Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

<Vol.922> フライのアクセント
d0029241_2325417.jpg



ここ最近、タイイングバイスの前に座って想像力を膨らましつつ新しいフライを巻く時には、何かしらフライにインパクトのあるアクセントというかスパイスを加える事を意識している。
もちろんフライそのもののバランスや色合い、それに動きも大切な要素なのだろうけれど、何か鱒の気をちょっとでも惹くようなアクセントをフライに付加できないものかと。

そんな訳で、最近はラバーレッグやメタリックなフラッシャーを加えることが多いのだけれど(もちろんその量は個人的な許容範囲の中ではあるが・・・)、特に昨年手に入れたHARELINE社のCrazy Legsという2色のカラーがミックスされたラバーレッグと、Romanmoser社のLURE-EXというレインボーカラーのフラッシャーの使用頻度が高いかな。とにかくレインボーカラーのフラッシャーの方は偶然テムズのお正月セールの特価品コーナーの中から見つけたのだけれども、数色のメタリックなフラッシャーがミックスされていて、とにかく最近の僕のお気に入り。半額以下の特価品だった事もあってか、珍しく数個もまとめて大人買いしてしまった。

そんなアクセントというかスパイスが効いたフライが本当に鱒に好かれるかどうかは、実際にフィールドに足を運んで使ってみないと分からないけれど、取り敢えずフィールドで使ってみる前に、フライを巻いた僕自身が、これを使ったらきっと・・・、などというワクワク感が新しいフライを巻く時に何よりも大切かなと思っている今日この頃。

P.S.先日マイザーさんから連絡があり、HPは春頃をめどにリニューアル予定との事。さらに、昨年秋に僕の不注意で再起不能にしてしまったS2H14078MKS-4 "Salty Heaven River" は、現在新たに製作中で、来月には届けられるよとの嬉しいニュースも。ちなみに、今回のコスメはマイザーさんにお任していて、ウッドインサートのリールシートは、これまでとは違う新しいものを使うからというお話。


d0029241_23295433.jpg



今日のBGM : Underworld / Rez/Cowgirl




今日のTying Movie : ゴールデン・フェザント・ティペットをハックリングするという使い方が印象的で、これもある意味、フライのアクセントになるかなと思う。それにしてもこのタイヤーのフィニッシュする時のシザーズの使い方がカッコイイなぁ・・・。




[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2013-01-09 23:32 | 私的FlyTyingの愉しみ | Comments(10)
Commented by hide at 2013-01-10 16:09 x
Yunさん、こんにちわ。 十勝川のアメマス仕様と北の本流のレインボー仕様ですね。 とても釣れそうなシルエットに仕上がってますねぇ!Yunさんの様にうまくタイイング出来ればフィールドでも良い結果に結びつくのですね! 此方は例年になく寒波でフィールドに行くのは軽装備でヒマラヤに行く様な状態です(笑) いくら寒さに強い自信がある僕でも流石に行けません。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2013-01-10 21:38
hideさん、こんばんは。
今年の北海道はまるで冷凍庫の中にでも入っているかように感じるぐらい本当に冷え込んでいますから、もしかしたら、早春の十勝川のシーズンインは厚い氷に閉ざされて少し遅れるかもしれませんね。
時間を見つけては少しずつフライを巻いています。チャート系は十勝川の本流アメマス用ですが、黒系も雪代で濁り始めた場合にはよく使っているんですよ。きっと北の本流でも活躍してくれると思いますが、こればかりは実際にフィールドで使ってみないと分かりませんね。あくまでも期待ということで・・・。
Commented by 110-ken at 2013-01-10 23:04 x
Yunさん,こんばんわ!
またまたダメですよ,マテリアルをブログにアップしては。
日本中からラバーレッグ(タコベイト)が消え去ってしまうではありませんか(笑)
消え去る前に少し買っておいてよかった!

