Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

<Vol.741> "Trouty Blue" / R.B.Meiser S2H1366S-4 Custom
d0029241_16423888.jpg



ロイヤルブルーにイエロー、そしてコパーのスレッドによるコンビネーション。
それは、まるで絵画のように美しい仕上がりだった。
カスタムメイドのコスメのオーダーは、"Trouty Blue"。
Meiserさんが仕上げた、とびっきり美しくて、世界中どこを探しても同じものが二つとないスペイロッドが、昨夜自宅に帰ると届いていた。


d0029241_1658245.jpg


昨年の12月中旬に僕がオーダーしたロッドは、R.B.Meiser RodsのS2H1366S-4というモデル。つまり13'6" #6番のHighlander"S"シリーズのスペイロッドということ。
これまで低~中番手のMKSシリーズや低番手のHighlanderシリーズは手にしたことがあるので、おおよそのことは分かるけれど、新しくラインアップされたHighlander "S"シリーズを手にしたのは今回が初めてのことになる。


d0029241_17131496.jpg



このHighlander "S"シリーズだが、実はMKSシリーズとHighlanderシリーズのちょうど中間ぐらいに位置するテーパー構成になっているようで、正式にHighlander"S"シリーズという名称がつけられるまでは、一時期Web上では"Highlander Hybrid"という名称で呼ばれたりして、その噂だけが勝手に一人歩きしていたように思う。もちろん僕としても、このロッドがいったいどんなアクションのロッドなのか、とても興味がそそられるロッドであったことに違いはないのだけれども・・・。


d0029241_17275431.jpg



昨年この"S"シリーズがリリースされて、いち早く手に入れられたakiranさんやtoritoriさんのS2H1407S-4を十勝川や知床で振らせてもらい、MKSシリーズのバットに少し張りを持たせて、ティップを若干繊細にした感じという感想を持った僕は、これはなかなか良いかもと、この"S"シリーズに対してさらに好印象を持ってしまった。


d0029241_1743865.jpg



確かにMKSシリーズは独特のアクションで、アングラーによって好みの分かれるところだと思う。しかしこの"S"シリーズは、おそらくシューティングヘッドやスカジットヘッドなといったどちらかというとショートヘッドを気持ちよくキャストするのに適したロッドなのだろうし、湖や本流などでオールパーパスに使えるロッドのような気がする。


d0029241_17573877.jpg



次にもしもマイザーロッドをオーダーする時は"S"シリーズでオーダーしようと考えていた僕は、今回Meiserさんに無理をお願いして、カタログ上にはないフィールドテスト中のスペックをカスタムで仕上げてもらった。

Model : R.B.Meiser S2H1366S-4 Custom Build
Grain Window : 400 to 650
Feather Inlay Options : "Trouty Blue" / Guinea Evler base feather
Guide & Butt Wrap Options : "Trouty Blue"
Reel Seat Options : Struble U26 Bright Nickel Silver,
                Burl Madrone Wood Insert

どうやらこの新しいロッドをフィールドで最初に手にするのは早春の十勝川になりそうである。ラインを通したキャストフィールがいったいどんな感じなのか、こちらも楽しみの一つなのだが。

今回はこれまでの暖色系のカラーとは違い、初めて目の覚めるような鮮やかなブルーをメインにコスメを仕上げてもらった。
次回は燃えるような赤、それもイタリアの跳ね馬、フェラーリをイメージして思わずハッとするような鮮やかなイタリアンレッドでコスメをお願いしてみようかなと僕は思っている次第。きっとフィールドでは一際目立つだろうなぁ(笑)。

P.S.今回もこのロッドにマッチさせたフローティングのヘッドとランニングラインが一緒に送られてきていた。ちなみに重さは471gr、長さは34.5feet。参考までに。


d0029241_18172297.jpg



今日のBGM : Subes / See You There


[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2010-03-02 18:23 | Custom Spey Rod | Comments(14)
Commented by 110-ken at 2010-03-02 18:58 x
Yunさん、こんばんわ

今回のMeiserもとってもきれいですね!
自分のブルーのMeiserともまた異なり、すごく鮮やかなブルーですね。
フェザーも最高にすてきです。やっぱりMeiserのコスメは最高です(^.^)

