札幌市在住Yunの北海道をメインフィールドにしたスカジットキャストによる釣行記。

by d-yun5-fly-elise
カテゴリ
以前の記事
Links
slow fishing ver.2
(2014-)


slow fishing
another photo website

    ↓ ↓ ↓
slow fishing photodesign 1
slow fishing photodesign 2

R. B. Meiser Fly Rods
C.F.Burkheimer Fly Rods
Riverwatch Bamboo Fly Rods
Saracione Fly Reels
Olson Custom Fly Reels
Spey Pages
Salmon Junkies
Steelhead Alley Fly Tying
Prince of Pelletheads
Aaron Goodis Photography
Jeff Bright: Steelhead Fly Fisher
Steelhead Tribune
The Caddis Fly: Oregon Fly Fishing Blog
Fishing With Jay
FLYINTROPICAL
ANADROMY fly fishing
FlySpoke
Steel
North Umpqua Fly Guide
The Amazing Adventures of Switchboy
Savage Fishing
KIS-Fly fishing
Evolution Anglers
Journey to the West
METALHEADS
Steelhead Chaser
STEELHEAD ON THE SPEY
Steelheadwater
the big pull
Catch Magazine
DENEKI OUTDOORS
The Global FlyFisher
THE CLASSICAL ANGLER
RED SHED FLY SHOP
GRAYS of KILSYTH
Quality Flies
MENDOZA FLY FISHING
four seasons angling club
川の防災情報
アメダス風向風速
予報ガイダンス(気象庁発表)
ダム諸量一覧表 (北海道地方)
沿岸波浪予想(気象庁発表)
支笏湖ライブカメラ
屈斜路湖ライブカメラ
Freestyle Diary
Things
Bloody L
110-ken's Blog
Dream Streams
Spiral Loop
Speywater in Hokkaido
Study to be Quiet
The river flows to my life
Fly 80%
SWING-UP BLOG
Spey Bum
ひぐらしフライ
ひぐらしカメラ
Friend of Water blog
鶴造!魚も釣るゾウ!
つっちーのフライフィッシング釣行記
~BQイッチー フィールド日記~  山・川・森 自然大好き~♪
Four Seasons 春夏秋冬
Fish doesn’t like me!
a lucky break or tough?
feels so good
slip away
S33生れがFF
Redband Dreamer
Salmo-Lime-Star
フクちゃんのフライ日記
道東トラウトパラダイス
Angler's Do!
POLAR BEARの本流釣行記
道東フィッシャーマンakiの活動
GONE FISHIN'
Prime Time Fishing
Fly Fishing River Side
Matt Suzukiの独り言
Steelhead,Salmon and Spey Fishing
THE SURFACE OUTFITTERS
朱鞠内湖の釣り
朱鞠内湖の釣り情報
気ままにキャスト
walton_Blog
水辺でひと休み
Progressive Fly Angler
bigfishing
a lazy flyfisher
森のフィッシュ魚ッチング
由井大久 釣り方商店
terry's FlyFishing Bar
Drag-Free Drifts Ⅱ
taro's magazine "side B"
daisaku's view
さぁーフライ
支笏湖でフライフィッシング
takezaoclub
Fly Fishing in BIHORO
趣味のフライフィッシングと家庭菜園
とかぷちゅぷ画報
キクちゃんの北海道大物釣行記
Angler's Notes from Southern Alps
北の毛針釣り師
岡田裕師のブログ
「 飛 翠 。」 one's own way.
Angler's Spey Cast
気ままにFF&t-made
街中のフライフィッシャー
Still Water / 道東のフライフィッシング
Craft S / 道東仕様カスタムメイドフライロッド
フライフィッシング用品専門ショップ Tackle Mac
Fly shop Online
Spey人への道
Summer Rain
竿話休題
Shallow Nine
miracsta

river side
阿寒クラブ
そと遊び大スッ記
ムラなく釣りたいbyムラ
徳冨大学BLOG
Wild Life 釣り日記
すーさんの毎日
40inch club
Island Hill
THANK YOU TROUT
shinya.Blog
River's dream of hokkaido Weblog
今日も青空
北海道内フライフィッシング行ったり来たり
blue blue
Elise.o.s

mail/contacts
d_yun5◎yahoo.co.jp
  (◎→@)

XML | ATOM

skin by excite
<Vol.000> Information / slow fishing Ver.2



              
                Thank you for visiting my website.

                  Welcome to the next stage.
                        ↓  ↓  ↓
                     slow fishing Ver.2





今日のBGM : 2nd Communication / Space Requiem


■  [PR]
# by d-yun5-fly-elise | 2015-12-31 17:35 | slow fishing
<Vol.996> CDCセッジ / クイルウィングのタイイングが苦手な貴方へ



いざ大きなサイズのウェットフライを巻こうと思っても、ウィングに使うピーコッククイルやモットルドターキークイルなどにいたっては、近頃プライスタグがジワジワと上昇傾向で、クイルウィングをシャンクの上に曲がったり反らさせず綺麗にかつ美しく巻くのがとにかく苦手な僕としては、ショップで羽根の模様が美しいグレードの高いマテリアルを見つけてもなかなか手が出ないでいる。
ある程度の数を巻くとそれなりにコツのようなものをつかめるのだけれど、しばらく巻かないでいると、やっとつかみかけたコツもどこへやらで、またまたタイイングバイスを前にして悶々とした時間が過ぎていく。

そこで最近はヒゲナガのシーズンともなると、ゴールデンフェザントセンターテイルと3枚のCDCを組み合わせたCDCセッジというウェットフライを巻くことが多いだろうか。ゴールデンフェザントセンターテイルは模様も素敵だけれど、プライスタグもお手頃だし、何度失敗してもやり直せるから僕としてはとにかく重宝している。