さて,自分もフライ巻こーっと(^。^)/
Commented by d-yun5-fly-elise at 2013-01-11 00:43
110-kenさん、こんばんは。今年も宜しくお願いいたします。
アレ?以前、ラバーレッグは苦手と話されていましたが、密かに買われていたんですね。好みは分かれると思いますが、ほどほどに使うと動きがなかなか妖しくなりますので、個人的には重宝しています。
今度、昔サーモン・カラフトマスのルアー用に買ったピンク色のタコベイトがたくさん余っているので、カットして何かに応用してみようかと考えたりしています。
Commented by bolocyan at 2013-01-12 21:54
Yunさん 明けましておめでとうございます
そして、今年も宜しくお願い致します。 年明けの 漁港のアメマス と
今回の記事の選曲といい 年が変わっても、やはり Yunさんワールド
でしたネ W
フラッシャーとラバーのキラキラ感がとてもBGMとあっていて
今年 初めての拍手でした W
それではまた・・
Commented by d-yun5-fly-elise at 2013-01-12 23:18
bolocyanさん、こんばんは。こちらこそ、今年も宜しくお願いいたします。
Underworldは、昔はあまり聴かなかったのですが、最近は気に入っていて、時々車の中で聴いたりしています。ちなみに今回の曲はお正月に遊びに来ていた弟のお勧めでした。
春のシーズンに向けてフライを巻いてはいるのですが、1本巻くのにどうしても時間が掛かってしまいます。シーズンが始まって、一投目で根掛かりでロストしたら、それはもう〇×△◇☆・・・ですね。
Commented by tahara at 2013-01-13 00:05 x
こんばんは。

GPのティペットをハックルのように巻くのは、古典的なサーモンフライでは行われていました。 ただ有名なパターンはないので、あまり目にする機会はないですね。 今回のSteelheadフライのように、他のマテリアルを覆うように使った方が良いかもしれませんね。 以前から良い使い方がないかと思っていたので、参考になりました。
Commented by matsu at 2013-01-13 04:42 x
ナイスなビデオをありがとうございます。マラブーを卷く場合、前後に硬めのハックルを配置してボリュームをキープするというのがルールみたいですね。しかしゴールデン・フェザントのハックル使用は目から鱗でした。それにしてもエイミーさん、かなりな巻き手です。話ぶりもとても知的ですし。たぶん相当凄腕のスティールヘッダーだと思われます。先日、フライショップで若い女性がスティール用のマテリアルを物色していたので、ちょっと話したら、親父さんがフライフィッシャーで、その影響で子供の頃からサーモン、スティールを釣っているとか。川ではダブルハンドのロッドを駆使してるとかで何とも凛々しいクールな美女でしたよ。(笑)
Commented by d-yun5-fly-elise at 2013-01-14 19:14
taharaさん、こんばんは。風邪の方は大丈夫ですか。お大事にされて下さい。
さすがtaharaさん、古典期なサーモンフライについてはお詳しいですね。なるほど昔からGPのティペットをハックリングするという手法があったんですか。きっと用途は違うかもしれませんが、最近使っているフライのパターンにも応用できそうです。これまではブラウン・マラードやグレー・マラード、それに染められたマラード・フランクなどをファイバーの片側を取り除いてハックリングしていましたが、他にも使えそうなマテリアルが身近にありそうです。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2013-01-14 19:28
matsuさん、こんばんは。
そういえば、こちらのフライショップでは若い女性を見かけることはほとんどありませんね。もちろん男性も含めてですが、若い人達にあまりフライフィッシングというものが知られていないようです。私の娘や息子も、まったく興味がないようですし・・・。自転車で行けるような近くにフィールドがあるような環境なら、また状況が違うような気もしたりしますが、どうでしょうかね。
なかなか分かりやすい内容の映像だったと思います。ゴールデン・フェザント・ティペットの使い方は私もビックリでした。なんとなく、matsuさんにも気に入ってもらえるような気がしていたんですよ。最近はこういった模様の入ったマテリアルが好まれているようですね。