Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

<Vol.930> フライタイイングのバイブル
d0029241_2311211.jpg



Trout & Salmon / R.Valentine Atkinson著
Advanced Fly Fishing For Steelhead / Deke Meyer著
Flies For Steelhead / Dick Stewart & Farrow Allen著
Brown Trout Fly Fishing / Chris J.Francis著
The Atlantic Salmon Fly / Judith Dunham著

いつのことだったか僕は記憶が定かではないけれど、仕事がらみの出張で東京に行った際に南青山の根岸美術館の近くにあった今はもうない「アングラーズ・ブック」という釣り関係の洋書を扱う本屋に立ち寄ったのは、おそらく10年以上は前のことだったと思う。確かこの本屋のことがフライフィッシャー誌に連載されていた菊池仁志氏のエッセイ「アングラーの椅子」で取り上げられていて、読んでいるとなんだかとても気になってしまい、いつかチャンスがあれば立ち寄ってみたいものだと思っていた。とにかく、本屋を出た時に手に持った5冊の洋書が入った荷物がずっしりと重かったのをよく覚えている。あまりにも僕が重そうにしていたので、店主は宅配便で北海道まで送りますかと言ってくれたけれど、きっとこの重さだと送料が結構掛かりそうだったので、その申し出を丁重に断ったことが、なぜかやたらと鮮明に覚えている。

その本屋にはアングラーなら思わずワクワクしてしまいそうな素敵な洋書がたくさんあったけれど、僕がずいぶんと悩んだ挙句に購入したのは上記の5冊。そして、それらは今も自宅の書棚にしっかりと存在感たっぷりに鎮座し続けている。


d0029241_2341191.jpg



当時の僕はというと、フィールドではまだシングルハンドのロッドでの釣りがメインで、ダブルハンドのロッドを振ったことなんて多分数えるほどしかなかったし、ましてやスペイキャストとか、スティールヘッドというあまり聞きなれない言葉なんて、釣り関係の雑誌でチラッと目にすることはあったかもしれないけれど、普段楽しんでいる釣りとはまったく縁遠いものだったと思う。でも英語力にあまり自信のない僕としては、それらの本に書かれてる内容は別として、美しい写真やイラストがいたく気に入って購入したのは上記の5冊というわけ。

でも最初の4冊は当時の僕にもなんとか馴染みやすい内容だったと思うのだけれど、さすがに最後の"The Atlantic Salmon Fly"に関しては、いつかこんなアーティステックなサーモンフライが僕にも巻けたらなぁと思うだけで、ただ美しく巻かれたフライの写真を羨望の眼差しで眺めるだけのものだったように思う。だからおのずと書棚の隅でホコリを被る結果になっていた。


d0029241_10521838.jpg



最近はこの本が僕にとってフライをタイイングする際のバイブルになりつつあると言ってしまうのは、ちょっと大袈裟かもしれない。もちろんだからといってこれから本腰を入れてクラッシックかつアーティステックなサーモンフライを巻いてみようなどと考えているわけでもないのだけれど、久しぶりに開くことになったこの本に登場するサーモンフライに施された色の配色は、あたらめて僕にとって刺激的だったと思う。

昨年巻いたダーティフォーをもう一度バイスにはさみ、比較的安価なマラブーやギニア、それに最近気に入っいるファイバーが長くて柔らかいWHITING FARMS社のスペイハックル・サドルを使って、少しフライの配色にアレンジを加えてみることにした。今年こそはティペットの先に結ぶフライの色もブラックやブラック&オレンジから卒業したいものだと考えているけれど、こればかりはどうなるかはさっぱり僕にも分からない。でも、少しずつフライにアレンジを加えていったら、いつのまにかフライボックスに並ぶフライ達もすっかりカラフルになってしまった。これまでにフライフィッシングを始めた頃に買い揃えたのはいいけれどほとんど使わなかったマテリアルが、何かの拍子に役に立つことはあったけれど、それにしても10年以上も前に買った本が、今頃になってちょっとは役に立つとは思ってもいなかった。わざわざ重い洋書を北海道まで持ち帰った甲斐があったということか。

