖の大きな鱒に見向きもされないんじゃないだろうか。そんな不安を胸に湖面に浮かべていると、支笏湖の大きな鱒は何の疑いもなく僕のフライに出てくれた。
d0029241_2136975.jpg
 初めのカメムシ・フライで幸運にも支笏湖の大きな鱒に出会えたものだから、調子に乗りやすい僕は、こんなフライで釣れたらもっと嬉しいと、手持ちのマテリアルでラバーレッグ付のフォーム・カメムシ(シンセティック・バージョン)を作ってみた。果たして支笏湖の女神は微笑んでくれるだろうか。今度支笏湖に行った際には浮かべてみよう。ダメなら、また改良すればいいだけだから。

ちなみに、使用したフックは、がまかつのB10S#8。そういえば、カメムシフライで検索したらこんなHPがあった。
[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2005-10-14 21:59 | 私的FlyTyingの愉しみ | Comments(4)
Commented by marchbrown at 2005-10-14 22:10 x
こんばんわ!今年もカメムシの時期になったんですねぇ。
私はこの時期の魚が苦手です。釣り上げた瞬間に漂う口臭がなんともいえない感じです。
それはさておき、フォームカメムシ釣れそうですね、
人を釣る毛鉤は優秀な毛鉤と言うようですが、
私は釣られたようなので早速、作成してみます。
Commented by タイコーロー at 2005-10-14 23:12 x
はじめまして。いつも楽しく拝見しています。先日初めてカメムシで虹をつりました。いつもは引っ張りなので、湖でドライで釣るというのは、非常に刺激的でした。次はセミにトライしようと思っています(ディアヘアのブレンド参考にさせていただきます)。私もフォームでカメムシを作りましたが、ポストを立てなかったので、ちょっと大きな波が立つとどこにフライがあるのかわからなくなってしまいましたが、むしろそれが向こう合わせになってよかったのかも。ドライはそうでなくてもハラハラドキドキしているので、どうしてもはや合わせになってしまいますが、今回は怪我の何とやらでした。北海道はこれから秋の本格シーズンですね。羨ましい気分をこのページで晴らしています。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2005-10-15 21:36
marchbrownさん、こんばんは。
前回の支笏湖で、私はカメムシを見つけることは出来ませんでした。でも、やっぱりシーズンなんですよね。
上のフライは火曜日にニジマスが出てくれたフライです。臭いは嗅いでいませんが、もしかしたらあのカメムシの臭いが移っているかもしれませんね(笑)。
フォーム・カメムシは、まだ実際に支笏湖では浮かべていないので何とのいえませんが、レッグはもう少し長い方がいいのかもしれません。でも、もし釣れたら、私のとって、とても印象に残る釣行になりそうです。
ショップの人の話によると、支笏湖のカメムシにもいくつかの種類があるそうです。私はあまり詳しくはないのですが、オレンジのお腹のカメムシよりも若干小型のナチュラル、タン・カラーのカメムシがこれから出てくるそうです。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2005-10-15 21:58
タイコーローさん、こんばんは。はじめまして。
コメント、ありがとうございます。
刺激的な釣りをされたようですね。よかったです。タイコーローさんの嬉しさが、こちらにも伝わってくるような気がしました。
ディアヘアのブレンドですか。机の上が結構汚れるので、後の掃除がちょっと大変ですよ(笑)。でも、ブレンドは楽しいので、他のマテリアルで試されてみても面白いですよ。
私も、セミフライもそうですが、ポストは立てていません。理由は、面倒だからです(笑)。確かに波がそれ程でもない時はしっかり見えますが、結構波があると見失ってしまうことがあります。見えているフライに鱒が出ると、どうしても気持ちが焦って反射的に合わせてしまい、スッポ抜けることが多いのですが、友人達の話によると、鱒がフライに出ても直ぐに合わせずに、手元のラインがズルズルと引き込まれてから合わせても遅くはないそうです。私もそうかなと思っています。でも、せっかちな私は、そこまで待てず、つい早合わせしてスッポ抜けることが多いです(笑)。
今後とも、宜しくお願い致します。