アメマスキャンプで見せてくださいね!!
Commented by d-yun5-fly-elise at 2010-03-02 20:25
110-kenさん、こんばんは。
写真はいつものように少し加工していますが、それを差し引いても、今回の鮮やかなブルーのコスメは思わずドキッとするぐらい美しかったです。
実はロッドソックスから届いたばかりのロッドを恐る恐る取り出した時、目に飛び込んできた見慣れないコスメの仕上がりに一瞬意表をつかれたのですが、じっくり眺めているとその良さがジワジワと感じられるようになりました。明るい太陽の日差しを浴びると、そのブルーが一際鮮やかです。ブルーのコスメもなかなか良いものですね。
もちろんアメマスキャンプには忘れずに持って行きますからね。
Commented by kaneko at 2010-03-02 21:40 x
Yunさん、こんばんは。参考になりました。
涼しげなブルーが夏の十勝に合いそうですね!
今度の試投会(?)が楽しみです!


Commented by d-yun5-fly-elise at 2010-03-02 22:02
kanekoさん、こんばんは。
参考になりましたか?拙い解説で申し訳ありません(笑)。やはりご自身でロッドにラインを通してキャストしてみるのが一番分かりやすいんでしょうね。
しばらくはこのロッドと付き合うつもりです。
次回ご一緒する時にでも、是非振ってみて下さい。
Commented by fishordie at 2010-03-02 23:42 x
Yunさん、

こんばんは。ついに届きましたね!この手の配色は初めて見ました。美しいですね!私には雪の中を釣るのにピッタリのイメージです。Icy blueとでも言いましょうか。背景の雪氷とピッタリ合ってますね!インサートのウッドも飴色に味のある模様が入っていて好い感じですね。実物を見るのがとても楽しみです。

実はつい先日、地元の友人に頼まれて2本注文したのですが、その内の一本は青中心の配色をお願いしました。こんな感じに仕上がってくるのかもしれませんね。彼もこのサイトを見ているので、この写真を見てワクワクし始めていると思います。
Commented by toritori at 2010-03-03 08:39 x
Yunさん,おはようございます。
いやー、綺麗ですねー!!
Meiserさん気合入ってますね。羨ましい!
私もロッドが届くのを期待を大きくして待つことにします。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2010-03-03 20:12
fishordieさん、こんばんは。
月曜日に何とかロッドが届きました。予定納期は60日ですが、休日をはさむので、ほぼ予定通りなのかもしれませんね。
フェザーインレイのカラーは、仰るようにIcy blueといってもいいかもしれませんね。パッと見ると一瞬、筆で描いたようにも見えます。こんなブルーの色合いを見ていると、私はつい支笏湖の湖水の色合いを思い出してしまいました。
今回は初めてこのインサートのウッドを選びましたが、なかなか良い感じですね。マイザーさん、気を利かしてか、美しい瘤の模様の部分を一番見えるところに持ってきてくれたようでした(笑)。

ご友人の方は何と2本もオーダーされましたか。よほど気に入られたのでしょうね。それにしても、同時に2本とは凄いです。マイザーさんは日本からも含め結構な本数のオーダーを抱えておられるでしょうから、きっと工房は大忙しなんでしょうね(笑)。
ロッドの実物は、十勝川で是非とも。ご友人の方にもどうぞ宜しくお伝えください。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2010-03-03 20:20
toritoriさん、こんばんは。
最初はピークックブルーネックをフェザーインレイのメインにとオーダーしたのですが、ブルーが鮮やかに映えるからと、こちらのフェザーをマイザーさんに薦められました。結果的には良かったのかもしれません。
マイザーさんは私のように漠然としたオーダーを入れても、面倒かと思いきや、実はその方が作業するのが楽しいとメールで仰っていましたから、意外と好きなのかもしれませんね。
私もtoritoriさんのオーダーされたロッドを見せてもらうのが、楽しみです。
Commented by akiranspey at 2010-03-03 21:36
YUNさん、こんばんは!
冬の寒さと夏の爽やかさが重ね合わされた素晴らしいカラーリングですね(笑)
白銀の世界でも新緑の中でも目立ちそうな感じが素敵です。
今度の十勝で是非見せてくださ~い!!
私のロッドも十勝に間に合えばよいのですが、どうなることやら・・・。。。
Commented by やすこう at 2010-03-03 21:47 x
美しい仕上がりですね。とっても洗練されたデザインで…素敵です。写真は雪の上で撮影されたのでしょうか……