そうそう、この本にはSAWADAさんの巻いたフライもいくつか登場していて、そんなSAWADAさんのHPに出てくるフライも色の配色がなかなか刺激的かも。


d0029241_11291510.jpg



今日のBGM : Sysyphe / Sinking


[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2013-02-17 11:35 | 私的FlyTyingの愉しみ | Comments(8)
Commented by tahara at 2013-02-17 13:18 x
こんにちは。
私はあまり良い思いができない色とかマテリアルが結構あって、使い方が間違っているのかな?と思うこともしばしばあります。
この最後のサーモンフライの本はけっこう前からある有名な書籍ですが、何故か購入にいたっていません。 友人が持っていましたので、中身は少々見たことがあります。 当時はお世辞にも上手といえない人の本が多かったので、この本のフライは綺麗に見えました。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2013-02-17 13:47
taharaさん、こんにちは。
このサーモンフライの本は1991年に出版された本のようです。当時の私にはまるで図鑑のようなただ眺めるだけの本でした。今でもどうしてこの本を購入したのかはさっぱり分かりませんが、今思ってもやっぱり買っておいてよかったと思います。
Commented by やすこう at 2013-02-17 22:30 x
Yunさん、素敵なご本ですね。
本との出会いは縁なので、良い本があれば買っておいた方がいいですよね・・・気が付いたらももう手に入らない・・・
それにしても、電子媒体が進んでいるので紙の媒体は、あと、5年もしないうちに激減すると思います。きっと、本屋さんも今の半分に・・
それはそれでいいと思いますが、ちょっと寂しいですね・・・
今のうちに、フライの写真がたくさん載った洋書を蒐集しておきたいと思います。(古本屋かな・・)
Commented by hori at 2013-02-18 10:38 x
Yunさん、おはようございます。
ライブは、いいですね。また、良さそうなものがあったら行きましょう。

今度、伺ったときに見せてください!
同じ著者のTrout Flyという本を持っています。
残念ながら本文は私にとって暗号ですが
こちらも写真がよくてお気に入です。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2013-02-18 21:44
やすこうさん、こんばんは。
まさか10年以上も前に買った本が、今になってあらためて刺激的に感じるとは思ってもいませんでした。マリードされた美しいウイングが乗ったサーモンフライの写真は眺めているだけでも本当にアートという感じです。色の配色はなかなか刺激的でした。
確かに今後は電子媒体化がさらに進むのかもしれませんね。でもアナログを好む私としては、ちょっと寂しい感じがします。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2013-02-18 21:51
horiさん、こんばんは。
昨夜はお疲れ様でした。Indigo Jam Unitのライブはなかなか面白かったですね。久しぶりにグルーブ感のある激しいビートに酔いました。
同じ著者で他にも本があるのは知りませんでした。きっとそちらもフライの写真が美しいのでしょうね。写真を眺めているとフライが写っている写真の背景にとてもこだわっているのが印象的でした。
Commented by mr.hoo at 2013-02-20 19:41 x
yunさんこんばんは。サーモンフライ憧れます。マテリアルを揃えるだけでも高額になりそうなので一年間何も買わず釣りも行かず…無理ですね(笑)
先日の釧路川のウライの件ですが水産省や環境省にお願いしても…
釧路自然環境事務所にたどり着き問い有って頂き先週、完全撤去前にとりあえず数m魚道を付けて貰えました。これからも他魚種に影響のないよう、生態系が崩れないように願うばかりです。ありがとうございました。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2013-02-20 20:23
mr.hooさん、こんばんは。
釧路川のウライの件、あまりお役に立てず申し訳ありませんでした。数mの魚道は、mr.hooさん達の努力の甲斐があってのことですね。本当にご苦労様でした。
私もさすがにサーモンフライは巻こうとは思わないのですが、見ているだけでもその美しさに憧れます。時々マリードされたウイングの配色だけは参考にさせてもらっていますが・・・。