Top

札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
FISHMADMAN
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club

川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ

Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
~BQイッチー Nature Photo Graphy~
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
feels so good
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り情報
walton_Blog
terry's FlyFishing Bar
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
Angler's Notes from Southern Alps
「 飛 翠 。」 one's own way.
T-made FlyFshing Reels
街中のフライフィッシャー
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
竿話休題
miracsta
river side
阿寒クラブ
Wild Life 釣り日記
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

<Vol.696> 何かしらのヒント、そしてアレンジ・・・。
d0029241_2173024.jpg



沢田さんの巻くフライ、安田さんの巻くフライ、備前さんの巻くフライ、などなど・・・、世の中には遠くから眺めても、間近で見ても本当にバランスが良くって、色合いの配色といい、いかにも鱒に好かれそうな美しく綺麗に巻かれたウエットフライというものがあるんだなぁとつくづく思う事がある。まあ、いろんなウェブサイト(HP)を眺めたり、ちょっと古い釣り雑誌を読み返してのことなんだけれどもね。

もちろん僕にはオーソドックスなパターンでも全く問題ないのだけれども、できればちょっと新鮮なパターン、それもこれまであまり巻いた事の無いパターンのフライがほんの数本かフライボックスに入っているだけで、週末フィールドに向かう時の気分というものが、なぜかしらいつもとちょっと違うものである。まあ、新しいロッドやリール、それにラインを新調してフィールドで試す時だってそうに違いないのだが・・・。でも新しくフライを巻く事がもしかしたら一番お金が掛からないし、手っ取り早く新鮮な気分を味わえる手段なのかもしれない、などと思っている。でも、なかなかウエットフライのタイイングのイメージというかアイデアが浮かばない僕は、何かしらヒントでも見つからないかと、上記のようにいろんなウェブサイト(HP)を彷徨ったり、夜な夜な香りの強いジンを注いだグラスを片手に、古いバックナンバーの釣り雑誌を読み返したりしている。

それにしても、キャスティングが上手い人は、やはりタイイングも丁寧で上手なのだろうか。
この関係性について分析した人っていないものなのだろうかとも思うが、タイイングの上手さというものが客観的になかなか計量化出来ないから解析が難しいのかもしれないね。


d0029241_21434910.jpg



ECHOのロッドやAirfloのスペイラインのデザイン、それにスカジットキャストでも有名なDec Hogan氏。彼の名前とblack、marabouで検索すると偶然こんなサイトに辿り着いた。
                        TARGUS
僕が個人的に気に入ったのはDC Prawnというウエットフライ。
小さめのフックに巻かれたB&Oも悪くなさそうだ。
金黒シェニールのボディと黒のサドル・ハックル。
それにテイルにはオレンジのオーストリッチ。
ウイングのオレンジと黒(僕はナチュラルを使用)のオーストリッチの配色も多分鱒好みだから、きっと流れの中でユラユラと柔らかい動きで鱒を誘うのだろう。
カラー・ハックルには黒のコックフェザントランプをパラっと数巻き。
僕は少々アレンジを加えて、トッピングとしてピーコックソードを数本乗せてみた。

好みかどうか、あとは鱒に尋ねてみるしかなさそうだ。


d0029241_2244384.jpg

[PR]
by d-yun5-fly-elise | 2009-07-23 22:09 | 私的FlyTyingの愉しみ | Comments(2)
Commented by tokyo_terry at 2009-07-26 20:59
Yunさん、こんばんわ!!
>キャスティングが上手い人は、やはりタイイングも丁寧で上手なのだろうか。
以前、岡田裕師さんと渓流での釣りをご一緒させていただいたときに毛鉤をチェンジする際、開いたフライボックスを横目でチラリと覗き見したんですが(笑)・・・ノーハックル・サイドワインダーなど、溜め息が出るような仕上がりでしたよ。
ボクは鱒の好みを聞き出すのが下手クソなので(笑)自分が巻いていて楽しい毛鉤や、フィールドでついつい使いたくなる毛鉤を巻きたいなぁと思っています。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2009-07-27 20:59
terryさん、こんばんは。
私は岡田さんの巻かれたウエットフライを以前釣り雑誌で見た事がありますが、とても丁寧に巻かれてありましたから、きっとドライフライもウエット同様にきちんと丁寧に巻かれているんでしょうね。
ノーハックル・サイドワインダーですか。確かレネ・ハロップさんの巻かれるフライで、とてもタイイングするのが難しいと釣り雑誌で読んだ事があります。
terryさんのブログや実際に屈斜路湖でもフライを見せて戴きましたが、とても丁寧に巻かれているように思えましたよ。でも自分が巻いていて楽しいというかワクワクするようなフライを巻くのってなかなか楽しいですよね。しかし最近私は老眼が進んでいて、小さい毛鉤は巻けませんが・・・笑。