Mrマイザーもロッドの仕上げにもかなり時間がかけたことでしょう…

早く、タックルに命が吹き込まれるといいですね。

私のオーダーしたロッドはまだ、届きませんが(急がないので春までにと申し入れています。)、ますます、楽しみです。

ところで、スペイキャストの中古教本をオーダーしたり、いろいろと勉強中ですが、低番手のDHのスタイルによるラインシステムやキャスティング方法に関しては、ほんとに情報が少ないと感じます。Yunさんのように洗練されたスタイルを確立するためには、かなり時間がかかりそうです(泣)

DHキャストのスクールも探していますが、なかなかよい機会のスクールも見当たらず…道のりは長そうです…

ただ、春の本流に低番手のDHロッドでフライを流すことを、いまから妄想をしています(笑)

雪の十勝川は危なそうなので、どうぞお気をつけて
Commented by d-yun5-fly-elise at 2010-03-03 23:01
akiranさん、こんばんは。
オーダーされた"S"ロッドが3月中旬の十勝川釣行に間に合うといいですね。akiranさんのロッドのコスメを見せてもらうのを、私も実は楽しみにしているんですよ。
初めてブルー系のコスメでオーダーしたのですが、これはこれでなかなか雰囲気があって良い感じです。
もしかすると明るめのライムグリーンなんていうのもロッド全体が映えるかもしれませんね(笑)。
"S"ロッドは実際に振ってみたところ(ラインは通していませんが)、少しバークハイマーのアクションに似ているような感じがしました。あくまでも感想ですが・・・。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2010-03-03 23:23
やすこうさん、こんばんは。
前日の夜に少し雪が降ったものですから、自宅の前の道路で写真を撮っておりました。通行人の方は不思議そうな顔をされていましたが(笑)。
おそらくブルーのフェザーをきちんとシンメトリックに並べるのにマイザーさんは苦労されたんだと思います。フェザーインレイを眺めているとそんなことを感じました。
やすこうさんのオーダーされた"S"ロッドは、ただいま製作過程の真っ只中でしょうね。きっと手元に届いた実物を見ると、もう1本欲しいと思われますよ(笑)。

確かに新しいキャストに慣れるというか体が覚えるまでには、少し時間と練習が必要になるでしょうね。でも以前の少し長めのベリーのスペイラインを扱う場合と異なり、ショートヘッドの場合は意外と慣れるまでの時間が早いかもしれませんよ。重要なのは下手をしっかりと使ってバットを曲げることだと思っていますが、言葉での説明ってやっぱり難しいですよね(笑)。
上手な人にレクチャーを受けるスクールもいいかもしれませんね。でも最近はYou Tubeなどに沢山キャスティングの動画がありますから、そちらも参考になるかもしれません。
Commented by B-R-Bros at 2010-03-03 23:39
yunさん、
こんばんは、鮮やかねブルーですね!
和竿の世界には漆の研出しがあったり、象嵌細工の道具箱があったりしますが、なんとなく和のテイストを感じました。
マイザーロッドのブランクカラーはブラックだけなのでしょうか?
カラーのブランクがあるとフェザーインレイもなおいっそう映えるように思えますが。
↑FF誌3月号の付録のDVDで近藤氏がDHアンダーハンドキャストを丁寧に解説していました、参考になると思いますよ。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2010-03-04 11:33
Ryoさん、こんにちは。
仰るように施された繊細な細工には、和のテイストに通じるものがあるかもしれませんね。職人のこだわりのようなものを感じます。
以前はブランクカラーもオプションで選べたようです。しかし現在はブラックだけのような気がしますが・・・。
参考になるアドバイス、ありがとうございました。近藤氏は、各方面でがんばっておられますね。
私もDHアンダーハンドキャストのテクニックは、ショートヘッドのスペイキャストにとても役に立つように思います。