ずいぶんと前に本流のヒゲナガのシーズンでCDCを使ったマーチブラウンやシルバーマーチブラウンが結構いいんだよと教えてくれたのはhoriさんだったと思うし、確かSHUさんもそれをアレンジしていい感じにセッジフライを巻かれていたと思う。そういえば以前SHUさんからタイイングの参考に1本いただいたのだけれど、あの白いウェットフライはどこへ行ってしまったのだろうか・・・笑。





フックはVARIVASの2410V、DEEP WIDE WETの#4番。





黒の8/0のスレッドでだいたいこの位置まで下巻きを施す。





テイルとして適量のマラードフランク(ナチュラル)のファイバー。しっかりと巻き留めた後、ファイバーとシャンクの間にスレッドを3回転ほど巻き、テイルが少し反るように浮き上るようにしている。
ちなみにテイルはマラードフランク以外のお好みのマテリアルでも問題なし。





シルバーのオーバルティンセルを巻き留める。





スレッドにお好みのマテリアルをブレンドしたダビング材をよりつけ、シャンクに巻いていく。
後でフロントにCDCを巻くので、アイとの間に少しだけスペースを残しておく。





シルバーのオーバルティンセルを等間隔に巻いていく。
好みによって、ボディのマテリアルをこの時点でダビングブラシやニードルを使って少し掻き出しても良いかもしれない。





白のCDCを1枚、ティップ側からしっかりと巻き留める。





CDCのファイバーを後方に向けながら、アイに向かって数回転ハックリングしてスレッドで留める。





アンダーウィングとしてCDCを1枚ずつ、計2枚をシャンクの上に巻き留める。





ゴールデンフェザントセンターテイルから適量のファイバーを切り出し、ウィングとしてまず片側に取り付ける。ファイバーは結構バラけるのだけれどお構いなし。切り出すファイバーの量はフックのゲイプ幅ぐらいが適量だろうけれど、それはお好みで。





もう片側にも同量のファイバーを切り出して巻き留め、余ったファイバーをハサミでカットする。





上からのアングルだとこんな感じだろうか。





片側のファイバーを取り除いたマラードフランクを巻き留める。ティールフランクやギニアフォール、パートリッジでも構わない。





2から3回転ハックリングしてフィニッシュ。





下からのアングルだと、こんな感じだろうか。
ボディをゴールドやピーコックハールにして、白のCDCを黒に換え、テイルをマラードフランクからピーコックソードにしてみるのも面白いかもしれない。
きっとテレストリアルっぽく見えるウェットフライになるのだろう。





コメントなどは、こちらから。


今日のBGM :




■  [PR]
# by d-yun5-fly-elise | 2014-08-10 16:45 | 私的FlyTyingの愉しみ
<Vol.995> Pink Salmon Zonker



今年もまだその声は小さいけれど、ショアからのピンクサーモン(カラフトマス)の便りが僕の耳にも届き始めた。
去年までに少しずつ巻きためておいたジプロックに収納しておいた赤いフライのストックをチェックしてみると、どうやら少しは巻き足さないといけないのかもしれない。
なので、重い腰を上げて夜な夜な苦手なタイイングに勤しむ今日この頃。
今年はこれまでの赤いゾンカーのタイイングのやり方の手順に少しだけアレンジを加えて、
2014年バージョンとして巻いてみた。





フックはVARIVASの2500Vというストリーマーフックの#4番。
以前はがまかつのB10-Sの#4番を使っていたけれど、最近はこちらのフックを使うことが多いかな。





スレッドは8/0のブラック。そういえばタイイングの際に6/0のスレッドはまったく使わなくなった。何しろ僕の不器用なタイイングでもヘッドが小さくなるもので・・・笑。
だいたいこの位置までスレッドで下巻きをする。





コパーワイヤーをテイルに巻き留める。





ボディに使うマテリアルに時に指定はないけれど、今回は格安で購入したDANVILLEのFL #0 No.505というシェニールを使った。





アイまでの間に少しすき間をあける感じでシェニールを密に巻き、スレッドでしっかりと固定。





お好みのカラーのゾンカーストリップをスレッドでしっかりと固定する。
レッドやピンク、オレンジでも良いが、今回は目立つように蛍光レッドを使った。





ゾンカーストリップのファイバーを水で少し濡らしておく。





ニードルでファイバーを掻き分けながら、ゾンカーストリップにテンションをかけつつ、コパーワイヤーで最初は3回、そして順に前方へと等間隔でリブしていき、最後はスレッドでしっかりとコパーワイヤーを固定する。





UVポーラーシェニールのレッドをスレッドで巻き留める。UVポーラーシェニールのカラーはお好みで。





UVポーラーシェニールを前方に密にハックリング。僕の場合、ハックリングの回数は3回かな。





最後に片側のファイバーを取り除いたマラード・フランク・オレンジを巻きとめ、3回転ハックリングしてフィニッシュ。
ゾンカーストリップのテイル側をくさび状にカットしておくと、濡れた時のフライのシルエットがよりスマートになる印象。
テイルにマラブー、そしてボディにUVポーラーシェニールをハックリングしただけのシンプルなウーリースタイルも悪くはないけれど、僕としてはゾンカースタイルの方をより信頼しているだろうか。
そうそう、最後にバーブをペンチで潰すことをお忘れなく。





コメントなどは、こちらから。


今日のBGM :




■  [PR]
# by d-yun5-fly-elise | 2014-08-06 21:26 | 私的FlyTyingの愉しみ
< 前のページ 次のページ >